はまもとはるな

1989年生まれ | 東京在住 | 2児の母 | 会社員をしながら、パラレルキャリアでオンラインコミュニティ運営 |パラレルキャリアオンラインサロンThink In Move主宰 | #両立チーム育児ラボ コミュニティマネージャー | #MIRAIS 1期生

はまもとはるな

1989年生まれ | 東京在住 | 2児の母 | 会社員をしながら、パラレルキャリアでオンラインコミュニティ運営 |パラレルキャリアオンラインサロンThink In Move主宰 | #両立チーム育児ラボ コミュニティマネージャー | #MIRAIS 1期生

    マガジン

    • #両立チーム育児

      子育て世帯の両立・共育支援サポートをしているエスキッチンと立ち上げたプロジェクト #両立チーム育児 でのチャレンジやその過程を記録します。 働き続けたいママたちが、世の中に新しい価値観を届けていくムーブメント!

    • パラレルキャリアのあれこれ

    • CONCEPT STORIES〔これまでのおしごと〕

      コンセプトストーリーは、個人や企業が持つ世の中に伝えたい想いやメッセージを、届けたいターゲットに響くように言葉を紡ぐブランディングサービスです。人、モノ、コト、場所・・・伝えたい想いが詰まっていれば、コンセプトストーリーはお作りできます。

    • 〔育休日記〕

      2歳と0歳の2人育児、大手企業でデザイン・企画ディレクター、パラレルキャリアでコンセプトストーリープランナー&オンラインコミュニティ運営をしているの毎日の行動と思考を記録。

    • 〔産休日記〕

      産休中の行動・思考ログ。 スタート3日目で切迫早産と診断され自宅安静生活でおうち時間の充実化を実験。 安静解除後はいつ産まれても悔いのないように1日1予定限定で人に会ったり、行きたかった場所に行ったり食べたかったものを食べて、会社員がお休みなのをいいことにパラレルキャリアに没頭する自由気ままなフリーランスごっこ実践中。4/10が出産予定日→4/2に出産!

    最近の記事

    「自分はどうありたいか?」に立ち戻る場所 ー両立チーム育児ラボ2期生との1年間を振り返ってー

    子育てに第三者の手や、外部サービス、テクノロジー等を巻き込んでいく「チーム育児」という概念を世の中に広めるべく「両立チーム育児ラボ」というコミュニティを発足して早2年が経ちました。 0期プロトタイププロジェクトでは、当時第二子育休中だった私自らチーム育児を実践し、トライ&エラーでわが家に合ったチーム構築を行いました。そこから1年半、1期、2期と全員の顔が見える少人数制でコミュニティ運営を行い、それぞれの家族の形や、価値観、働き方に合った「チーム」をどうしたら作れるか?を考え

      • 何もできない中で、何をするか?

        2020年が今日で終わる。 世の中的にはコロナに飲み込まれ、外出自粛が続き、楽しい旅行やイベントも軒並み中止・・・2020年は何もできなかった、あっという間だったという声が多いが、2020年もちゃんと12ヶ月あって、1日24時間は変わらないわけで、しっかり振り返ってみることで自分の歩いてきた道を再確認できると思う。というわけで毎年恒例、大晦日の駆け込み振り返りnoteを書いてみる! 2018年は「動」、2019年は「築」をMY今年の漢字として挙げていたけど、2020年は「

        • キャリアチェンジから半年、自分の思考の定点観測。

          31歳の決意表明noteを書いてから、早5ヶ月。 社内転職でキャリアチェンジをしてから、半年が経ちました。 ただただがむしゃらに、模索しながら走り抜けた半年間を、一度立ち止まって振り返ってみたいと思います。 ワクワク感90%、不安10%のスタート自分で希望して挑戦したキャリアチェンジ、今の会社の中でやってみたかった新規事業部門への異動ということもあり、スタートはワクワク感に溢れていました。異動と同時にコロナが本格化して、フルリモートに移行したので若干の不安はあったものの、

