目

観る力を最大限に活用した目の描き方。

こんばんは、こまさんです。

今回は題名にもある通り
観る力を最大限に活用して
目の描き方を紹介したいなと思います。

観る力に関しては
記事で何度も触れている

・理解
・分解
・再構築

これらを使用することによって
物体をよりしっかりと
読み取ることが出来ると説明しましたね。

では実際にこの3つを使用して
目の実際に描く手順を見ていきましょう。



1、理解

目の描き方

ここでまず観て欲しいものは
目の構造に関してです。

2次元の絵(アニメ絵)というのは
現実世界に存在するものを
簡略化したものです。

まずは簡略化されたものではなく
実際のリアルな目を見て、理解しましょう。

これは目の描き方だけに限らず
全てのものに当てはまりますので

しっかりとリアルに存在するものから
構造をしっかりと
捉えるように意識することです。



2、分解

目の描き方2

次に目のパーツを
それぞれ分解していきます。

この段階で重要なことは
私達が普段「これは目だ。」と
認識するためには

最低どのパーツを組み合わせないと
いけないのかを考えます。


およそ
目のわくと瞳さえあれば
目だと認識できますが

最低でも

・上まぶた
・目のわく
・瞳
・上まつげ
・下まつげ

この5つは取り入れた方が
より目だと相手に認識して
見てもらえると思います。


3、再構築

目の描き方3

ここでは分解したパーツを
1つに組み合わせる工程になります。

先ほどのお伝えしましたが
アニメ絵はリアルに存在するものを
簡略化されたものです。

なので瞳の中であったり
まつ毛の量であったり

必要な情報が少なくなっていることが
分かると思います。

そして再構築の段階では

例えば瞳の大きさを
アーモンド型にしたり
逆に真円に近くしたり

まつ毛の太さを
細くしたり太くしたり

自分好みにアレンジを加える
ことが可能となります。

これが「オリジナリティ」です。

ただアレンジを加える際に
気をつけなければならないことが
あります。

それは2「分解」の時のパーツから
かけ離れないようにすること。

目で言うならば

・上まぶた
・目のわく
・瞳
・上まつげ
・下まつげ

この5つのパーツが
少なくなればなるほど
目として認識されにくくなる。

逆に5つのパーツの中に
全く違うものが入ってくるとまずいです。
かなり大げさに言うと
瞳の中から指が生えているとか・・笑

化け物設定なら
まだ分からなくもないですが

普通の人間設定で目を描くなら
この5つのパーツからかけ離れないように
気をつけましょう。

リアルな人間から目が生えてくることは
ないのですから笑


いかがでしたでしょうか?
今回は目の描き方を紹介しましたが

これはどの物であっても
理解・分解・再構築の工程を
使用することが出来ます。

なので物を観るときに
この3つの工程を意識して観ると
より物の捉え方が変わり
絵が描きやすくなります。

あなたもぜひ
やってみてください♪

では今回も
最後まで読んで下さり
ありがとうございました( ´∀`)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
9
フリーイラストレーターが、本気で絵が上手くなりたい方向けに、マインド〜基礎的な技法までを取り入れた「究極のイラスト上達法」を伝授します!!(不定期で更新)少しでも”画力UPしたい方”の役に立てたら嬉しいです。アナログメイン/東京在住/27才女性
コメント (1)
凄く、分かりやすい説明です(*^^*)参考にさせて頂きますσ(*´∀`*)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。