Confee.Callman
Atlassian(NASDAQ: TEAM)
「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。
見出し画像

Atlassian(NASDAQ: TEAM)

Confee.Callman


アトラシアン(TEAM) 2022年第3四半期決算説明会講演録

2022年3月期のTEAMの決算説明会。

アトラシアン(TEAM -4.91%)
2022年3月期第3四半期決算電話会議
2022年4月28日17時00分(日本時間

内容
準備された備考
質問と回答
コール参加者
プレパラート・リマーク

オペレーター

こんにちは、齋藤です。2022 年度第 3 四半期のアトラシアンの決算カンファレンスコールにご参加いただき、ありがとうございます。念のため申し上げますが、このカンファレンスコールは録音されており、このコール後にアトラシアンのウェブサイトのIRセクションから再生することができます。それでは、アトラシアンのIR責任者であるマーティン・ラムに電話を引き継ぎます。

マーティン・ラム -- インベスター・リレーションズ責任者

アトラシアンの 2022 年度第 3 四半期決算説明会にようこそ。本日はご参加いただき、ありがとうございます。本日のコールには、アトラシアンの共同創業者であり共同CEOのスコット・ファーカーとマイケル・キャノン=ブルックス、最高財務責任者のジェームズ・ビール、最高収益責任者のキャメロン・デッチにご出席いただいています。本日未明、2022年度第3四半期の業績とコメントを記した株主向けレターとプレスリリースを発表しました。

将来予想に関する記述は、既知および未知のリスク、不確実性およびその他の要因を含んでおり、将来予想に関する記述によって明示または黙示される将来の結果、業績、成果とは大きく異なる可能性があります。将来予想に関する記述は、将来の事象を予測するものとして依拠すべきではありません。将来予想に関する記述は、そのような記述がなされた時点における当社の経営陣の考えおよび仮定を表しているにすぎません。当社は、このような記述に変更があった場合、または最新のものでなくなった場合においても、更新または改訂する義務を負わないものとします。

当社の業績に影響を与えうる上記およびその他の要因については、当社が米国証券取引委員会に適宜提出している書類に記載されており、最新の Form 20-F、四半期 Form 6-K の「リスク要因」の項を参照してください。本日の電話会議では、非IFRSベースの財務指標についても説明します。これらの非IFRS財務指標は、IFRSに準拠して作成された財務業績の指標に追加されるものであり、IFRSに基づく財務業績の指標に代わるものでも優越するものでもありません。IFRSとNon-IFRSの財務指標の調整表は、株主通信、決算発表資料、IRサイトの投資家データシートに掲載しています。

質疑応答では、公正を期し、次の講演者に対応できるよう、前もってすべての質問をお聞きください。それでは、マイクの挨拶に代えさせていただきます。

マイク・キャノン=ブルックス -- 共同創業者・共同CEO

皆さん、本日はお集まりいただきありがとうございます。第3四半期は、アトラシアンにとってまたもや好調な四半期となりました。私たちは引き続き優れた業績を上げ、ビジネスに大きな勢いを見せています。3つの市場すべてにおいて、当社の製品に対する大きな需要があり、現在の市場と現在の製品から、年間100億ドルの収益が視野に入ってきました。

アトラシアンには、20 年以上にわたって野心を育んできた実績があり、私たちの目の前にあるチャンスにこれ以上ないほど興奮しています。ラスベガスで開催された Team '22 カンファレンスは素晴らしいものでした。お客様コミュニティやパートナー各社から、ミッションクリティカルなワークフローを実現するために必要な、あらゆるお客様のストーリーを聞くことができ、とても感動しました。私たちは、アトラシアンがどのようにチームワークを向上させることができるのか、お客様から学び続けています。

ラスベガスで開催されたインベスター・デイを見逃した方は、IR ウェブサイトですべての資料とイベントの録画をご覧ください。アトラシアンについてもっと知っていただき、私たちの巨大な市場機会、プラットフォーム、私たちが行っている戦略的賭け、そして将来の軌道について理解を深めていただければと思います。それでは、オペレーターに電話を回して、質疑応答とさせていただきます。オペレーターは?

スコット・ファーカー -- 共同創業者兼共同CEO

マイク、少し時間があるようですが、アトラシアンの長期的な将来についてお話しいただけますか?

Mike Cannon-Brookes -- 共同創業者兼共同CEO

株主通信ですべての質問に答えることができるのではないかと思っていました。

質問と回答

オペレーター

[最初の質問は、モルガン・スタンレーのKeith Weissからです。お待たせいたしました。

Keith Weiss -- Morgan Stanley -- アナリスト

質問をお受けいただき、ありがとうございます。非常に素晴らしい結果ですね。今、投資家の関心は、ソフトウエアの需要に関するマクロ的な部分と耐久性に集まっています。マイク、あなたが過去に話していたことのひとつに、アトラシアンは防衛のために作られたようなものだということがあります。

しかし、第3四半期の結果を見ると、このうちどの程度が需要環境が良く、貴社が良い需要環境の中で業績を上げていることを示しているのでしょうか。このうち、アトラシアンはどの程度、私たちの得意分野を生かし、皆さんの置かれている経営環境を理解するのに役立っているのでしょうか。

スコット・ファーカー(Scott Farquhar) -- 共同創業者兼共同CEO

キース、スコットです。業績には非常に満足しています。しかし、私たちの会社としての運営方法は、本当に長期的な賭けと長期的な投資をしているのです。そして、その結果がここに表れているのです。

こうした投資は、何年も前の無料化であれ、ITSMへの投資であれ、クラウド・インフラや顧客のクラウドへの移行であれ、すべて長期的な賭けであり、時間とともに報われるものなのです。ですから、需要環境がどのようなものであっても、私たちは長期的なゲームをしてきたと思います。これが1つのポイントです。もうひとつは、世界中で当社の製品に大きな需要があることです。

心配されるかもしれませんが、どの地域でも大きな需要があります。好況の時も不況の時も、私たちの製品を必要とする市場に製品を販売しているのだと思います。2008年や2009年の景気後退期にも、私たちは十分な経験を積み、その反動で強くなり、景気後退期にも成長することができました。そのような要因が重なった結果です。

パンデミック(世界的大流行)が終わり、アトラシアンのビジネスにも追い風が吹いて、この先も続くだろうと考えられているのでしょう。しかし、デジタルトランスフォーメーションへの需要が構造的な変化として続いていることを示すようなものは、今のところ見当たりません。

司会

次の質問は、ウィリアム・ブレアのアルジュン・バティアからです。どうぞよろしくお願いいたします。

Arjun Bhatia -- William Blair -- アナリスト

完璧です。そして、素晴らしい四半期を過ごせたことに感謝します。ITSM市場と、特にJiraサービスマネジメントの進展について触れたいと思います。ラスベガスで開催された Team '22 では、御社の顧客やパートナーの間で大きな話題となりました。

