Confee.Callman
NVIDIA(NASDAQ;NVDA)決算アーニングコール
「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。
見出し画像

NVIDIA(NASDAQ;NVDA)決算アーニングコール

Confee.Callman

Nvidia (NVDA) 2023年第1四半期決算電話会議記録
By Motley Fool Transcribing - 5月 26, 2022 at 12:30AM

2022年3月期のNVDAの決算説明会。

エヌビディア (NVDA 5.08%)
2023年第1四半期決算電話会議
2022年5月25日17時00分(米国東部時間

内容
準備された備考
質問と回答
コール参加者
プレパラート・リマーク

オペレーター

こんにちは。本日のカンファレンス・オペレーターを務めますデビッドと申します。本日は、NVIDIAの第1四半期決算説明会にご参加いただきありがとうございます。本日のカンファレンスは録音されています。

本日の会議は録音されています。背景のノイズを防ぐため、すべての回線がミュートになっています。講演者の発言の後、質疑応答があります。[ありがとうございました。シモーナ・ヤンコウスキー、会議を始めてください。

シモーナ・ヤンコウスキー -- インベスター・リレーションズ担当副社長

ありがとうございました。皆さんこんにちは、NVIDIAの2023年度第1四半期のカンファレンスコールへようこそ。本日はNVIDIAから、社長兼最高経営責任者のジェンセン・フアン、そして執行副社長兼最高財務責任者のコレット・クレスが出席しています。この電話会議の模様は、NVIDIAの投資家向けウェブサイトからライブで配信されます。

このウェブキャストは、2023年度第2四半期の業績について説明するカンファレンスコールまで再生可能です。本日の電話会議の内容は、NVIDIAの所有物です。当社の事前の書面による同意なしに、複製または転写することはできません。この電話会議では、現在の予想に基づく将来の見通しに関する記述を行う場合があります。


これらは、多くの重要なリスクと不確実性を含んでおり、当社の実際の結果は大きく異なる可能性があります。当社の将来の業績や事業内容に影響を与えうる要因については、本日の決算発表資料、当社の直近のフォーム 10-K および 10-Q、ならびに当社が米国証券取引委員会にフォーム 8-K で提出する報告書に記載されている開示事項をご参照ください。当社のすべての記述は、本日2022年5月25日現在において、当社が現在入手可能な情報に基づいて作成されています。法律で義務づけられている場合を除き、当社はそのような記述を更新する義務を負いません。

この電話会議において、当社は非GAAPベースの財務指標について説明します。これらの非GAAPベースの財務指標とGAAPベースの財務指標との調整表は、当社ウェブサイトに掲載されているCFOコメンタリーにてご覧いただけます。それでは、コレットに電話をつなぎます。

コレット・クレス -- エグゼクティブ・バイスプレジデント兼最高財務責任者

ありがとう、シモーナ。データセンターとゲーミングの両分野で記録的な収益を達成し、厳しいマクロ環境にもかかわらず、強力なファンダメンタルズと実行力をもって、好調な四半期を過ごすことができました。総収益は83億ドルで、前四半期比8%増、前年同期比46%増となり、過去最高を記録しました。データセンターは、当社にとって最大の市場プラットフォームとなり、今後も力強い勢いが続くと見ています。

ゲーミングから始めます。GeForce RTX 30シリーズの製品サイクルに支えられ、売上高は36億ドルで前四半期比6%増、前年同期比31%増となりました。2020年秋の発売以来、RTX 30シリーズは、当社のゲーミング製品サイクルとして過去最高を記録しています。Newzooによると、過去2年間に1億人のPCゲーマーが新たに加わり、ゲーミング業界は驚異的な成長を遂げました。

そして、NVIDIA RTXは、初めてGPUを購入する人と、RTXに最適化された250以上のゲームやアプリを体験するためにPCをアップグレードする人の両方から、昨年の2倍の需要があり、業界に新しい標準を打ち立てました。私たちは、GeForceゲーミングGPUのインストールベースのほぼ3分の1が現在RTXを搭載していると推定しています。RTXは、ゲームの世界に驚異的なエネルギーをもたらし、当社のハイエンド・プラットフォームとインストール・ベースの持続的な拡大を後押しし、今後も大きな進展が期待されます。全体として、最終需要は地域によって異なるものの、堅調に推移しており、米国の需要は堅調に推移しています。

しかし、欧州の一部ではウクライナ戦争の影響により、また中国の一部ではCOVIDのロックダウンの影響 により、それぞれ軟調に推移しました。今年後半の新アーキテクチャーの移行に向けた準備のため、継続的な影響が予想されるため、第2四半期のゲーミング売上は前四半期比で減少すると予想しています。チャンネルの在庫はほぼ正常化し、第2四半期もこの水準で推移する見込みです。暗号通貨の採掘がゲーミング事業の需要にどの程度寄与しているかは、当社では正確に数値化することが困難です。

イーサリアムのネットワークハッシュレートの増加ペースが鈍化しているのは、GPUのマイニング活動の減少を反映していると思われます。今後、この寄与は減少すると予想しています。ノートPCゲーミングの売上は、NVIDIA RTX 30シリーズのラインアップの立ち上がりにより、前四半期比および前年同期比で大幅な伸びを記録しました。今年の春のリフレッシュと来る学校帰りシーズンを前に、RTX 30シリーズGPUとエネルギー効率の高い薄型軽量Max-Qテクノロジーを搭載したラップトップモデルは、昨年のこの時期の140モデルから180モデル以上に増えました。

この成長を牽引しているのは、ゲーマーだけでなく、急成長しているコンテンツクリエイターのカテゴリーであり、当社では、専用のNVIDIAスタジオドライバを提供しています。また、高度な 3D やコラボレーションのための Omniverse、ライブストリーミングのための Broadcast、AI で風景を描くための canvas など、アーティストを支援するアプリケーションやツールも開発しています。クリエイター経済は、1000億ドルと推定され、8000万人の個人クリエイターと放送局によって支えられています。当社は、GeForce NOWクラウド・ゲーミング・サービスの構築を継続しました。

ゲーマーは、月額19.99ドルのサブスクリプションプランで、当社の新しい最上位製品であるRTX 3080クラスストリーミングにアクセスできるようになりました。GeForce NOWライブラリに100以上のゲームを追加し、合計1,300以上のゲームになりました。そして先週、モバイルデバイス用のタッチコントロールを備えたGeForce NOWで、iOSのSafariウェブブラウザとGeForce NOW Androidアプリを通じてストリーミングするFortniteを開始しました。プロビジュアライゼーションに移ります。

