colophon folk art

西アフリカで見つけた、ビンテージのアクセサリー・布・民具・など。それらはどこで、どのような環境で、どのように作られ大切に使われてきたのか?「アフリカのストーリーや背景も楽しむ」がコンセプトの、コロフォンフォークアートです。オフィススタジオは浅草、店主の丸山有紀子です。

異文化の価値観 西アフリカの宝貝

このブログを書いたきっかけは、アフリカの物に限らず、元々は宝貝が付いていた民具や装飾品の貝をわざわざ取りはずして、伝統的なものとして紹介する事に少し疑問があった…

Mixed Africa 展

アフリカをキーワードに集まった、クリエーターとディーラーの展示販売会 4月に延期になっていた、合同展示会販売会を下記の日程で開催いたします。 今回は会場に来られな…

  • ヌぺ ビーズネックレス

    ヌぺ ビーズネックレス

    ナイジェリア ヌぺ ビンテージ ビーズネックレス 素材:ビーズ・貝・真鍮 サイズ約: ネックレス 70cm トップ:12cm 原産国:ナイジェリア 送料:国内送料無料 ナイジェリア南西に住むヌぺのもので、近隣のヨルバと近い民族といわれます。 ヌぺはヨルバより人口も少なく影に隠れがちですが、鍛冶鉄・布・ビーズワーク・木彫などを他民族からも請け負うなど職人が多い民族といわれます。 こちらのネックレスはヌぺの中のどのような人たちが身に着けるものかはっきりわからないのですが、フリンジのようなトップの先にコインや子安貝を着ける伝統的なデザインです。 ビーズと貝には何かかけたようなパティーナがあります。 小粒のビーズはトレードビーズ、レンガ色の細長いビーズはアフリか再生ビーズだと思います。 ▼実物をご覧になりたい場合は、事前のご連絡頂ければ東京(浅草)の事務所でご覧いただけます。下記のホームページのCONTACTより、お問い合わせ下さ東北い。 http://colophon.jp/contact/
    8,500円
    colophon folk art
  • ヌぺ チェーンネックレス

    ヌぺ チェーンネックレス

    ナイジェリア ヌぺ ビンテージチェーンネックレス 素材:鉄・ビーズ・貝・ サイズ約: ネックレス 90cm トップ:12cm 原産国:ナイジェリア 送料:国内送料無料 ナイジェリア南西に住むヌぺのもので、近隣のヨルバと近い民族といわれます。 ヌぺはヨルバより人口も少なく影に隠れがちですが、鍛冶鉄・布・ビーズワーク・木彫などを他民族からも請け負うなど職人が多い民族といわれます。 こちらのネックレスはヌぺの中のどのような人たちが身に着けるものかはっきりわからないのですが、フリンジのようなトップの先にコインや子安貝を着ける伝統的なデザインです。 こちらのコインは、植民地時代にBritish West Africa(イギリス領西アフリカ)で発行されたダビデの星が鋳造され、ナイジェリア独立(1960)まで使われた、穴の開いたコインが付いています。コインと貝には何かかけたようなパティーナがあります。 また、チェーンは鉄の手巻きでかなり凝った作りです。 ナイジェリア~コートジボワールのギニア湾岸の国では、民族ごとに繊細で伝統的な仕事をする鍛冶鉄の職人集団がいます。 ▼実物をご覧になりたい場合は、事前のご連絡頂ければ東京(浅草)の事務所でご覧いただけます。下記のホームページのCONTACTより、お問い合わせ下さ東北い。 http://colophon.jp/contact/
    10,000円
    colophon folk art
  • ランバ(ロッソ) 木像