このソリューションの市場適合性は、時間とともにどのように変化してきたのでしょうか。以前は、法律関係のヘルプデスクですぐに使えるようなケースに適しているのでは、と話していました。しかし、大企業におけるよりコアなITSMのユースケースに引き込まれ始めているのではないでしょうか。そのあたりのコメントや、Jira Service Managementの契約規模がここ1年、1年半でどのように変化したのか、お聞かせいただければと思います。

スコット・ファーカー(Scott Farquhar) -- 共同創業者兼共同CEO

私は長期的な話をし、Cameronは取引規模の変化について何か補足することがあれば、それを話してください。先ほども申し上げたように、私たちはITSMの市場において大きな優位性を持っています。ひとつは、ITと開発部門を結びつけることができる唯一の企業であるということです。ITと開発者は業界全体で一緒になっているので、これは企業にとって非常に魅力的です。

これは非常に魅力的です。もうひとつは、Fortune 500やFortune 1000の企業とも取引ができることです。Fortune 2000だけではありません。これは、私たちのソリューションの費用対効果の高さだけでなく、お客さまを立ち上げて稼働させるまでの時間の長さにも表れています。

製品の市場適合性を見ると、これらの点が際立っており、私たちが得た時間枠全体に対して際立っているのです。このことは、GartnerやForresterのような大企業に購入を勧める人たちにも認められており、こうした利点は顧客規模の大小にかかわらず認識されています。長期的には、組織化されたすべてのチームと組織が、人事、財務、法務など、サービス・チームになることを視野に入れています。人事、財務、法務、ITなど、すべての組織がサービス化されるのです。

数週間前に開催された年次会議で発表したビジョンでは、グローバルヘルスのビジョンを明確に示しました。では、キャメロン、顧客規模について何か追加したいことはありますか?

Cameron Deatsch -- Chief Revenue Officer

私たちはアトラシアンにフォーカスしており、Jira Service Managementのお客様は現在40,000人強です。これは比較的新しい製品で、ここ数年でますます市場にフィットする製品の数が増えていることを示しています。私たちは、ほとんどの企業部門が必要とする80から20の要件を満たしたので、ITサービスマネジメントのプラットフォームとしてJira Service Managementに注目するようになりました。

そのような企業の事例がたくさんあります。実際に昨日お話したお客様は、まさにその通りで、2年以上前からすべてのITサービスマネジメント業務にJira Service Managementを導入しています。

司会

次の質問は、BMO Capital MarketsのKeith Bachmanからです。どうぞよろしくお願いします。

Keith Bachman -- BMO Capital Markets -- アナリスト

ありがとうございました。キャメロン、私の質問のために良い移行。Jira Work Managementについてお聞きしたいのですが、JSMの成熟度曲線はどのあたりで、どのような機会があるとお考えでしょうか?また、JSMの成熟度について、4万人の顧客を持つJiraと比較した場合、Jiraのワークマネジメントはどのような位置にあるのでしょうか。また、今後数年間を見据えた場合のワークマネジメントの貢献度について、現在の機会をどのようにお考えですか?ワークマネジメントには非常に大きな成長の機会があると思われます。この点について、規模や背景をお聞かせいただければと思います。

ありがとうございました。

Mike Cannon-Brookes -- 共同創業者兼共同最高経営責任者(CEO

キース、その点については、確かにお話できます。確かに、Jira Work Managementには非常に大きな機会があります。また、ワークマネジメント全般にも大きなビジネスチャンスがあります。Jira Work Management や Atlassian は Team '22 カンファレンスで発表した製品ですが、Trello の大規模製品やコンフルエンスには長い歴史があり、それを補完するものです。

少しコメントさせてください。私たちはwork differentlyという言葉を一緒に使い始めましたが、これはwork managementの市場において、本当に、本当に応用が利くと思います。なぜなら、JiraワークマネジメントとTrelloは異なる働き方をするものだからです。Jira Work ManagementとTrelloは、仕事を管理したいチームの異なるタイプを反映したものです。

本当に重要なのは、チームや機能によって仕事の管理方法が異なるため、アトラシアンがチーム内で異なるタイプのツールを使って仕事を管理できるよう、その自律性を認めることです。しかし、私たちは組織全体のアライメントを作成し始めました。その方法はさまざまです。Jira サービスマネジメント、Jira ソフトウェア、Jira 作業管理など、Jira の手法で作業している場合、組織やチームの運営方法に応じて、それらをすべて Jira ファミリーに統合することができます。

同様に、Jira 作業管理は Trello や他の多くのサードパーティの作業管理ツールと連携して、同じように可視化することができるようになりました。Jira の作業管理はまだ始まったばかりです。8、9 年前に出荷した Jira Service Management に近いかもしれません。ですから、現在、私たちはお客様と一緒に多くの時間を費やして、それがお客様のニーズに合っているかどうかを確認し、それを続けています。

私たちは、今後もこの取り組みを継続し、Jiraワークマネジメントの分野とその機会について、非常に強気で臨んでいます。

司会

次の質問は、みずほ証券のグレッグ・モスコウィッツさんからです。どうぞよろしくお願いします。

Gregg Moskowitz -- みずほ証券 -- アナリスト

わかりました。ありがとうございました。最近の停電についてお聞きしたいのですが。クラウド導入の速度やペースに影響を与えるという懸念はありませんか。

また、インストールベースの約0.3%にしか影響がなかったことは承知しています。第3四半期や第4四半期に顧客からのクレジットを発行しましたか?ありがとうございます。

マイク・キャノン=ブルックス(Mike Cannon-Brookes) -- 共同創業者兼共同CEO

グレッグ、どうも。その前半は私が担当し、顧客に対するマイグレーションの影響について、キャメロンが異なる視点からどのように見ているかということをお話ししたいと思います。私たちは、私たちの製品がお客様にとっていかにミッションクリティカルであるか、そして私たちのサービスが利用できなくなったときにチームが大きな影響を受けることを深く理解しています。これは、私たちが自分たちに課している高い水準に達していない、と言い切ることはできないのです。

ご指摘の通り、775名のお客様に影響がありました。ご指摘の通り、ご自身でも計算されたようですが、1人のお客様は多すぎるのです。そのため、当社の顧客ベースの0.5%以下であるにもかかわらず、1件の顧客は多すぎるのです。それでも、1人のお客様は多すぎるのです。

サイバー攻撃の結果ではなく、データへの不正アクセスでもないことを強調しておきたいと思います。そして、今回起きたようなあらゆる種類のデータ破損に対応できるよう、バックアップを維持することは明らかです。そして、現段階では、すべてのお客様が完全に復旧しています。グレッグ、あなたは私たちの価値観をよくご存知でしょう。オープンな会社というのは、私たちが非常に高く評価しているもので、非常にオープンで非の打ちどころのない事故処理文化を営んでいます。

何が起きたのか、何を学んだのか、そして重要なのは、この結果を受けて私たちが変更したプロセスであり、今後も変更し続けるであろうということを、お客様と共有するためです。このような文化が、これまで以上に弾力的なサービスを構築し、より強い企業として継続的に出現するのに役立つと信じています。そして、キャメロンと話すこともできますが、そのオープンな姿勢から、お客様にはかなり好評をいただいています。