第1四半期の収益は6億2200万ドルで、前四半期比3%減、前年同期比67%増となりました。企業がハイブリッドワークをサポートするために従業員のリモートオフィス・インフラを構築し続けているため、需要は堅調に推移しています。モバイルワークステーション用GPUの前四半期比の伸びは、デスクトップ用売上高の減少により相殺されました。前年比の強い成長は、NVIDIA RTX Ampereアーキテクチャの製品サイクルに支えられたものです。

主な使用例としては、ソニー・ピクチャーズ・アニメーションなどの顧客におけるデジタルコンテンツ制作や、メドトロニックなどの顧客における医療用画像処理などが挙げられます。一般販売開始からわずか第 2 四半期で、当社のエンタープライズ・ソフトウェア Omniverse は世界最大手の企業に採用されています。アマゾンは、倉庫の設計とフローをより最適化し、よりインテリジェントなロボットを訓練するためにオムニバースを使用しています。クローガー社は、デジタルツイン店舗シミュレーションによる店舗効率の最適化にオムニバースを活用しています。

また、PepsiCoは、Omniverseのデジタルツインを使用して、サプライチェーンの効率と環境の持続可能性を向上させています。また、Omniverse は GPU の販売パイプラインを拡大し、ハイエンドおよびマルチ GPU 構成を推進しています。ロボット工学、産業オートメーション、3Dデザイン、レンダリングなどのエコシステムでサードパーティの開発者がOmniverseとの接続を開発し、Omniverseエコシステムは急速に拡大し続けています。車載に移行。

第1四半期の売上高は1億3800万ドルで、前四半期比10%増、前年同期比10%減となりました。当社のDRIVE O-RAN SoCは現在生産中で、第2四半期以降に自動車関連顧客が立ち上げる主要な製品サイクルのキックオフとなります。O-RANは、自動車メーカー、トラックメーカー、ロボットタクシー会社など35社以上の顧客に採用され、市場で大きな支持を得ています。第1四半期には、中国最大の電気自動車メーカーであるBYDと、電気自動車のパイオニアであるLucidが、DRIVE O-RANで次世代フリートシステムを構築することを発表しています。

当社の自動車用設計の受注パイプラインは、わずか1年前の80億ドルから、今後6年間で110億ドルを超えるようになりました。データセンターへの移行。過去最高の売上高となった38億ドルは、前四半期比15%増、前年同期比83%増と加速しています。ハイパースケールおよびクラウドコンピューティングの顧客からの収益は、外部および内部のワークロードに対する強い需要によって、前年同期比で2倍以上に増加しました。

顧客は、インフラに対する供給制約がある中で、需要に対応するために容量の追加を続けています。業種別売上高は、前年同期比で 2 桁の大幅増となりました。当四半期の成長を牽引した主な業種は、消費者向けインターネット企業、金融サービス、電気通信などです。全体として、データセンターの成長は、主にハイパースケール顧客による大量の導入で、トレーニングおよび推論の両方に当社のA100 GPUが強力に採用され、垂直産業全体で幅広く採用されたことに牽引されました。

主なワークロードは、推薦システム、会話型AI、大規模言語モデル、クラウドグラフィックスなどです。ネットワーキングの収益は、当社の次世代25、50、100ギガ・イーサネット・アダプタに対する広範な強い需要によって加速しました。顧客は、その優れた性能と堅牢なソフトウェア機能により、エヌビディアのネットワーキング製品を選択しています。さらに、ネットワーキングの収益は、DGX スーパーポッドに対する需要の高まりとクロスセルの機会から恩恵を受けています。

お客様は、当社のコンピュート製品とネットワーキング製品を組み合わせて、データを原料として入力し、インテリジェンスを出力とする、本質的に最新のAI工場のようなものを構築することがますます増えています。当社のネットワーキング製品は依然として供給不足ですが、今年いっぱいは改善が続くと見ています。NVIDIA AIの採用を促進する最大のワークロードの1つは自然言語処理で、これはトランスフォーマーベースのモデルによって革命化されました。トランスフォーマーによってもたらされた最近の業界のブレークスルーには、GPT-3 のような大規模言語モデル、創薬のための NVIDIA Megatron BERT、タンパク質構造予測のための DeepMind AlphaFold があります。

トランスフォーマーは、人間がラベル付けしたデータを必要としない自己教師あり学習を可能にします。テキスト生成、翻訳、要約、質問応答などのTAFにおいて、これまでにない精度の高い学習を可能にします。そのために、Transformerは膨大な学習データセットと数千億のパラメータを持つ非常に大きなネットワークを使用します。低い推論時間を犠牲にすることなくこれらの巨大なモデルを実行するために、Microsoftのようなお客様は、当社のNVIDIA AmpereアーキテクチャベースのGPUとフルソフトウェアスタックを含むNVIDIA AIを導入することが増えています。

さらに、クラウドにおけるNVIDIA AIとGPUインスタンスに対する需要の増加により、大規模な言語モデルを使用した顧客のイノベーションの波が高まっています。GTCでは、新しいまたは上位アーキテクチャをベースにした次世代データセンターGPU、H100を発表しました。800億個のトランジスタを詰め込んだH100は、世界最大かつ最も強力なアクセラレータであり、A100と比較して桁違いの性能の飛躍を実現しています。私たちは、H100が完璧なタイミングで市場に投入されると信じています。

H100は、今日の2大AIワークロードである大規模言語モデルやディープ・レコメンダー・システムを進化させるのに理想的です。私たちは、主要なサーバーメーカーやハイパースケールのお客様と協力して、H100の認定と増強に取り組んでいます。また、新しいDGX H100 AIスーパーコンピューティング・システムは、暦年の後半にボリュームアップする予定です。H100の製品面をベースに、2023年前半には、当社初のデータセンター向けCPUであるGraceを発売する予定です。

Graceは、AI工場に最適なCPUです。今週のCOMPUTEXでは、ASUS、Foxconn、Gigabyte、QCT、Supermicro、Wiwynnなどのシステムビルダーの第一陣によって、Graceを搭載した数十のサーバーモデルが市場に投入されることを発表しました。これらのサーバーは、2つのCPUを搭載したNVIDIA Grace CPU Super Chipと、NVIDIA Hopper GPUとNVIDIA Grace CPUを組み合わせた統合モデルのGrace Upper Super Chipによって駆動される予定です。次世代データセンターの膨大な新しいワークロードに対応するGraceをベースにした新しいリファレンスデザインを発表しました。

