colophon folk art

西アフリカで見つけた、ビンテージのアクセサリー・布・民具・など。それらはどこで、どのような環境で、どのように作られ大切に使われてきたのか?「アフリカのストーリーや背景も楽しむ」がコンセプトの、コロフォンフォークアートです。オフィススタジオは浅草、店主の丸山有紀子です。

異文化の価値観 西アフリカの宝貝

このブログを書いたきっかけは、アフリカの物に限らず、元々は宝貝が付いていた民具や装飾品の貝をわざわざ取りはずして、伝統的なものとして紹介する事に少し疑問があった…

Mixed Africa 展

アフリカをキーワードに集まった、クリエーターとディーラーの展示販売会 4月に延期になっていた、合同展示会販売会を下記の日程で開催いたします。 今回は会場に来られな…

かつてサハラ砂漠に人が住んでいた頃の、石の装身具

サハラ砂漠、かつては緑にあふれ、人も動物も住んでいた。 今から約1万年程前には、アフリカ全域にわたって私たちの直接の祖先である新人類が活躍し、後期石文化がみられ…

ピカソ訪問の伝説を語る、コートジボワール セヌフォの人々

1年前の5月のAFP記事にセヌフォの絵布で有名な村の記事がありました。 この絵布はセヌフォ(Senufo)の人々が仮面をつけた人物や動物を手紬手織りの木綿描いた布です。ア…