Cameron Deatsch -- 最高収益責任者

了解です。お客様への影響については、私もお話することができます。ご想像のとおり、私は......ちなみに、こちらはキャメロンです。

停電中や停電後に、直接影響を受けたお客さまや、クラウドへの移行を検討されているお客さまなど、多くのお客さまとお話しさせていただきましたが、その中で疑問に思われたことがありました。今回の停電は、当社のお客様のごく一部にしか影響を与えませんでしたが、Mikeが言ったように、1件では済まされないことであり、私たちはこのことを非常に深刻に受け止めています。このようなお客さまと電話で話すのは大変なことです。しかし、インシデント・レビューで詳しく説明するように、何が起こったのか、また、二度と起こらないようにするために何をしているのかを説明すると、ほとんどのお客様は完全に理解してくださり、次のステップに進んでいきます。

ほとんどのお客様は完全に理解してくださり、前進するための協力的な話し合いに発展します。実際、今朝、直接影響を受けたお客様とお話したのですが、そのお客様はここ数年、当社のツールを標準化しており、長年にわたって素晴らしいアップタイムとSLAを実現していました。そして、今回のような大きな事故が発生したことで、私たちとの間に懸念が生じたのです。私たちは、アプリケーションのミッションクリティカルさについて話し合いました。

インシデントが収束するまでの間、彼らがどのように回避策を講じたか、また、より多くのアプリケーションを当社で稼動させたかについても話しました。しかし、現実には、話が終わる頃には、私たちは前進しており、彼らは私たちの製品のプレミアムバージョンにアップグレードすることを話していました。ジェームズ、クレジットをやりましょうか?

ジェームズ・ビア -- 最高財務責任者

ジェームス・ビア -- 最高財務責任者(CFO) ええ、グレッグ、ご質問のうち報酬の部分についてお答えします。もちろん、私たちは影響を受けたお客さまのために正しいことをしたいと強く思っています。ですから、第4四半期に補償が発生すると考えています。はっきり言って、第3四半期には何もありませんでしたが、財務諸表に重要な影響を与えるレベルではないと考えています。

オペレーター

次の質問は、ウェルズ・ファーゴ証券のマイケル・ターリンからです。お待たせしました。

マイケル・ターリン -- ウェルズ・ファーゴ証券 -- アナリスト

こんにちは。こんにちは。こんにちは。質問を受けてくださってありがとうございます。

成長率は相変わらず素晴らしく、一貫しています。EMEAの成長率は25%で、レターを少し下回っていますが、これはイベントドリブンであると慎重に判断しています。厳しいコンペティションの結果であり、需要主導型ではありません。また、第4四半期に重要な変更はないとしていますね。

このようなシグナルについて、何か補足できることはありますか?また、このような観測は何を意味するのでしょうか。また、私たち全員にとって、ソフトウェアや有用な情報源であることは間違いありません。ありがとうございました。

James Beer -- 最高財務責任者

マイク、私が最初にこの問題を取り上げ、その後でキャメロンが補足してくれるでしょう。しかし、あなたが質問されたように、EMEAは前年比25%増ですが、21年度の第3四半期はEMEAが前年比45%増と非常に大きく伸びたのに対して、非常に厳しい競争でした。昨年は、サーバーの耐用年数終了を発表し、サーバーとデータセンターの両方で値上げを行ったため、イベントドリブンな活動が行われました。1年ほど前、ヨーロッパのパートナーは、こうした変化に先手を打って対応することに特に長けていました。

このことが、厳しい競争の理由を物語っています。また、第3四半期のEMEAの売上高は全体の39%を占めています。前四半期比では1ポイント上昇しました。このように、特に異常は見られません。

世界の他の地域と同様、EMEA地域の成長率には満足しています。第4四半期については、まだ時期尚早ですが、日々の営業活動に大きな変化はありません。キャメロン、何か追加情報はありますか?

Cameron Deatsch -- 最高収益責任者

はい、あります。ヨーロッパにいる私たちのチームと、私たちのパートナーに話をしたいと思います。要するに、ウクライナの戦争はみんなの会話によく出てきますが、それは -- 今日、アトラシアンが提供するものに対する需要には直接影響を与えませんでした。これは、デジタル変革のため、企業がこの変化する世界に対してより俊敏で応答的であろうとするため、在宅でのリモートワークを継続し、それがアトラシアンのアプリケーションに一定の需要をもたらしている、という話なのです。数週間前、その Team '22 で、私はヨーロッパのさまざまな人々と会いました。

私はヨーロッパのさまざまなソリューションパートナーに会いました。彼らの最大の課題は、市場で見られる需要を満たすために十分な人材を雇用することができないことです。ご存知のように、前四半期にはドイツの金融サービス基準であるBaFinに対応したクラウド製品をリリースし、さまざまな新しいクラウドの機会や大手金融サービス企業のクラウド移行を可能にしました。このため、今期も引き続き需要があり、その他の状況も良好です。

オペレーター

次の質問は、オッペンハイマー社のイッタイ・キドロンさんからお願いします。どうぞよろしくお願いいたします。

Ittai Kidron -- Oppenheimer and Company -- アナリスト

ありがとうございます。ジェームス、2つほどお願いします。財務面についてです。データセンターは引き続き好調のようですね。

インベスター・デイでは、データセンターの顧客が実際にクラウドに移行している事例をいくつか紹介されていたと思います。今後、データセンターの成長をどのように考えればよいのでしょうか。ある時期があるのでしょうか。また、クラウドへの移行がもう少し本格的に始まるのか、その辺りのフレームワークについて教えていただければと思います。それからもうひとつ、ロシアに関する家庭向けの質問ですが、制裁措置や支払い能力不足のために1,800人の顧客が契約を解除されたようです。その顧客ベースの年間収益への影響を教えていただけますか?

ジェームズ・ビア -- 最高財務責任者

わかりました。イッタイ、最初のデータセンターをお願いします。ええ、そこでのビジネスの成長率には非常に満足しています。ご質問の中にあったように、当社のクラウド移行を見ると、そのボリュームの3分の1がデータセンターからもたらされているという事実があります。

これは、移行にまつわる重要な話の1つだと思います。もちろん、サーバーからクラウド、サーバーからデータセンターという話はしてきましたが、一般的にデータセンター製品を利用している大企業のお客様の多くがクラウドに移行しているという事実は、何年もの間、続くテーマであると思います。これは、クラウドがお客さまにとって最高の体験になるという私たちの考えをよく表していると思います。ここ数年、私たちは明らかにクラウドに不釣り合いなほどの投資を行ってきました。

この傾向は今後も続くと思います。そうなれば、データセンターの成長にとって逆風となることは明らかです。しかし、これまでにもお話ししてきたように、一部のお客さまにとっては、データセンターへの投資意欲が減退しています。一部のお客様は、まだクラウドに移行することができません。