クラウドグラフィックスやゲーム向けのCGX、デジタルツインやOmniverse向けのOVX、HPCやAI向けのHGXなどです。これらのサーバー設計は、すべてNVIDIAの豊富なアクセラレーション・コンピューティング・ソフトウェア・スタックに最適化されており、当社のNVIDIA認定システム・ラインアップの一部として認定を受けることが可能です。Grace HopperとGrace Super Chipsを実現するのは、当社の超エネルギー効率、低レイテンシ、高速メモリコヒーレントインターコネクトNVLinkで、ダイからダイ、チップからチップ、そしてシステムからシステムへと拡張することができます。NVLinkを使えば、GraceとHopperを構成して、幅広いワークロードに対応させることができます。

将来のNVIDIAチップ、CPU、GPU、DPU、NIC、SoCは、当社の世界トップレベルのSERDES技術に基づくGrace Hopperと同様に、NVLinkを統合します。私たちは、NVIDIAのプラットフォームに接続するカスタムチップを実装するために、顧客やパートナーにNVLinkをオープンにしています。ネットワーク分野では、Spectrum-4スイッチ、ConnectX-7 SmartNIC、Bluefield-3 DPU、DOCAソフトウェアを含む世界初の400ギガビット/秒エンドツーエンドEthernetネットワーキング・プラットフォーム、Spectrum-4の発表で主要製品サイクルをスタートさせます。AIとビデオのために構築されたSpectrum 4は、データセンターが指数関数的に成長し、高性能な高度仮想化とシミュレーションを大規模に実現するために、極めて高い性能、高度なセキュリティ、強力な機能が求められている中で登場しました。

当社の事業全体において、今後数四半期にわたり、複数の新しいGPU、CPU、DPU、SOCの四半期製品を発売し、お客様の需要に対応するために供給を増強しています。損益計算書の残りの部分に移ります。第1四半期のGAAPベースの粗利益率は65.5%、非GAAPベースの粗利益率は67.1%で、前年同期比90ベーシスポイント増、前四半期比10ベーシスポイント増となりました。コスト上昇やサプライチェーンへの圧力を相殺することができました。

第2四半期の売上総利益率は現在の水準を維持する見込みです。今後、新製品の発売が進み、売上に占めるソフトウェアの比率が高まるにつれて、長期的に売上総利益率を高める機会があると思われます。GAAPベースの営業利益率は22.5%で、ARM取引に関連する13億5,000万ドルの買収解除費用の影響を受けています。非 GAAP 型の営業利益率は 47.7%でした。

当社は、現在のマクロ環境と当社の成長機会とのバランスをとるために、営業費用を綿密に管理しています。今年度はこれまでに採用が成功し、現在、これらの新入社員の統合を遅らせているところです。また、インフレが続くなか、既存の従業員のケアに予算を集中させることも可能です。上半期には複数の新製品の立ち上げに関連する多額の費用が含まれていますが、下半期にはこのような費用 は発生しないと見込まれるため、第2四半期以降、順次増加する費用は横ばいになると考えています。

第1四半期に、当社は20億ドルの自社株買いを実施しました。また、当社の取締役会は、2023年12月まで総額150億米ドルを上限に普通株式の追加取得を行う自己株式取得プログラムを増設・延長しました。次に、2023 年度第 2 四半期の見通しについてご説明します。当社の見通しでは、ロシアと中国のCOVIDロックダウンに関連する約5億ドルの影響を想定しています。

ロシアと中国におけるセルスルーの減少の影響は、第2四半期のゲーミングのセルインに4億ドル影響すると試算しています。また、データセンターの第2四半期は、ロシア向けの販売がないため、1億ドルの影響を受けると予想しています。データセンターとオートモーティブの前四半期までの好調な伸びは、ゲーミングの前四半期までの落ち込みを上回 るものと見込んでいます。売上は、81億ドル、プラスマイナス2%と予想しています。

GAAP基準の売上総利益率は65.1%、非GAAP基準の売上総利益率は67.1%、プラスマイナス50bpとなる見込みです。GAAP基準の営業費用は、24億6,000万ドルとなる見込みです。非GAAPベースの営業費用は、17億5,000万ドルとなる見込みです。GAAP方式およびNon-GAAP方式のその他の収益および費用は、関連会社以外の投資に関する損益を除 き、約4,000万米ドルの費用となる見込みです。

GAAP方式およびNon-GAAP方式の税率は、個別項目を除いて12.5%±1%となる見込みです。また、資本支出は約4億ドルから4億5,000万ドルになる見込みです。さらなる財務の詳細については、CFOのコメントおよび当社のIRサイトで公開しているその他の情報に記載しています。最後に、金融界向けの今後のイベントをご紹介します。

当社は6月7日に開催されるBofA Securities Technology Conferenceに直接出席し、ジェンセンが基調講演のファイアサイド・チャットに参加する予定です。2023年度第2四半期の業績に関する決算説明会を8月24日(水)に予定しています。これより、質疑応答の時間を設けます。オペレーター、質問のポーリングをお願いします。ありがとうございます。

質疑応答をお願いします。

オペレーター

ありがとうございます。[最初の質問はエバコアISIのC.J.ミューズさんからお願いします。よろしくお願いします。

C.J.ミューズ -- エヴァーコアISI -- アナリスト

はい。こんにちは。質問をお受けいただき、ありがとうございます。今後のゲーミング・サイクルについてどのようにお考えか、最新情報をお聞かせください。

この2年間で、事業は実質的に倍増しました。現在、暗号通貨が下落し、新製品サイクルの前にチャネルがクリアになる可能性があるなど、いくつかの横風が吹いています。マクロ的な課題についておっしゃいましたが、同時に しかし同時に、インストールベースの3分の1しかRTXを持っておらず、我々は供給不足から脱却しつつあります。

7月期のCOVIDのロックダウンに関する課題を乗り越えたら、ここからはあなたの考えをお聞かせください。ゲーミングのトレンドについてどのようにお考えですか?