          • 31歳、新しいキャリアの1年生。

            先日31歳の誕生日を迎えました。 29歳→30歳は気持ち的に大きなジャンプでしたが、30歳→31歳はただただ「ああ、一つ歳を重ねたな」という感じ。 3月中旬くらいからコロナの影響で外出自粛が始まり、「誕生日くらいまでには落ち着いてて旅行とか行けるかな~」と思っていたら全然行けず、いつも通りの、ステイホームな1日。 30歳での決断私は24歳で結婚、26歳と28歳で出産をしているので、いわゆる「20代はがむしゃらに働いていっぱい遊んだから、30代はしっかり地に足つけて頑張ろう

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • #両立チーム育児
            はまもとはるな
          • パラレルキャリアのあれこれ
            はまもとはるな
          • CONCEPT STORIES〔これまでのおしごと〕
            はまもとはるな
          • 〔育休日記〕
            はまもとはるな
          • 〔産休日記〕
            はまもとはるな
          • 育休インターン日記
            はまもとはるな

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            コロナ禍で大変なこと、以上に得られたこともある

            コロナウィルス感染拡大による緊急事態宣言期間中、会社は原則出社禁止になり、保育園は軒並み休園、子育て共働き世帯は自宅保育をしながら在宅勤務という窮地に立たされている。 わが家は4歳女子と2歳男子を育てるフルタイムワーキングペアレンツである。 3月頭から夫が完全在宅勤務になり、私はアポや打ち合わせのある日だけ出社。ずっと家にいる夫が家事育児をすべてやってくれて、専業主婦に支えられているお父さんたちの気持ちが分かった。 私もテレワークの日は夫婦でダイニングテーブルで向き合い仕

            #両立チーム育児 で未来の子育て、パートナーシップ、働き方を変える

            子育てする親が知らず知らずのうちに心の中に持ってしまっている「こうするべき」「こうあるべき」という固定概念を崩し、第三者を巻き込んだりテクノロジーやサービスを上手く使ってチームで育児をする、という概念を世の中に広める実践型コミュニティとして2019年1月に「両立チーム育児ラボ」は発足しました。 私は、自身も仕事と育児の両立を目指すいちワーキングマザーとして、そして日本の子育てにおける固定概念を崩したいという裏ミッションに共感して、両立チーム育児ラボのコミュニティマネージャー

            自分の生きたい世界を生きているか?

            2018年の「MY今年の漢字」は「動」だった。 とにかく行動した1年だった。 2019年の漢字として浮かび上がったのは「築(きずく)」だった。 会社の中と外が交わり、色んなご縁につながり、新しい自分らしい働き方・生き方が築かれた1年だった。 1月 新たなパラレルキャリアのスタートエスキッチンを運営するエスキャリア・ライフエージェンシー代表の城さんにお声がけ頂いて、チーム育児に実践的に取り組み世の中に広めていくコミュニティの立ち上げをパラレルキャリアでお手伝いすることに。私

            2019年のtodoリスト振り返り

            気付けば年の瀬、2019年も残すところあと10日! 今年の始めに勢いで作った「2019年のtodoリスト」を振り返ってみたら、結構達成できていたので、来年も絶対やろうと思う。 やっぱり「文字」にしておくの大事。自分の中から一旦出すことで、きっと潜在意識に記録されて普段の思考や判断の中で何かしらの影響を与えているのだと思う。 100書こうとしたが、結局51しか書けなかった。 更新すると言いつつ、そのまま1年が過ぎた。まあ年始に立てる目標なんてそんなもんですよね(笑) 1.

            フルタイム会社員+ベンチャー複業+パラレルキャリア+2児の母の24時間

            「はるなちゃんの24時間ってどうなってるの?」とよく聞かれます。 「いつ寝てるの?!」ともよく聞かれますが、毎日8-9時間寝ています。(寝すぎです) なぜそのような質問をされるのか、改めて私がやっていることをご紹介。 ①大手企業でフルタイム会社員(週5勤務9:00-18:00フレックス) ②両立支援サービスを運営しているベンチャー企業エスキャリア・ライフエージェンシーが主宰する「両立チーム育児ラボ」のコミュニティマネージャー(オンラインコミュニティ運営/たまにオフイベント