多くの場合、この移行プロジェクトがお客様のITワークフロー全体に適合しているかどうかが問題です。そのため、当社のデータセンター製品が、高品質かつ低価格であると評価され続けているのは喜ばしいことです。このようなダイナミクスは、時間の経過とともに徐々に現れてくると思います。ロシアにお住まいで、この四半期の顧客数から外れた1,800社のお客様については、Analyst Dayで、ロシアは当社の事業の約1%を占めていると述べました。

ですから、この1,800人のお客様はその数分の一にすぎません。

オペレーター

次の質問はシティのファティマ・ブーラニからです。どうぞよろしくお願いいたします。

ファティマ・ブーラーニ -- シティ -- アナリスト

こんにちは。私の質問を聞いてくださってありがとうございます。ジェームス、これはあなたへの質問です。課金計算や課金額は、あなたが重視する指標ではありませんし、その指標に基づいてビジネスを進めているわけでもありません。

しかし、この指標の変動要因について、特にある製品の耐用年数の終了に伴う価格変更について教えていただけないでしょうか。また、大企業との取引や、一般的に企業はより長期的な契約を希望しているようです。報告または計算された売上高指標にどのようなガードレールを設けるべきか、ぜひご見解を伺いたいと思います。ありがとうございました。

ジェームズ・ビア -- 最高財務責任者

もちろんです。計算上の売上高を考えるとき、それは確かに売上高に繰延の変化を加えたものですから、私はここで本当に繰延収益についてお話します。この指標の変動に関するご質問の最初の部分は、昨年の第3四半期を振り返ってみたものです。このため、1年前に発表した売上高と同じ水準になりました。

しかし、その時点では非常に大きな繰延収益の増加をもたらしました。それから1年経ち、同じような活動がありましたが、イベントドリブンな活動はかなり少なくなりました。この第3四半期では、サーバーのアップグレード販売を終了し、前年と同様にサーバーとデータセンター事業の両方で値上げを行いました。しかし、繰延収益の残高と繰延収益の増加率を前四半期比で見ると、正しい見方だと思いますが、この第3四半期の繰延収益の増加率、成長率は、1年前の半分以下であることがおわかりいただけると思います。

したがって、繰延収益の変動率という点では、この点に最も注意を払う必要があると思います。企業向け事業では、大企業のお客様が複数年の契約締結に関心をお持ちです。その影響は、長期繰延収益に明確に表れています。また、長期繰延収益の絶対額でみると、前年同期比で減少しています。

そして明らかに、私たちは昨年大幅に成長しました。ですから、これは一つの影響ではありますが、当社のビジネスモデルがどのように進化しているかという観点からは、非常に大きな影響とは言えません。しかし、全体的な数字から見れば、これは比較的控えめなものだと思います。

オペレーター

次はマッコーリーのフレッド・ハブマイヤーからご質問をお受けします。どうぞよろしくお願いいたします。

Fred Havemeyer -- マッコーリーグループ -- アナリスト

どうも、ありがとうございます。まず、この四半期も非常に好調だったということで、おめでとうございます。また、重要なことですが、アトラシアンのチーム全体が、株主通信の中で停電のことをすぐに取り上げてくれたことに感謝します。

確かに、私たちはオンラインで多くの人が言っていることを追跡していました。このような透明性は、世界中の開発者、技術者、企業と協働する上で非常に重要だと思います。さて、より高度な質問ですが、ジェームス、私はあなたが去るのを本当に見たくありませんが、あなたと一緒に働くのはいつも楽しいことです。退職の時期が迫っているようですが、どのようにお考えですか?

そこで確認したいのですが、アトラシアンは現時点で CFO の交代についてどのように考えているのでしょうか? また、後継者候補を検討、あるいは探すという点では、どのような状況にあるのでしょうか?

Scott Farquhar -- 共同創業者兼共同 CEO

そうですね。嬉しいお言葉をありがとうございます、Fred。今日はJamesの74回目の決算説明会です。彼は何歳か言いませんが、私たちは彼の決算報告書の数字を祝っているのです。

もうすぐ、彼は自分で飛行機を買って、離島に飛んだり、泳いだり、シュノーケリングやハイキングをしたり、引退生活を満喫することでしょう。そして......私たちは、彼が去っていくのを見送ることになります。でも、現在進行中の研究は素晴らしいものでした。業界全体から、さらには他の業界からも、アトラシアンで働くことを非常に楽しみにしている人たちがたくさん集まってきました。

ご期待に沿えるよう、私たちは高いハードルを維持したいと考えていますので、James が素晴らしい仕事をするのは誰であれ、例外ではありません。ですから、今の段階で名前や詳細についてお話しすることはできませんが、適切な候補者が見つかれば、皆さんに最初にお知らせすることになるでしょう。

オペレーター

次の質問はジェフリーズのブレント・ティルからです。どうぞよろしくお願いします。

Luv Sodha -- Jefferies -- アナリスト

ブレント・ティルに代わり、ルヴ・ソーダがお答えします。私の質問に答えていただき、ありがとうございます。クラウドへの移行需要について質問したいのですが、特に来期の6月30日にロイヤリティ割引の期限が来ることと、今期はJira SoftwareとConfluence CloudでHIPAA準拠を達成されましたが、これについてどのように考えるべきでしょうか。

この2つのイベントをどう考えればいいのでしょうか。昨年、同じようなロイヤリティ割引の期限が来たときの状況について、過去の状況を教えていただけますか?ありがとうございました。

Cameron Deatsch -- Chief Revenue Officer

はい、こちらをお願いします。キャメロンです。マイグレーションは計画通り、非常に順調に進んでいます。そして、これはまさに数年にわたる旅であると、私たちは言い続けています。

2月のサーバーアップグレードの廃止、7月のロイヤリティ割引の廃止、2024年2月のサーバー寿命の終了など、さまざまな段階を踏んでいるのです。今後数年間は、お客様に移行する理由を提供するために、複数の段階を設けています。これはすべて計画されていることです。しかし、これも計画通りです。重要なのは、移行は数年がかりで行われ、サーバーの寿命が来ても終わらないということです。

サーバーの寿命が尽きるまで、データセンターからお客様へ、そしてクラウドへの移行を何年も続けることになります。ですから、これは私たちにとって絶え間ない旅なのです。クラウドを評価し、財務的な影響を評価し、早めに導入すれば割引が適用されることを理解してもらうなど、日々、お客様の移行をサポートしています。また、クラウドを導入する時期が早ければ割引が適用され、導入時期が遅ければ別のレベルの割引が適用されます。このような会話をするためのさまざまな権限委譲チームがあり、またソリューションパートナーもこのような会話をしており、日々向上しています。

さらに、クラウドへの移行をお客様に納得していただいた後は、実際にクラウドに移行し、データを移行し、システムを移行し、ユーザーをオンボーディングするまでの道のりをより良くすることができるようになったことも、非常に嬉しいことです。これは、まさに "旅 "なのです。私たちの製品はミッションクリティカルです。その移行はお客様ごとに異なるため、さまざまなチームやソリューションパートナーにお手伝いいただいています。