ジェンセン・フアン -- プレジデント兼最高経営責任者

ご質問ありがとうございます。ご質問の中で、多くのダイナミクスをうまく捉えていらっしゃいますね。中国とロシアでのCOVIDのロックダウンの状況を除けば、ゲーミング業界の基本的なダイナミクスは本当に堅調です。

他の市場はかなり堅調で、ゲーミングのダイナミクスはそのまま維持されると考えています。ゲーム業界を牽引しているのは、過去2年間だけで、1億人の新しいゲーマーがPC業界に入ってきたことです。この2年間で1億人のゲーマーが新たにPC業界に参入し、ゲームの形態が大きく広がりました。また、友人との交流、インフルエンサーとしての活動、放送への利用など、PCの使い道はさまざまです。

ですから、多くの人が自宅のPCを第二のワークステーション、いわば第二のスタジオとして使っているのです。なぜなら、彼らは自宅でも仕事をしているからです。最近は、それが主なコミュニケーション手段になっています。GeForce PCの必要性は、かつてないほど高まっています。

ですから、基本的な力学はとても優れていると思います。COVIDとロシアでの戦争がいつ収束するのか、正確に予測するのは困難です。しかし、それでも、ゲーミング業界を支配する力学は素晴らしいものです。

運営者

次は、コーウェンのMatt Ramsayです。よろしくお願いします。

マット・ラムジー -- コーウェン・アンド・カンパニー -- アナリスト

どうもありがとうございます。おはようございます。Jensen データセンタービジネスについて少しお聞きしたいのですが。H-100の次のサイクルでは、サーバーのI/Oアップグレードが行われますが、これはHopperで起こっていることと、そこにある大きなパフォーマンスの飛躍に加え、御社にとってかなり強力なドライバーになると思います。

GraceとHopperによるNVLinkへの移行と、御社のポートフォリオ全体について、より長期的な質問をしたいと思います。サードパーティのサーバーに接続されたカード主導のビジネスが続くとお考えですか。それとも、時間が経つにつれて、すべてのチップがNVLink上で一緒になった、より垂直統合されたビジネスに収益が劇的に、または少しずつ移行するとお考えですか。また、そのような潜在的な動きに対して、業界はどのように対応しているのでしょうか?ありがとうございます。

ジェンセン・フアン(Jensen Huang)氏 -- 社長兼最高経営責任者

ご質問をありがとうございます。最初の指摘は、非常に大きなポイントです。今、ティアリングされている次世代サーバーはすべてGen 5です。

I/O性能は以前より大幅に向上しています。その結果、かなり大規模なリフレッシュが行われることになるでしょう。当社や他のメーカーが提供する新しいネットワーク・カードが登場します。第5世代は、もちろん新しいプラットフォームの更新を推進します。

ですから、Hopperで第5世代に突入するには絶好のタイミングなのです。作りたいシステム構成はいろいろあります。データ処理、科学計算、機械学習、トレーニング、ハイパースケール向けのクラウドで行う推論、エンタープライズコンピューティング向けのオンプレミス、エッジで行う推論に必要なシステムの種類を一歩引いて見てみると、このようなワークロードとワークロードがそれぞれ存在することがわかります。これらのワークロードや導入場所、管理方法によって、それぞれ異なるシステム・アーキテクチャが必要になります。

そのため、1つのサイズですべてに対応できるわけではありません。当社がPCI Expressをサポートすることが非常に素晴らしい理由の1つは、多様なチップ間相互接続を革新したことです -- 誰よりも早く、今から7年ほど前になりますが、当社は第4世代のNVLinkで、隣り合った2つのチップ、2つのダイ、2つのチップ、2つのモジュール、2つのSXMモジュール、そして複数のシステムを接続できるようにしています。このように、コヒーレントなチップ間リンクであるNVLinkのおかげで、チップ、ダイ、パッケージ、システム、これらすべての異なるタイプの構成を混在させることができるようになったのです。そして、時間が経つにつれて、さらに多くの種類の構成が見られるようになると思います。その理由は、いくつかの重要な新しいタイプのデータセンターが出現していることと関係しています。

現在、NVIDIA、HPC、NVIDIA AIを搭載したインフラが、かなり大規模に設置され始めています。これらはまさにAI工場であり、データを処理し、データを洗練させ、データをインテリジェンスに変えることができます。これらのAIファクトリーは、基本的に1つの主要なワークロードを24時間365日稼動させています。ディープ・レコメンダー・システムは、その良い例です。

将来的には、大規模な言語モデルが、本質的にプラットフォームそのものになることが予想されます。そうなれば、24時間365日稼働し、たくさんのアプリケーションをホストすることになります。そしてもう一方では、エッジのデータセンターが、24時間365日稼働するロボティクスや自律型データセンターになっていくでしょう。これらのデータセンターは、世界中の工場や小売店、倉庫、物流倉庫などで稼働する予定です。

このように、2つの新しいタイプのデータセンターが出現しており、それぞれ異なるアーキテクチャを持っています。データ処理、データ分析、ハイパフォーマンス・コンピューティング、トレーニング、推論など、あらゆるワークロードを実行するユニバーサル・アクセラレータがあるため、あらゆるワークロードをサポートできることが、すべての統合のポイントになると思います。垂直統合に関しては、システム統合は、あらゆる種類の方法で行われるようになると思います。任天堂をはじめ、これまで多くの企業と行ってきたように、セミカスタム・チップを行うつもりです。

NVLinkで行っているように、セミカスタムチップを行うつもりです。NVLinkは、我々のパートナーに開かれています。どのファブにも持ち込むことができ、当社のチップにコヒーレントに接続することができます。マルチモジュールパッケージも可能です。

マルチパッケージシステムも可能です。ですから、システム統合にはさまざまな方法があります。

オペレーター

次に、Bernstein ResearchのStacy Rasgonにお願いします。ただいまより回線をつなぎます。

Stacy Rasgon -- バーンスタイン・リサーチ -- アナリスト

どうも、皆さん。私の質問に答えてくれてありがとうございます。続報を聞きたいんです。コレット、5億ドルの内訳は、ゲーム部門が4億ドル、データ部門が1億ドルということでしたが、これは、ゲーム部門が4億ドル、データ部門が1億ドルということですか?

つまり、ゲーミングが4億ドル減少したということではないのでしょうか。ロシアやロックダウンによる打撃よりも、ゲーミングの打撃の方が大きいと見ているのでしょうか? また、あなた方が直面している制約を踏まえて、各事業の相対的な業績見通しについてどのように考えればよいでしょうか?

