優しさで傷を愛せるか
見出し画像

優しさで傷を愛せるか

こもれび文庫

本当はずっと優しい人になりたかった。優しい人でありたかった。
優しさとは脆弱ものだと知っていながらも、私はただ優しい人でいたかったのだ。

記憶の片隅に過去がチラつく。

小さな頃、殴られて蹴られて、何度も家族に虐げられてきた記憶も、いじめられた記憶も、全てがもう過去なのだ。過去は変えられない。変えられるのは未来だけ。

そんなことわかっていようと、辛い気持ちは変わらずに残る。それにどう折り合いをつけていくのかを考え続ける日々である。そうして、優しさを求めた。

赦すことは優しさなのだろうか。
忘れることは、前を向いて振り返らないことは、優しさなのだろうか。私には分からない。それが優しさなら、私は優しくはなれない。
だけど、たくさんの優しさに触れながら、優しくありたいと思った。たとえそれが取って付けたような偽物でも、それでよかった。

優しいということは強いことだと思う。強さは自分を守ってくれる。そう、だから私は優しくなりたかったんだ。

精神科閉鎖病棟のベッドの上、中学の保健室の椅子の上、高校の相談室のソファの上。

私の居場所はいつも「普通」とはかけ離れていた。それでも、確かにそこは私にとっての安全基地だったと思う。

人間が愛着を形成し探索行動をするには、安全基地が必要だそうだ。時には傷ついたり、発見したり、色々なことを感じながら、確かにある居場所に安心し、人は前へ進んでいく。

私は不変の愛を受け取ることはできない。
その場その場で、数年で終わる場所で、愛を育んで、育まれている。家族に愛は望めない。もうとっくに期待なんてしなくなった。

退院や卒業というタイミングで失われるそんな居場所に、何度も涙した。けれど、今はそれでいいんだと、そう思う。他の人に比べて、たくさんの帰る場所が、私にはあるんだから。あたたかい優しさに触れては、私は前へ進んでいく。

自分を愛するのは、辛い。それはトラウマ経験のある人に共通した意識だろう。自分自身を加害者だと思っている面と、被害者だと思っている面があるから、自分を愛することで自分を”赦した”気がしてしまうのだ。

自罰し続けなければいけないと洗脳された人に、自分を赦して、そして愛してあげようと言ってもそれは難しい。そもそも自分を愛した経験なんてないし、基本的には自分自身を責め続けているからだ。

しかし、だからこそ、自責の部分は変わらないとしても、被害者の立場を降りるためには、加害者と被害者の関係を明らかにしなければいけない。被害者の立場から降りるために、私は優しくなりたい。赦して楽になるために、私は優しくなりたい。

私はずっと、優しい人になりたかった。

                   text/琥珀

-----------------------------------------------
こもれび文庫では皆さんからの投稿もお待ちしております。掲載する際にはこちらからご連絡いたします。

*投稿先
こもリズム研究会
メール comolism@gmail.com

ご購入はこちらから
https://forms.gle/kZb5jX4MrnytiMev5

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
こもれび文庫
いじめ・虐待・引きこもりを考えるソーシャルワーカー&当事者・学生の集まりです!お問い合わせ:comolism@gmail.com