また、HIPAAについても言及されましたが、HIPAAはBaFinも含めて多くのコンプライアンス要件の一つであり、私たちは継続的に取り組んでいます。HIPAAは、BaFinが言及した多くのコンプライアンス要件の1つで、私たちは継続的に取り組んでいます。私たちは、コンプライアンス専門のチームを組織し、業界の頭文字をとって、そのチームを解体して、顧客のコホートを開放しています。HIPAAについては、医療機関や組織と話を始めることができます。現在、FedRAMPに取り組んでいますが、これにより政府機関やその他の市場に門戸を開くことができます。

昨年は金融サービスを対象としたFSIを実施しました。このように、製品面でも財務面でも継続的な改善を行い、今後数年間はお客様のためにこの旅を続けていくことになると考えています。

オペレーター

次の質問は、Wolfe ResearchのAlex Zukinからです。どうぞよろしくお願いいたします。

Alex Zukin -- Wolfe Research -- アナリスト

皆さん、ご質問をありがとうございます。また、特に第4四半期と来年半ばのデータセンター・ビジネスの季節性について、どのようにお考えですか。また、第4四半期の利益率に関するガイダンスが、通期目標に近いものであったことを思い出してください。第4四半期に増加する費用は主にどこから来るのでしょうか?そうすれば、非常に助かります。

Cameron Deatsch -- 最高収益責任者

再びキャメロンです。データセンターの需要については、私からお話しします。データセンターの需要については、Jamesから話をさせていただきます。データセンターの面では、Jamesがすでにこの電話会議で述べたように、この製品はすばらしいものです。

パフォーマンス、拡張性、安定性、環境におけるアプリケーションの完全な制御を求める当社のお客様にとっては、素晴らしい製品です。しかし、データセンターへの移行と引き換えに、クラウドで提供されるすべてのイノベーションを享受することはできません。この点について、私たちは毎日のようにお客様と話をしています。これは確かなトレードオフです。

ポイントAで提供される多くの新機能や新製品は、クラウド上でネイティブに提供され、クラウドでしか利用できないことをよくご存じなのです。そして、多くのお客様が今、その決断をするためにクラウドに向かって走っています。多くのお客様は、「1年か2年はデータセンターのままでいい」、あるいは「当面はデータセンターのままでいい」とおっしゃるかもしれませんが、クラウドが常に選択肢になることは分かっています。とはいえ、私たちはこれからも、すべてのお客さまにクラウドを前面に出していくつもりです。

私たちは、お客様に対して、何よりもまず私たちのクラウドを選んでいただくよう働きかけています。しかし、何らかの理由でデータセンターでの運用が必要なお客様にとっては、クラウドは素晴らしい選択肢となります。そのようなお客様には非常に満足度の高い製品であり、私たちはその製品ラインについて良い実績を持っています。

ジェームズ・ビア(James Beer):最高財務責任者(CFO

第4四半期の営業利益率についてですが、これは先日のInvestor Dayでお話しした、アトラシアンの目の前にある非常に大きな機会について、そしてそれに対して投資することが株主にとって正しいことであり、長期的にフリーキャッシュフローを生み出すことになる、というテーマを非常によく表しているものです。このレターで指摘したことのひとつに、第3四半期にアトラシアンを正味791人採用したことがあります。これは前四半期の最高値である479人を大きく上回っています。第4四半期には、この追加雇用の効果がフルに発揮されることでしょう。

また、当社の人材獲得エンジンが、世界中からこれほど多くの優秀な人材を引き寄せることができるのは喜ばしいことです。私たちの「どこでもチーム」戦略は、こうしたことを可能にする重要な要素だと考えています。その結果、私たちは将来的に非常に有利な立場に立つことができると考えています。もうひとつ、第4四半期の費用面で覚えておいていただきたいのは、これまでお話ししてきたように、チーム'22のイベントがありました。

オペレーター

次の質問は、Piper SandlerのJim Fishからです。どうぞよろしくお願いいたします。

Quinton Gabrielli -- Piper Sandler -- アナリスト

どうも、皆さん。ジム・フィッシュの代わりにクイントンです。質問に答えてくれてありがとうございます。本当に、労務管理の話に戻したいと思います。

チームはAnalyst Dayで、そして今日改めて、ワークマネジメントを最も重要な機会として、100億ドルを超える収益への道筋があると述べました。その目標を達成するためには、100億ドルのうちどれくらいの割合をワークマネジメントが占めなければならないのでしょうか?また、競合ソリューションの代替となるグリーンフィールドの機会として、現在のインストールベースへの浸透はどの程度になるのでしょうか。ありがとうございました。

Mike Cannon-Brookes -- 共同創業者兼共同最高経営責任者(CEO

はい。Quinton、私がお答えします。それから、いくつかコメントさせてください。まず、私はモデルの細部を埋めて売ることはできませんが、私たちが出した100億ドルという数字は、私たちの3つの市場すべてにおいて本当に自信があり、強気だと感じていることを改めてお伝えしたいと思います。

論理的には、ワークマネージメントが最もユーザー数が多いだろうと、私たちは言ってきたと思うのです。数千万人の開発者、数億人の技術者、そして10億人以上のナレッジワーカーを考えてみてください。ワークマネジメントの領域は、明らかに、月間アクティブユーザー数1億人を超える最もボリュームのあるターゲットです。その大半は、より広範なワーク・マネジメント・スペースからもたらされる可能性がありますね。ほとんどの企業では、財務、人事、マーケティングなどさまざまな部門で働く人と、IT部門で働く人がいます。これはユーザーの視点からの意見です。

必ずしも収益に反映されるとは限りませんが、より技術的なツールのユーザー1人当たりの収益は一般的に高くなります。今後数年間は、ハイレベルな方向性を示すコメントもありますが、私にとっては非常に理にかなった方法だと思います。とはいえ、Confluence と Trello という 2 つの素晴らしい製品があり、これらは規模が大きく、力強く成長し続けています。どちらも歴史があり、私たちはこの2つの製品に懸命に投資し続けています。

また、Jiraワークマネジメントは、JiraファミリーとJiraのコンプライアンス、構造、コントロールの歴史を生かし、そのような組織やチームのために開発されたもので、一連の新製品があります。例えば、財務チームでは、より詳細なコントロールや監査プロセスなどを求めることがよくあります。Atlasは、Team'22で発表されたばかりの新しい製品です。このように、私たちはワークマネジメントの分野にも力を入れており、さまざまなイノベーションに目を向けています。

強調したいのは、ワークマネジメントのすべての製品は、アトラシアンプラットフォームの上に構築されているということです。このプラットフォームは、人々が一緒にさまざまな仕事をするのを助けるものです。しかし、この場合、当社のワークマネジメント製品は、ITと開発者の両方のスペースで非常にうまく機能することができるのです。私たちの強みは、3つの異なる市場にありながら、その3つの市場がお客様にとってつながっていることです。