コレット・クレス -- エグゼクティブ・バイスプレジデント兼チーフ・ファイナンシャル・オフィサー

もちろんです。まず、ゲーミング事業への影響からお話しします。第2四半期のゲーミング事業はどうなるのでしょうか?第2四半期はゲーミングが落ち込むと見ています。最終需要は引き続き非常に強いと見ています。

Ampereは素晴らしいアーキテクチャであり、当社のセルスルーと、おそらくそのチャネルに追加されるものの両方において、引き続き強さと成長を実感できる分野が多くあります。しかし、第2四半期の売上は、第1四半期から減少し、おそらく10%台の減少になると思われます。中国でのロックダウンが足かせとなっていますが、これを克服するためです。全体として、ゲームに対する需要は堅調に推移しています。

第2四半期も最終需要は前年同期比で増加すると予想しています。

オペレーター

次は、ジェフリーズのマーク・リパシスにお願いします。どうぞよろしくお願いします。

Mark Lipacis -- Jefferies -- アナリスト

私の質問に答えてくれてありがとうございます。ネットワークOEMの話を聞くと、今年の決算期は、企業によるデータセンターへの支出増加について多く語られていたようですが、それがAIによってもたらされているという話を聞くこともありますね。クラウドと企業の支出の前年比伸び率についてお話がありました。

前期の業績についてお聞かせください。企業向けでは、前四半期比で変化しているのでしょうか?また、企業向けとデータセンター向けのソフトウェアの接続率についてお聞かせください。また、どのソフトウェアに最も関心が集まっているのでしょうか?Omniverseでしょうか?それとも自然言語処理でしょうか。それとも大きな推進力が1つあるのでしょうか。ありがとうございました。

ジェンセン・フアン -- プレジデント兼最高経営責任者

そうですね。マーク、ありがとうございます。前四半期のデータセンター事業は記録的なものでした。今期も記録的な四半期になる見込みで、下期についてもかなり意気込んでいます。

AIやデータ駆動型の機械学習技術によってソフトウェアを作成し、企業が保有する膨大なデータから洞察を引き出すことは、私たちが知る限り、すべての企業にとって非常に戦略的なことです。なぜなら、最終的な分析では、AIはインテリジェンスの自動化であり、ほとんどの企業はドメインに特化したインテリジェンスが目的だからです。私たちはインテリジェンスを生産したいのです。そして、現在では、ほとんどの企業がデータを応用してインサイトを抽出し、やらなければならない多くの予測的なことを自動化し、それを迅速に行うことを可能にする技術がいくつか生み出されています。

機械学習、データ分析、データ駆動型洞察、人工知能など、他の人が経験しているようなトレンドがあるのだと思います。機械学習、データ分析、データ駆動型洞察、人工知能など、さまざまな言葉で表現されていますが、これらはすべてまったく同じものです。そして、それはあらゆる業界、あらゆる企業を席巻しています。私たちのネットワークビジネスも、非常に供給が制限されています。

私たちの需要は本当に高いのです。そのためには、私たちのチップ以外にもたくさんのコンポーネントが必要です。コンポーネント、トランシーバー、コネクター、ケーブルなどです。ネットワークというのは本当に複雑なシステムで、物理的な部品がたくさんあります。

そのため、サプライチェーンには問題があります。私たちは最善を尽くしており、第4四半期から第1四半期にかけて供給量は増えています。第2四半期も増加し、第3四半期、第4四半期も増加する見込みです。そのため、周りの部品業界のサポートに本当に、本当に感謝していますし、それを増やしていくことができると思います。

ソフトウェアに関しては、2つあります。まず、あらゆる種類の機械学習モデル、コンピュータビジョン、音声AI、自然言語理解、あらゆる種類のロボットアプリケーション、最も大きな、おそらく最も目につくのは自動運転車、これは基本的にロボットAIです。そして最近では、「トランスフォーマー」と呼ばれるAIモデルによって、自然言語理解において実に大きな進歩を遂げました。このように、すべて異なるタイプのモデルなのです。何千何万という種類のAIモデルがあり、あらゆる異なる業界で使われています。

私のお気に入りの1つは、手短に言いますと、ソフトウェアに関する質問にお答えします。私のお気に入りの一つは、トランスフォーマーを使って化学の言語を理解すること、トランスフォーマーとAIモデルを使ってタンパク質やアミノ酸の言語を理解すること、これはゲノミクスのことです。AIを応用して、パターンを認識し、配列を理解し、化学と生物学の言語を本質的に理解することは、本当に、本当に重要なブレークスルーなのです。合成生物学にまつわる興奮は、こうした発明のいくつかに端を発しています。

いずれにせよ、こうしたさまざまなモデルには、その上で動くエンジンが必要です。そのエンジンが、NVIDIA AIと呼ばれるものです。ハイパースケーラーであれば、多くのオープンソースを組み合わせることができますし、私たちも多くのソースを提供し、多くのエンジンを提供して、AIを動作させることができます。しかし、企業にとっては、それをパッケージ化し、サポートし、新しいアーキテクチャ用にアップデートし、インストールベースの古いアーキテクチャをサポートするなど、さまざまなユースケースに対応できる人材が必要なのです。

そのエンジンが、NVIDIA AIと呼ばれるものです。言ってみれば、続編のエンジンのようなものです。これは、人工知能のためのエンジンであることを除けば、です。このエンジンは、人工知能がレコメンデーションシステムや会話システムなどの情報を操作するだけでなく、物理的なシステムと相互作用しなければならないような、AIの次の波のために設計されています。

人工知能は、レコメンダーシステムや会話システムのように情報を操作するだけでなく、物理的なシステムと相互作用しなければならないのです。ロボット工学のような物理学との直接対話や、排熱回収型蒸気発生器のような物理システムの自動化など、今日本当に重要な役割を担っているのです。Omniverseは、このようなシミュレーションと人工知能の接点に位置するように設計されています。Omniverse は現在、商業ライセンスとして展開されていますが、まだその初期段階です。

Omniverseエンタープライズ版をリリースしてから、もう2、3四半期になります。現時点では、世界のトップ100社のうち10%がすでに顧客であり、ライセンス契約をしていますし、さらに多くの企業が評価中です。20万回近くダウンロードされていると思います。700社ほどで試用されています。

コレットが紹介した企業もありますが、GTCでは、さまざまな興味深い用途でこの製品を使用している企業を見ることができます。このように、NVIDIAのAIエンジン、Omniverseエンジンは、将来的に私たちにとって大きな成功を収め、私たちの収益に大きく貢献することになると、私は大いに期待しています。

運営担当者

次に、BofA証券のヴィヴェック・アーヤにお願いします。お待たせしました。

Vivek Arya -- バンクオブアメリカ・メリルリンチ -- アナリスト

ありがとうございます。コレットさん、第2四半期の見通しに、今年発売予定の新製品による在庫処分の効果が含まれているかどうか、はっきりさせてください。それから、あなたへの質問です。データセンターは、逆風が吹いているにもかかわらず、前年同期比で70%近い成長率を達成するとのことですが、このような逆風が吹いていることを心配していますか?