    ランバ(ロッソ) 木像

    トーゴ ランバ(ロッソ)木像 素材:木 サイズ:約 W 6cm H22 cm D 6cm 原産国:トーゴ 送料:国内無料 ランバとロッソの人々は西アフリカ、トーゴの北部に住んでいます。 この地域では、ヴードゥー教の木彫の人形を数多く作ってきており、その用途は3つあるといわれます。 1つは、「アルア」という森の精霊を意味するもので、祭壇に置かれ、病や災いから人々を守るとされます。 2つめ、猟で殺した動物の鎮魂のため、祭壇に供えられたといいます。 3つめは、子供がなくなった時に人形を作り、それを供養したといわれます。 シンプルで力強くおおらかにデフォルメされた人形は、モバなどの近隣の民族とはまた違った人形です。また、なんともいえない表情も魅力的です。 ▼実物をご覧になりたい場合は、事前のご連絡頂ければ東京(浅草)の事務所でご覧いただけます。下記のホームページのCONTACTより、お問い合わせ下さ東北い。 http://colophon.jp/contact/
    20,000円
    colophon folk art
  • ムムイエ 鉄の鳥

    ムムイエ 鉄の鳥

    ナイジェリア北東(やカメルーン)のムムイエの鉄鳥 サイズ:W:15cm  H:11cm D:3cm 素材:鉄 原産国:ナイジェリア 送料:国内無料 ムムイエはナイジェリアの東北からカメルーンに住む民族で、鉄の貨幣や、耳の大きい,木像で有名です。特に鉄の象徴貨幣は種類も多く、そのモダンな造形が特徴的です。近隣の民族にママやチャンバなどがいます。 こちらはそのムムイエの鳥の人形です。ムムイエの鉄の人形は珍しいです。 アミニズムの信仰が強い地域で、そのようなものかもしれませんがはっきりした用途はわかりません。ロビやセヌフォなどの鉄の造形とはまた違い、貨幣を思い起こさせる抽象的な造形が美しいです。 表面の錆は重厚感と厚みがあり、すっきりとした鳥の形とのコントラストが良い感じです。 ▼実物をご覧になりたい場合は、事前のご連絡頂ければ東京(浅草)の事務所でご覧いただけます。下記のホームページのCONTACTより、お問い合わせ下さい。 http://colophon.jp/contact/
    16,000円
    colophon folk art
  • チャンバ 貨幣

    チャンバ 貨幣

    ナイジェリア北東(やカメルーン) チャンバ 貨幣 サイズ:38cm ×25cm 厚さ2mm 素材:鉄 原産国:ナイジェリア 送料:国内無料 西・中央アフリカで使われていた鉄の貨幣で、地域・民族ごとに色々な形があります。 普段使うお金というよりは、土地などの大きな取引、出生・成人・結婚・死亡など、人生の節目の資産の譲渡を示すために使われたようです。 (特に多かった使われ方は、結婚時に男性の家から花嫁の家に(娘を失う代わりとして)渡されることが多かったよう。) このエリアはナイジェリア・チャド・カメルーンが近い内陸で、いつから使われていたかはわからないのですが、アフリカ各国が独立する前くらい(1950年代くらい)までは、実生活で機能していた例もあるようです。 ぐいんと曲がった矢印っぽいですが、このエリアも蛇モチーフの貨幣もおおいので、蛇だと思います。 厚みがなく、そこまで重くないので、壁にも飾れそうです。 ▼実物をご覧になりたい場合は、事前のご連絡頂ければ東京(浅草)の事務所でご覧いただけます。下記のホームページのCONTACTより、お問い合わせ下さい。 http://colophon.jp/contact/
    24,000円
    colophon folk art

かつてサハラ砂漠に人が住んでいた頃の、石の装身具

サハラ砂漠、かつては緑にあふれ、人も動物も住んでいた。 今から約1万年程前には、アフリカ全域にわたって私たちの直接の祖先である新人類が活躍し、後期石文化がみられ…

ピカソ訪問の伝説を語る、コートジボワール セヌフォの人々

1年前の5月のAFP記事にセヌフォの絵布で有名な村の記事がありました。 この絵布はセヌフォ(Senufo)の人々が仮面をつけた人物や動物を手紬手織りの木綿描いた布です。ア…