先ほどScottは、開発者とITがいかにうまく連携しているかを述べましたが、これは当社のJSMとITSM市場の強みであり続けています。同様に、ワークマネジメントの分野でも、ソフトウェアやITの分野からワークマネジメントに参入するお客様が多いため、初期段階での導入では当社の方が優位に立つことができます。しかし、私たちが成長し続けるにつれ、テクノロジー・チームと非テクノロジー・チームが協力し、シュノーケルをつけて水の中を見ることも、水の上を見ることもできるような、全体的な可視性を持つことができるようになりました。シュノーケルをつけて水中を見ることも、水上を見ることもできるのです。ですから、この分野では非常に強気でいると言えるでしょう。

私たちは非常に強いです。ワーク・マネジメントの市場は、お客様から非常に高い評価を得ています。ワークマネジメントツールの爆発的な普及を考えると、私たちの戦略は非常に堅実だと思います。

司会

次はベアードのロブ・オリバーから質問です。どうぞよろしくお願いします。

Rob Oliver -- Baird -- アナリスト

はい。ありがとうございます、皆さん。マイク、スコット、フォージとポイントA製品についてお聞きしたいのですが。アトラスやワークフローコラボ、コンフルエンスなど、需要の高い製品についてです。

そこで、皆さんはどのようなことを感じているのでしょうか。多くの活動はまだ無料トライアル側にあるようですが、顧客はどのような関心を寄せているのでしょうか。また、パートナーや御社のパートナーがこの方程式にどのように関わってくるのか、そして今後、規模を拡大するためにどのような取り組みを始めるのか。ありがとうございました。

Mike Cannon-Brookes -- 共同創業者兼共同最高経営責任者(CEO

はい。[ロブさん、質問が2つあったと思うんです。そこで、もしよろしければ、別々にお聞きしたいのですが。まずAについて、次にBについて、そして私が何か聞き逃したことがあればScottが補足してくれるでしょう。

Aについては、チーム22が非常にポジティブに受け止めてくれたということです。アトラスもコンパスも、人々の共同作業を支援するという点では同じような目標を持っていますし、集約レイヤーを提供し、非常に革新的な方法でさまざまな分野をカバーするという点でも、初めての試みでした。どちらも技術的な面では同じです。そしてAtlasは、より広範なコスト企業のユーザーワークチームのヘルプディレクトリのレベルで、どちらも非常に好意的に受け入れられています。

つまり、お客様と一緒に仕事をし、採用を確認し、お客様の活動から学び、さらにお客様と一緒に仕事をし、当社の強みの一つであるポイントAプログラムでも協力するということです。このプログラムでは、研究開発の専門知識と顧客中心主義を組み合わせて、長期的な視点に立った真に差別化された製品を構築することができます。また、Team'22では、Jiraのプロダクトディスカバリーを発表しました。これは、ソフトウェア・プロセスの最初の段階で、クリエイティブな発見をするためのスペースを提供するものです。

これも好評でした。時々見逃されることがありますが、エグゼクティブ・チームは素晴らしい仕事をしています。また、Jira 製品ファミリーを強化し、エンジニアリングサイクルのディスカバリーやクリエイティブな部分にもっと入り込むことは、多くのパートナーや自社製品にとって新しい領域です。この点については、これまで繰り返し述べてきたように、私たちは「やるぞ」と宣言しています。

Forgeの側面では、お客様はForgeに非常に満足しています。Forgeは当社の拡張フレームワークで、お客様やパートナーの皆様が当社のインフラで動作するアプリケーションや統合機能拡張を構築できるようにするものです。後者の部分は、本当に重要です。このフレームワークは、SaaSベースの拡張性フレームワークとは一線を画しています。

つまり、データ保存の要件やコンプライアンス要件、セキュリティ要件がある場合、サードパーティのアプリや顧客が書いた拡張機能でさえも、当社のインフラストラクチャで実行することができるのです。サードパーティーのアプリやお客様が書いた拡張機能も、私たちのインフラストラクチャで動作します。お客様から好評なのは、サーバーをはじめ、実行するためのすべてのものを私たちが提供することです。そのため、お客様は拡張機能を書いたり、必要な統合機能を書いたりすることだけに集中できます。

私たちがすべての実行を管理し、データの実行に関するコンプライアンスとセキュリティの要件を維持します。そのため、多くの時間を節約することができます。自社でサーバーを運用し、メンテナンスや運用を行うよりも、はるかにROIの高い方法なのです。だから見てください、今のところとてもうまくいっていますよ。

私たちは、四半期ごとに改善するためにForgeに投資し続けています。技術革新と改良のペースが非常に速いことがおわかりいただけると思います。Team '22では、多くのベンダーやお客様と、次に何を望むかについて話し合い、よりよい製品を作り続けるための絶好の機会となっています。

オペレーター

次は、Cleveland ResearchのAri Terjanianから質問をお受けします。ありがとうございました。

Ari Terjanian -- Cleveland Research -- アナリスト

ご質問をありがとうございます。CTOの交代について質問させてください。ここ数年、クラウド製品の拡張、さまざまな規制やコンプライアンスニーズへの対応など、大きな進展があったことは明らかです。ラジーヴがアトラシアンの CTO として今後数年間取り組む主なことは何だとお考えでしょうか。

ありがとうございました。

Mike Cannon-Brookes -- 共同創設者兼共同CEO

そうですね。ありがとうございます。ラジーヴが入社してくれて、とてもうれしく思っています。私自身、長い間このサーチをリードしてきましたが、数週間後にスタートし、皆さんとそのすべてを共有できることに、とても興奮しています。

シュリがいなくなるのは非常に残念ですが、2人の間に重なる部分があるのは喜ばしいことです。バトンタッチもスムーズにいくでしょう。エンジニアリング・チームは、今後もこのようにうまくリードしていけると思います。目標という意味では、まだ抽象的ですが、高いレベルでは、Team'22でお伝えしたように、私たちは自分自身に非常に大きな投資をしています。

その結果、会社の規模を拡大し、何千人、何万人という新しい従業員を増やすことになります。もちろん、当社のモデルを考えれば、かなりの人数がエンジニアリング、研究開発、設計に従事し、世界トップクラスの研究開発チームとその効率性を維持し、イノベーションを継続することになるのでしょう。これは自明なことではありません。これは、規模が大きくなっても全く同じことを続けるということではなく、適応させ、再構築し、さまざまなプロセスや人的要因を考慮し、アトラシアンをエンジニアにとって生涯最高の仕事をするための素晴らしい場所にし続けなければならないのです。

これは明らかに、今後数年間の Rajiv の目標の大きな部分を占めています。彼はその規模を扱い、それを実現し続けるだけでなく、クラウド、エンタープライズコンプライアンス、スケール、パフォーマンスなど、あらゆる種類のものを改善し、深化させ続けるという点で私たちが取り組んでいるすべてのことを行っています。Sri は、400 人あまりのエンジニアを何千人ものエンジニアに育て上げ、クラウドに参入し、世界クラスのクラウドプラットフォームと大規模なインフラを構築し、素晴らしいリーダーシップチームも作りました。Sriのリーダーシップチームはそのまま残り、Rajivは、本来であれば軌道に乗るはずだった成長の軌跡を継続するために、かなり大きな靴を履かなければならなくなったのです。