マクロ経済が減速しているとの報道がありますが、心配はないのでしょうか?また、データセンターの成長に周期的な影響がないか、今年後半を考える上で留意すべきことはありますか。

Colette Kress -- エグゼクティブ・バイスプレジデント兼CFO

はい。Vivek 最初に、第2四半期の新製品についてお伺いした質問にお答えします。先ほどもお話したように、新しいアーキテクチャの立ち上がりは、ほとんどが下半期になります。例えば、Hopperはおそらく第3四半期に登場しますが、立ち上がりは暦年の終わりに近づいています。

ですから、ほとんどの製品の発売は、下半期になると考えてください。あとはJensen Huangにバトンタッチします。

Jensen Huang -- 社長兼最高経営責任者

ありがとうございます。データセンターの需要は好調で、引き続き堅調に推移しています。ハイパースケールとクラウドコンピューティングの売上は、ご指摘の通り、大きく伸びています。前年同期比で2倍になっています。

また、A100の採用も非常に好調です。A100は、アクセラレータの世界でも非常に特別でユニークな製品です。これは、私たちがGPUをグラフィックスからCUDA、そしてTensor Core GPUへと拡張していく中で、本当に、本当に素晴らしいイノベーションの1つなのです。今やユニバーサルアクセラレータです。

例えば、ETL(抽出、変換、ロード)のデータ処理に使うことができます。データベースのアクセラレーションにも使えるでしょう。多くの続編の機能がNVIDIA GPUで加速されています。Rapidsの高速化、Python版Pandas(データセンター・スケール版)の高速化、Spark 3.0の高速化も行っています。

データベースのクエリからデータ処理、抽出、変換、学習や推論を行う前のデータのロード、画像処理、その他のアルゴリズム処理まで、A100で完全に高速化することが可能です。その結果、私たちは大きな成功を収めています。その一方で、現在、大規模かつ緊急に投資されている、非常に重要な新しいAIモデルもあります。ディープ・レコメンダー・システム(Deep Recommender Systems)についてはご存知でしょう。

これはインターネットの経済エンジン、情報フィルタリングエンジンです。もしレコメンダーシステムがなかったら、毎日世界で変化している何兆ものものを使ってインターネット体験ショッピングを楽しみ、3インチの携帯電話を使ってインターネットに関わることさえ実質的に不可能だったでしょう。このような魔法を可能にしているのが、レコメンダー・システムと呼ばれる素晴らしいものです。チャットボットやウェブサイトの顧客サービス、さらにはライブの顧客サービスがAIによってサポートされるようになり、会話型AIは顧客サービスを強化する機会を得ました。一方で、多くの人手不足を補う。

そして3つ目は、トランスフォーマーに関連した、自然言語理解のブレークスルーをもたらしたこの画期的な作品です。しかし、その中には、大規模言語モデルと呼ばれる信じられないようなものがあり、訓練され、多くのデータがあるため、人間の知識を埋め込むことができるのです。そして最近、「メガトロン530B」を発表しました。これは、マイクロソフト社との共同開発によるもので、その基盤は「チューリング」と呼ばれています。

この言語モデルや、オープンAI、GPD 3などの他のモデルは、本当に革新的で、膨大な量の計算を必要とします。しかし、その結果、実に驚くべきプレトレードモデルが誕生したのです。現在、私たちは何千ものスタートアップ企業や、パブリッククラウドを利用している大企業と協力して、このモデルを構築しています。そのため、パブリッククラウドにおける私たちの需要は非常に高まっています。

オンプレミスであれクラウドであれ、NVIDIA AIを利用することで、計算時間が大幅に短縮されるため、コスト削減が可能になります。サービスの質も格段に向上し、より大きなことができるようになったのです。それがクラウドでのAIの推進力になっています。こうしたさまざまな要因が、AIの重要性に対する産業界の認識、新しいAIモデルの変革性、推薦システム、大規模な言語モデル、会話型AIなど、すべてに関わっています。

クラウドでNVIDIAのAIを使用している世界中の何千もの企業 -- パブリッククラウドの需要を促進しているこれらすべての要因が、当社のデータセンターの成長を促進しています。このように、データセンターの需要は引き続き堅調に推移するものと思われます。

オペレーター

次はUBSのティム・アークリです。どうぞよろしくお願いします。

Tim Arcuri -- UBS -- アナリスト

どうもありがとうございました。7月の5億ドルの影響について、それが供給関連なのか需要関連なのか、質問させてください。しかし、コレットがコメント欄で使っていた、ゲームでのセルスルーの低下やロシアでの販売停止という言葉は、私にはもう少し需要があるように聞こえます。というのも、もし供給が関係しているのであれば、それは腐りやすいものではなく、単にタイミングが良かっただけだということが言えるからです。

しかし、もし需要に関連しているのであれば、それはもう二度と戻ってこないかもしれませんし、夜が明けるのも早いかもしれません。そこで、この点について説明していただけないでしょうか。ありがとうございます。

コレット・クレス -- エグゼクティブ・バイスプレジデント兼チーフ・ファイナンシャル・オフィサー

ティム、ご質問ありがとうございます。中国とロシア、この2つについては、まったく異なるものです。現在の中国のロックダウンは、興味深いことに、需要と供給の両方に影響を及ぼしています。中国全土のロジスティックスや国外への輸出に問題が生じています。

ただでさえ厳しい物流に、さらに大きな圧力がかかることになります。需要の観点からは、ゲーム側からの頭打ちもあります。大都市は完全に封鎖され、市民のために他の重要なことに集中しています。そのため、私たちの需要にも影響が出ています。

しかし、COVIDが終了すれば、当社の製品に対する需要は回復すると信じています。そうなると、私たちは信じています。供給が整理してくれるでしょう。その方法を判断するのは非常に難しいです。

さて、ロシアの場合ですが、私たちはロシアには売りません。これは前四半期の初めに発表していたことです。しかし、計画はありました。ロシアは、歴史的に見ると、当社全体の収益の約2%、ゲーム事業を見るともう少し大きな割合を占めています。お役に立てれば幸いです。

運営担当者

次は、BMOのアンブリッシュ・スリバスタバです。ただいまより回線をつなぎます。

Ambrish Srivastava -- BMO Capital Markets -- アナリスト

コレットとジェンセン、どうもありがとうございました。実は、この2社の需要を指摘していただいたことに本当に感謝しています。需要が問題だと言うのは健全なことのように感じられるので、それを聞いてすっきりしました。下期について、データセンターとゲームの両方に関連する質問をさせてください。

ここ数回、公の場でデータセンターへの見通しがかつてないほど良くなったとコメントされています。ロシアの影響を除いた場合、その通りなのか、これまでの受注はそのままなのか、また、このビジネスには強い勢いがあるとおっしゃいましたが、その発言を確認しておきたいと思います。この自信に満ちた発言は今後も継続されるのでしょうか?次にゲーミングですが、コレット、第2四半期のガイダンスによると、下期は前年同期比で増加するのでしょうか?前四半期比では増加しても、第3四半期に前年同期比の増加に戻らない可能性があるように思います。ありがとうございます。