            【イベントレポ】仕組みと家族の力で実現する 子どもの「自分でできた!」を増やす空間づくり

            仕事をしながら家事と育児、毎日忙しく過ごしている働くママたちにとって「家をきれいに保つ」「子どもが自発的にお片付けをするように育てる」ことはやりたくとも、どうしても後回しになってしまうこと。 でもやっぱり理想は、整理整頓されたきれいな家で心地よく暮らしたい! 子どもにも「片付け」を教えて、自分のことは自分でできるようになってほしい! そんな想いを持ったママたちが集い、ライフオーガナイザーの黒井せいこさんをお呼びして、仕組みと家族の力で実現する、子どもの「自分でできた!」を増や

            復職して1ヶ月の今を残す

            4月末に職場復帰して、GW10連休を除いて1ヶ月ちょっとが過ぎました。 まだ1ヶ月、されど1ヶ月。 この1ヶ月間は良くも悪くも、一番色んな感情が動いた期間でした。 やりたいことをやり尽くした超充実育休から1年2ヶ月ぶりの会社員復帰、きっと色んなギャップやハードルがあるだろうなあと予測はしていたものの、育休中に得たものを本業に持ち帰って活かしたいという気持ちも大きかったので復職に対するモチベーションは高かったです。 でもやっぱり復職すると生活のメインが会社になり、圧倒的に自分

            育休振り返り記【後編:2018/10-2019/4】

            引きこもりがちだった産休を経て、産後パワーが爆発・・・ますます加速する私の育休後編について振り返ります! 前編はこちら▼ 加速するご縁の連鎖振り返ると本当に「ご縁」に恵まれた育休だったなと思います。すべては偶然だったり、意図したわけではない出会いだったりするのですが、今となってはすべてが必然的に感じます。 クランボルツ教授の「計画的偶発性理論(Unplanned Happenstance)」が好きなのですが、まさに育休はその積み重ねでした。すべては偶然であり、予測できな

            育休振り返り記【前編:2018/2-2018/9】

            いよいよ来週から仕事復帰です。 昨年の2月頭に意気揚々と産休に突入してから1年と2ヶ月、本当に色んなことがありました。人生レベルで見ても最も濃い1年間だったと言っても過言ではありません。 1人の人間を世に産み出した、とともに私自身も一度生まれ変わったのかもしれません。それくらい大きな心境、価値観の変化があり、人生の転機と言えるような出会いや経験があり、今とても未来にワクワクしています。 そんな私の1年2ヶ月を振り返って、ここに書き残すことで、これから育休に入る人、いつか子

            自分らしく働く・生きる指針となる私のセルフラベル

            育休中の活動として取り組んできた「セルフラベルワークショップ」の企画運営を経て、自分のラベルとも何度も向き合ってきました。 ▼セルフラベルワークショップの振り返りnoteはこちら 自分の好きなこと、得意なことを活かして人や企業、世の中の役に立てることってなんだろう? 私ができること、やりたいことを一言で表すとなんだろう? 誰かから仕事したい、この人にお願いしたいと思われるような価値を感じてもらえるラベルってなんだろう? 自分が発信したいことが、必ずしも他者から求めら

            セルフラベルで描く自分だけの未来図

            自分の興味の赴くままに爆走してきた育休期間。 その中でも本当にやってよかったと思えるプロジェクトの1つが「セルフラベルワークショップ」です。 昨年9月に発足した育休コミュニティMIRAISのメンバー間で、「転職の思考法」という書籍を読んで「自分のラベルを持つことの大切さ」が話題になりました。 セルフブランディングや自己プロデュースという言葉が流行り、パラレルキャリアや複業という働き方が話題の中で、人生100年時代に備えて自分が他者に対して提供できる価値を「ラベル」として持っ

            【イベントレポ】両立チーム育児ラボ中間報告会

            年明けにオンラインで発足して、2月頭にキックオフをした「両立チーム育児プロジェクト」は、9人の育休中のママたちが自分たちの価値観や固定概念を超えて、育児に第三者の関わりを持つ「チーム育児」に挑戦する取り組みです。 ▼キックオフイベントの様子はこちら そして「両立チーム育児プロジェクト」はこれから半年単位で育休中のママたちを巻き込み、価値観を変えるチャレンジを継続するコミュニティへと進化していくために、立上人であるエスキッチンの城さんの指揮のもと「両立チーム育児ラボ」に改名