司会

次はSMBCのStephen Koenigから質問をお受けします。どうぞよろしくお願いします。

オーウェン・ハワース -- SMBC日興証券 -- アナリスト

やあ、チーム。スティーブに代わってオーウェン・ハワースです。私の質問に答えてくれてありがとうございます。いい四半期になったようでおめでとうございます。Jira Service Management の購入動向について、現段階でのランク付けをお願いします。

ビジネスラインでのサービステストを行っていない、グリーンフィールドのお客様なのか、エンタープライズスタンダードと並行して他のものを導入している組織なのか、それとももっと大規模なリプレースを考えている組織なのか、どちらでしょうか。また、ServiceNowがすでにエンタープライズスタンダードであるにもかかわらず、ServiceNowのアカウントにどの程度参入しているのでしょうか。それから、1つだけ簡単に補足させてください。Jira Software ConfluenceとTrelloは、今日クラウドで最も一般的なランド製品になっていると思います。

JSMはランドの中でトレンドになっているのでしょうか?それとも拡大が多いのでしょうか?どうもありがとうございました。

Cameron Deatsch -- 最高収益責任者

キャメロンです。全てに対応できると思います。まず、Jira Service Managementですが、誰が買っているのでしょうか?私たちは4万人の顧客を想定しています。小規模なお客様、中規模なお客様、大規模なお客様がいます。

小規模のお客様は、電子メールやスプレッドシートを置き換えることが多いですね。IT部門にいるのは1人か2人でしょう。IT部門に1人か2人いるかもしれませんが、彼らは電子メールで対応しており、その後、もう少し成熟する必要がありました。実は、Jiraサービスマネジメントでは、3つのエージェントを無料で提供していることが大きな特徴です。

これは、中小企業への素晴らしいパイプラインになります。中小企業で、ITサービスマネジメントやITヘルプデスクソリューションが必要な場合は、無料で提供します。そして、IT部門が成長したら、有料会員になることができます。このように、小規模な企業では、このようなサービスが提供されています。

中堅企業では、さまざまなベンダーがさまざまなソリューションを提供していますが、開発チーム、エンジニア、IT部門、オペレーター、ITヘルプデスク担当者が将来的に協力し合うというコアバリューが、こうした組織で引き続き確認されています。そのような組織では、ニーズを解決し、チームをつなぐための単一のプラットフォームが求められています。Jira ソフトウェアと Jira Service Management は、多くの中堅企業のお客様にとって完璧な統合であり、まさにアトラシアンのスイートスポットです。企業向けには、私たちの完全な戦略として、多くの企業が少なくとも1つ、あるいは複数の異なるITプラットフォームを稼働させていることを認識した上で、そこに参入しています。

私たちの目標は、IT組織と一緒にエンジニアリングチームも機動的に動く必要があるという事実を理解している部門やチームなどを見つけ、活用することです。大規模な組織では、セキュリティ・チームや小規模なセキュリティ・エリアなど、さまざまなものがありますが、私たちはそこに入って、組織が非常に迅速に動きたいと考えている小さな橋頭堡を手に入れます。そこから、大規模なプラットフォームの大規模な更新の時期がやってくるのですが、その数は非常に少ないです。私たちは、そのような話をする機会がますます増えています。

さらに、アトラシアンはここ数年、ITサービスマネジメント以外の分野でも、企業としての信用を確立することができました。私たちは経営陣のアドバイザリーボードを設けています。多くの CIO 評議会があります。その結果、プラットフォームの大きな決断を下すトップリーダーたちと関係を築き、この分野が将来的に私たちがサポートできる分野であることを理解してもらえるようになりました。

ですから、私たちはこの分野で非常に有利な立場にあり、多くの企業のお客様をターゲットにすることができます。次の質問は、どの顧客、どの製品に着手し、どの製品を拡大するかというものです。ご指摘のとおり、私たちは非常に多くの製品に着手しています。また、Jiraサービスマネジメントは、現在も既存のお客様をターゲットにしています。

しかし、ソフトウェア開発チームや既存のお客様をターゲットにしているわけではありません。IT部門やITユースケースを見つける必要があるのです。そこで、マーケティングマシンの力を借りて、認知度を高めるのです。しかし、現在でもJiraサービスマネジメントは、非常に大規模な既存顧客ベースにフォーカスしていると考えています。

司会

次はゴールドマン・サックスのカシュ・ランガンから質問をお受けします。どうぞよろしくお願いします。

Kash Rangan -- Goldman Sachs -- アナリスト

こんにちは。どうもありがとうございます。御社の決算説明会に初めて参加させていただきます。貴社が成し遂げたことすべてに、おめでとうございます。

プラットフォームがどのように進化していくのか、あなたの視点に興味があります。確かに、DevOps、ITES、ワークマネジメントの3つの柱が、市場の観点から相互接続され、さらにそれをまとめるテクノロジー・プラットフォームがあることは、公開するメリットがあると思います。同時に、各分野のイノベーションはまだかなり速いサイクルで進んでおり、これらの市場の高位に位置する企業には、おそらく遭遇することも、しないこともあるベストオブブリード企業が存在します。つまり、これらの市場はまだ成長期であり、成熟期ではないのです。

そこで、これらの異なる市場や製品をクラウド上で統一することと、製品を垂直方向に拡張し最先端の機能を維持することとは異なる、水平方向の課題をどのようにトレードオフするかということです。この2つをどのように比較検討するのでしょうか。市場はまだ落ち着いていないように見えますが、次の世代へのシフトが始まっているのでしょうか。また、財務的な質問ですが、ジェームス、これはおそらく最後の2、3四半期くらいのことだと思うのですが。移行が一段落したところで、アトラシアンのエンドマーケットの長期的な構造成長についてどのようにお考えでしょうか。ありがとうございました。

Mike Cannon-Brookes -- 共同創設者兼共同 CEO

カッシュ、ようこそ。投資家向け電話会議にようこそ。大変な数の質問をいただきましたね。

まずはプラットフォームについて、そしてファイナンスの質問にはすぐに答えられるようにしたいと思います。まず最初に、いくつかコメントさせてください。私たちのプラットフォームは、3つの市場それぞれでベスト・オブ・ブリードを実現し、それを効率的に行うことを可能にしています。ですから、私たちは、自分たちがベスト・オブ・ブリードと競争しているとは考えていません。

私たちは、参加する各市場においてベスト・オブ・ブリードであり、今後もそうするつもりです。そして、このプラットフォームは、効率と規模、そして将来への備えを可能にします。そのために、いくつかの方法があります。ITSMやAzure DevOpsの分野では、ワークマネジメントへの投資により、業界最高水準を達成することができました。これは、世界最高水準の技術編集環境を構築し、それをさまざまな市場で運用する余裕があるためで、非常に非自明なことではありますが、唯一の例です。