ジェンセン・ホァン -- 社長兼最高経営責任者

はい。Ambrish、ご質問ありがとうございます。まず第一に、データセンターに関する当社の可視性は、数年前に比べて大幅に向上していることは間違いありません。その理由はいくつかあります。

1つは、2、3年前、ディープラーニングとAIが、CSPやハイパースケーラーなど、世界で最もコンピュータサイエンスに精通している企業で加速し始めたことを思い出してください。しかし、それ以外のところでは、まだかなり初期段階でした。それには2つの理由があります。明らかに、当時は技術に対する理解がそれほど浸透していませんでした。

人工知能の産業用ユースケースには、データのラベリングが必要ですが、これは本当に大変なことなんです。しかし、「Transformers」では教師なし学習やその他の技術、ゼロショット学習により、人間がラベル付けしたデータでなくても、さまざまな面白いことができるようになりました。また、Omniverseでは合成生成データも提供しており、お客様がデータにラベル付けすることなくデータ生成を行えるようになっています。このように、知識や技術は進化し、ほとんどの産業で人工知能を効果的に利用できるようになり、多くの産業で変革が起きています。

そして、クラウドやハイパースケーラーから、あらゆる産業に応用できるようになったのです。2つ目は、トレーニング中心から推論中心へと変化したことです。多くの人は、推論をするのは簡単だと思っていました。しかし、推論の方が圧倒的に難しいことがわかりました。

その理由は、非常に多くのモデルがあり、非常に多くのユースケースとサービス品質要件があるため、これらの推論モデルをできる限り小さなフットプリントで実行したいからです。そのため、スケールアウトすると、サービスを利用するユーザー数が非常に多くなります。NVIDIAのプラットフォームを利用すれば、コンピュータビジョンから音声、化学、生物学まで、どんなモデルでも推論することができます。そして、それを非常に高速に行うので、コストは非常に低くなります。

ですから、加速をすればするほど、コストを削減することができるのです。この知恵は、まさに真実だと思います。そして、2つ目の次元は、推論へのトレーニングです。3つ目の次元は、ハイパフォーマンス・コンピューティング・システムから、クラウド、オンプレミス、エッジまで、さまざまなタイプのシステム構成が可能になったということです。

そして、最後のコンセプトは、AIを産業界に展開することで、あらゆる産業で成長を見出すことができるようになったということです。ご存知のように、クラウドとハイパースケーラは非常に急速に成長しています。しかし、金融サービスや小売、通信などの垂直的な産業も、非常に素晴らしい成長を遂げています。このように、さまざまな側面から見ると、我々の視界はかなり良好になるはずです。

さらに、2年前からはメラノックスのポートフォリオも加わり、高度なシステムを構築するためのスキルや技術力を持たない企業に対しても、よりソリューション志向のエンドツーエンド・プラットフォーム・ソリューションを提供できるようになりました。そのため、ネットワークビジネスも非常に順調に成長しています。

オペレーター

次はJ.P.モルガンのハーラン・スールにお願いします。どうぞよろしくお願いします。

ハーラン・スール -- J.P.モルガン -- アナリスト

こんにちは、こんにちは。質問をさせていただいてありがとうございます。この質問をもう少し直接的にお聞きしたいのですが。

ダイナミックなサプライチェーン環境において、チームがうまく機能しているのは素晴らしいことですね。データセンターは、ロシアからの需要の影響があったにもかかわらず、4月と7月の四半期で力強い伸びを示しましたね?下半期については、クラウドへの投資は堅調で、実際に加速していると思います。メラノックスは、今年の後半にH100を立ち上げる準備を進めていますね。メラノックスも、今年に入ってから供給が増加しています。一般的に、以前は今年全体を通して、供給と収益の連続的な伸びを見込んでいたと思います。

ゲームに関する不確実性は理解していますが、データセンターでは今年いっぱいは順次成長が続くと予想されますか。

ジェンセン・フアン(Jensen Huang) -- 社長兼最高経営責任者

どちらか一方の答えになりますが、答えは「イエス」です。データセンター、ハイパースケールからクラウドコンピューティング、垂直産業において強い需要があると見ています。Ampereは今後もスケールアウトしていきます。世界中のあらゆる企業で認定を受けています。

2年経った今でも、世界で最も優れたユニバーサルアクセラレータであることに変わりはなく、今後もさまざまな領域、さまざまな市場でスケールアウトしていくことでしょう。その上に、まったく新しいアーキテクチャのHopperを重ねるつもりです。その上に、まったく新しいネットワーキング・アーキテクチャを重ねるつもりです。Quantum 3、CX-7、BlueField 3などです。

そして、供給も増えています。来期もデータセンターは好調で、下期も期待しています。

運営担当者

次は、Raymond JamesのChris Casoです。どうぞよろしくお願いいたします。

Chris Caso -- Raymond James -- アナリスト

はい、ありがとうございます。購入義務について、四半期に再び増加したように見えますが、どのように増加したのでしょうか?これは、購入義務の期日が長くなったためでしょうか、それとも購入義務の規模が大きくなったためでしょうか?また、一般的な供給制約についてもお聞かせください。

ネットワーキング・ビジネスにおける継続的な制約について、この電話会議でも何度かお話がありました。他の事業についてはいかがでしょうか。どこがまだ制約を受けているのでしょうか。

Colette Kress -- 執行副社長兼最高財務責任者(CFO

Jensenから補足があるかもしれませんが、まず私からお話しします。購入義務、およびプリペイドには、2つの大きな留意点があります。1つは、これまでで初めて、長期的な供給とコミットメントを確保するために前払いしていることです。

また、購入義務の多くはリードタイムが長いもので、製品を確実に市場に投入するために調達しなければならないものです。購入義務の大部分はデータセンター事業向けで、より大規模なシステム、より複雑なシステムであることはご想像いただけると思いますが、これらは今後数四半期のうちに確実に需要を満たすために調達しているものです。まだ少し供給が不足している分野は、ネットワークです。需要は非常に旺盛です。

毎回、改善されています。しかし、ネットワークについては、まだ需要 -- 失礼、供給面での懸念があります。Jensenさん、他に補足したいことはありますか?