この分野の競合他社は、1つの市場でそのようなことをする余裕はないでしょう。逆もまた然りです。インフラストラクチャーの面では、社員が最下層になればなるほど、コンプライアンス、企業規模、 規模の面で同じようなことが起こります。SaaSの世界では、世界中のあらゆる地域で新しい法律が制定され、特定の業種に対してデータをどのように保存する必要があるかなどの新しい規則が制定されるため、ますます難しくなっています。

そのような企業顧客や世界各地域の顧客にさまざまな方法でサービスを提供することは、非常に非自明な作業です。このような問題をすべてプラットフォーム化することで、私たちのすべての市場やスペースに対応し、新しい革新的な分野で出荷されるポイントAの製品に、エンタープライズとコンプライアンスに対応するすべての機能を持たせることができるのです。同様に、市場が変化し、将来についてお話しましたが、当社のプラットフォームは非常に長期的な投資です。なぜなら、本当に世界クラスのプラットフォームを構築するには長い時間がかかるからです。しかし、将来的には、コンプライアンスやカンブリア紀のように爆発的に普及したSaaSアプリケーションを統合し、一元化することが重要だと考えています。

私たちのプラットフォームは構築するのが難しいです。また、複製することも非常に困難です。私たちは、このプラットフォームが各分野で大きな競争優位性を持っていると信じています。今お話にあったように、プラットフォームは明らかに各分野を統合するのに役立ちます。

Team '22 で発表した Atlassian Data Lake と Atlassian Analytics Tools は、異なるアプリケーションからデータを取得し、事前にはできなかった方法で顧客のためにそれらをまとめることができます。また、私たちは、変わらないものをプラットフォームで作り上げることに注力しています。ジェフ・ベゾスは、「10年後に変わるものよりも、10年後も変わらないものを重視する」という有名な言葉を残していますが、これは本当に面白い哲学です。その哲学は実に興味深いものです。

この3つの市場では、本当に効率的になるためにチームや人々が団結する必要があり、その効率性への欲求は高まり続けています(聞き取れず)。そのため、人が分散している世界では、コラボレーションがますます重要になります。私たちのコラボレーション・ツールは、その大部分がプラットフォーム上に構築されています。コメントやリアクション、共有、通知、検索など、データをまとめ、つなぎ、同僚や人々とつながるためのさまざまな断片が、プラットフォーム上に構築されているのです。

ですから、私たちは何度も何度もこのことを話してきました。この分野はアトラシアンの大きなトレンドであり、今後もプラットフォームへの投資を続けていくでしょう。

オペレーター

現在、ご質問はございません。発表者の皆様、締めのご挨拶をお願いします。

マイク・キャノン=ブルックス -- 共同創業者兼共同CEO

それでは、最後にジェームスからお願いします。

ジェームズ・ビア -- 最高財務責任者

最後の質問に、私も加えさせてください。ごく簡単に。Kash、また話せて嬉しいよ。いくつかあるんです。

ご質問の中で、マイグレーションの終了について言及されましたが、もしよろしければ、その点についてお聞かせください。最初に申し上げたいのは、先ほど申し上げたことを再度強調したいのですが、サーバーのお客様は今後2、3年のうちに移行されるでしょう。しかし、データセンターのお客様の多くがクラウドに移行しており、すでにクラウドへの移行の3分の1がデータセンターからの移行であることを考えると、非常に心強いです。さらに、より一般的に言えば、当社は非常に大規模な総販売可能市場に取り組んでいます。

Analyst Dayでは、このトピックについて詳しく説明しました。現在の製品を代表するTAMは約290億ドルの規模ですが、現在はその10%以下です。デジタルトランスフォーメーションというテーマは、世界中の企業にとって非常に現実的なものであり、当社はこの点でお客様のニーズに応え続けることができる特別な立場にあると思います。そして、私たちは、このようなさまざまな方法でお客様の価値を高めることができるよう、投資を続けていきます。

そしてこのことが、長期的に当社の成長率に拍車をかけ続けることになると考えています。私たちは、投資方法について規律正しく行動します。私たちは常にそうです。しかし、それは当社の成長率にとって重要なテーマとなるでしょう。

最後に、アトラシアンのファネルのトップについてですが、私たちは四半期ごとに純新規顧客数について話しています。これは常に数千の顧客数になります。私たちは小さな会社から始めて、時間とともに非常に大きく拡大していきます。3週間前のInvestor Dayで示した純増率は130%で、実際、大規模なお客様では140%に達しています。

このように、私たちは長期的な成長に向けて多くの可能性を持っていると思います。

オペレーター

発表者の皆様、これ以上のご質問はございません。最後にご挨拶をお願いします。

スコット・ファークハー -- 共同創業者兼共同CEO

皆さん、本日の電話会議にご参加いただきありがとうございました。ジェームズ・ビアには、アトラシアンでの約5年間のパートナーシップに特に感謝し、その素晴らしいキャリアを祝福し、退職後の活躍をお祈りします。そして、いつものように、この通話に参加している皆さん、スタッフ、パートナー、投資家、すべての人に、日頃の支援に感謝し、残りの週と週末を楽しんでくださいと申し上げたいと思います。

オペレーター

[オペレーターのサインオフ]

時間です。64分

通話参加者
マーティン・ラム(Martin Lam)氏 -- インベスター・リレーションズ部門責任者

マイク・キャノン=ブルックス(Mike Cannon-Brookes) 共同創業者兼共同CEO

Scott Farquhar -- 共同創業者兼共同CEO

Keith Weiss -- モルガンスタンレー証券会社 -- アナリスト

Arjun Bhatia -- ウィリアム・ブレア -- アナリスト

Cameron Deatsch -- 最高収益責任者

Keith Bachman -- BMO Capital Markets -- アナリスト

Gregg Moskowitz -- みずほ証券 -- アナリスト

James Beer -- 最高財務責任者

Michael Turrin -- Wells Fargo Securities -- アナリスト

Ittai Kidron -- オッペンハイマー・アンド・カンパニー -- アナリスト

Fatima Boolani -- シティ -- アナリスト

Fred Havemeyer -- マッコーリーグループ -- アナリスト

Luv Sodha -- ジェフリーズ -- アナリスト

Alex Zukin -- Wolfe Research -- アナリスト

Quinton Gabrielli -- Piper Sandler -- アナリスト

Rob Oliver -- ベアード -- アナリスト

Ari Terjanian -- クリーブランド・リサーチ -- アナリスト

オーウェン・ハワース -- SMBC日興証券 -- アナリスト

Kash Rangan -- ゴールドマン・サックス証券 -- アナリスト

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Confee.Callman
【情報にこそ真実がある】初めましてConfee.Callmanです。投資家の皆様にとって命の次に大切な情報。米国株の決算アーニングコール 、ニュース等を和訳で載せていきます。少しでも早くお届けできるよう頑張ります。是非フォローお願いします!2021.08〜