Jensen Huang -- 社長兼最高経営責任者

いいえ、あなたは完璧だと思いました。完璧です。

オペレーター

最後の質問は ウエルズ・ファーゴの アーロン・レイカーズからです 回線は開いています

アーロン・レイカーズ -- ウェルズ・ファーゴ証券 -- アナリスト

はい、ありがとうございます。ゲームとデータセンターに関する質問は ほとんど答えられました 自動車部門についてお聞きします

まだ規模は小さいですが、明らかに、あなた方はこのビジネスが次の四半期に「大幅な連続成長」を見せ始めると確信しているようですね。今後数四半期におけるこの事業の軌道について教えてください。また、過去に、下半期に向かうにつれて、より高い成長率になるはずだとおっしゃっていましたね。この事業について、どのようにお考えでしょうか。

Jensen Huang -- 社長兼最高経営責任者

いくつかのデータポイントがあります。私たちはちょうど始めたばかりです。第1四半期にO-RANの量産出荷を開始したところです。O-RANはロボティクス・プロセッサーです。

ソフトウェアで定義されたロボットカーやロボットピックアンドプレーサー、ロボットムーバー、ロジスティクスムーバー向けに設計されています。私たちは、35台の車やトラック、ロボタクシー会社、その他にも設計されています。物流機器、ラストマイル配送システム、農業機械などを含めると、O-RANのデザインウィンの数は実に素晴らしいものです。O-RANは画期的なプロセッサーです。

このプロセッサは、データセンター・オン・チップとして設計されています。ロボットやセンサー情報を処理し、安全で、機密保持のためのコンピューティングとして弾力性のある能力を持つ、初のチップ上のデータセンターです。このようなデータセンターはどこにでも存在するようになるため、安全で、あらゆることに対応できるように設計されています。O-RANは、まさに驚異の技術です。

自動車業界では、四半期ベースで過去最低の売上高を記録しました。その理由は、今後6年間(またはそれ以上)にわたって、110億ドル(約1兆円)を超えるビジネスを確保することができると見積もっているからです。ですから、O-RANと自律走行車およびロボット工学のビジネスは、次の数十億ドル規模のビジネスになると言っても過言ではありません。確実にそこに向かっているのです。

ロボットや自律型システム、自律型マシンは、動くか動かないかにかかわらず、物理的なエッジにあるAIシステムが、次の主要なコンピューティングセグメントになることは間違いありません。データセンターの次の主要セグメントとなることは間違いないでしょう。私たちは、ご存知のように、この分野に10年間取り組んできました。この分野ではかなりの専門知識を持っています。

O-RANは、この分野における当社の取り組みの一例にすぎません。私たちは、自律システムの戦略として4つの柱を掲げています。まず、データ処理とロボティクスAIを訓練する部分、次に、ロボティクスAIをシミュレートする部分(オムニバース)、3番目に、マッピングと呼ばれるロボティクスAIのメモリ、そして最後に、実際のロボティクスアプリケーションとシステム内のロボティクスプロセッサ、これがO-RANにあたります。O-RANは、私たちのロボット戦略やAIの次の波を支える4つの柱のうちの1つに過ぎません。

ですから、私はコンピュータ産業の次の成長段階について、本当に楽観的で、本当に熱狂的です。そして、その多くはエッジで行われることになると思います。その多くは、ロボット工学に関わるものです。

オペレーター

ありがとうございました。では、最後にジェンセン・フアンからご挨拶をお願いします。

ジェンセン・フアン -- プレジデント兼最高経営責任者

皆さん、ありがとうございました。ウクライナでの戦争と中国でのCOVIDのロックダウンの影響と期間を完全に予測することは困難です。しかし、私たちの技術の影響と市場機会は変わりません。ディープラーニングAIの有効性は、引き続き立っています。

自然言語理解のブレークスルーをもたらしたトランスフォーマーモデルは、空間的、連続的、時間的に非常に複雑なパターンを学習するために進化しています。研究者たちは、ロボット工学から創薬に至るまで、アプリケーションに革命をもたらすトランスフォーマーモデルを生み出しています。ディープラーニングAIの有効性は、業界を問わず、AIコンピューティングのためにNVIDIAを採用する企業を後押ししています。私たちは、4つの主要な取り組みに注力しています。

まず、次世代のAIインフラチップとプラットフォーム、Hopper GPU、BlueField DPU、NVLink、InfiniBand、Quantum InfiniBand、Spectrum Ethernet Networkingの立ち上げです。そしてこれらすべては、お客様がAI工場を建設し、トランスフォーマーのような新しいAIのブレークスルーを活用するためのものです。2つ目は、当社のシステムおよびソフトウェア業界のパートナーを増強し、当社初のCPUであるGraceを発売することです。第三に、当社の新しいロボティクス・プロセッサであるO-RANを立ち上げ、自動車、ロボタクシー、トラック、配送ロボット、物流ロボット、農業ロボットから医療機器までを構築する約40社のお客様を支援します。

そして4つ目は、当社のソフトウェアプラットフォームで、NVIDIA AIとNVIDIA Omniverseでエコシステムに新しい価値を加え、新しいCUDAアクセラレーションライブラリで新しい市場に進出することです。これらの取り組みにより、AIを大きく進化させることができます。そして、この現代で最もインパクトのあるテクノロジーを、あらゆる分野の科学者やあらゆる業界の企業に拡大し続ける一方で、です。来期も私たちの進捗状況をお知らせできることを楽しみにしています。

ありがとうございました。

オペレーター

[オペレーターのサインオフ]

所要時間 64分

通話参加者
Simona Jankowski -- インベスターリレーションズ担当バイスプレジデント

Colette Kress -- エグゼクティブ・バイスプレジデント兼最高財務責任者

C.J. Muse -- Evercore ISI -- アナリスト

ジェンセン・フアン(Jensen Huang) -- 社長兼最高経営責任者

Matt Ramsay -- コーウェン アンド カンパニー -- アナリスト

Stacy Rasgon -- バーンスタイン・リサーチ -- アナリスト

Mark Lipacis -- ジェフリーズ -- アナリスト

Vivek Arya -- バンクオブアメリカ・メリルリンチ -- アナリスト

Tim Arcuri -- UBS -- アナリスト

Ambrish Srivastava -- BMO Capital Markets -- アナリスト

Harlan Sur -- J.P.モルガン -- アナリスト

Chris Caso -- Raymond James -- アナリスト

Aaron Rakers -- Wells Fargo Securities -- アナリスト

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Confee.Callman
【情報にこそ真実がある】初めましてConfee.Callmanです。投資家のみ皆様にとって命の次に大切な情報。米国株のカンファレンスコール、ニュース等を和訳で載せていきます。少しでも早くお届けできるよう頑張ります。是非フォローお願いします!2021.08〜