colophon folk art

西アフリカで見つけた、ビンテージのアクセサリー・布・民具・など。それらはどこで、どのような環境で、どのように作られ大切に使われてきたのか?「アフリカのストーリーや背景も楽しむ」がコンセプトの、コロフォンフォークアートです。オフィススタジオは浅草、店主の丸山有紀子です。
  • 商品の画像

    バウレ 占い師のネックレス  3本セット

    コートジボワール バウレ 占い師ネネックレス3本セット こちらはコートジボワールバウレのブロロ信仰の占い師のビンテージのネックレスです。 バウレの精神世界では、それぞれの人の中に現実世界の裏側に目にはみえない理想のパラレルワールドが存在すると考えられています。その世界では誰しも生まれながらに現世とは別の理想のパートナーを持つといわれ、そのパートナーを表す人形を多く作ってきました。 このようなブロロ人形は個人用に作られ、現実のパートナーとの関係が上手くいかなかったり、何か問題や心配事が生まれた時に、占い師に相談し作製を依頼し、それを祈祷して命を吹き込んでもらいました。 そしてそれらの人形は所有者の部屋に置かれ、卵を供えられます。(地域によって違いあり) こちらの3本のネックレスは、その人形の祈祷の時に占い師が身に着けたネックレスです。 白いビーズはブロロの精霊にお供えする卵を表すといわれます。 一つは駒(筒型柱)、船型、一つは椅子型、どれも艶のある良い木味です。 長さが其々違うネックレスで、3本一緒に着けると丁度良いグラディエーターの長さになっています。 こちらはとても珍しいもので、これ自体を知っている人は少ないと思いますが、それを知らなくてもかっこよくスタイリングできそうなネックレスだと思います。 ※ビンテージの装身具ですので、括る糸やビーズの結び目の綿糸が少し飛び出ていたり、人形のペイントに汚れや。補修の後などはあります。また、強く引っ張ったりすると糸が切れる恐れがありますので着用中はご注意ください。 素材:木・ガラスビーズ・綿糸 原産国:コートジボワール サイズ重さ: ①駒(筒型柱) L56cm 幅0.3cm 駒サイズ約 直径2.2cm H 6.5cm 重さ:29g ②舟 L69cm 幅0.5cm 小舟サイズ約 W5cm H 0.8cm D1.1cm 重さ:12.5g ③椅子 L93cm 幅0.7cm ミニ椅子サイズ約 W4cm H 1.6cm D 1.6cm 重さ:28g ▼実物をご覧になりたい場合は、事前のご連絡頂ければ東京(浅草)の事務所でご覧いただけます。下記のホームページのCONTACTより、お問い合わせ下さ東北い。 http://colophon.jp/contact/
    50円
    colophon folk art
  • 商品の画像

    トゥアレグ シルバーブローチ

    ニジェール トゥアレグ ビンテージブローチ ニジェールで作られたトゥアレグのシルバーブローチで、工芸的に作られたもののビンテージになります。 トゥアレグのティチャロットと呼ばれてる薄い箱型の護符をモチーフにしたブローチです。 少しふっくらとした厚みがあり、少し重さがありますので、中には何かが詰めてある感じがします。 ピンを横に着けると、ブローチはダイヤ◇に、ピンを斜めに付けると四角□のブローチとして着用できます。 少し反った四角のトゥアレグの独特なシャープフォルムに、東西南北四方や四点を強調する装飾パターン、ブローチの端の砂紋を表す彫刻など、伝統的なモチーフが施されています。 最近のトゥアレグの工芸は、外国の感性が強く盛り込まれたもの多いですが、こちらはトゥアレグの職人(イナダン)の伝統的な金属加工技術と、トゥアレグ自身の美意識を凝縮したような美しいブローチです。 ※銀製ですので、全体的に燻した箇所があり、磨けば更に輝くと思いますが、程よく残してあります。 ※手仕事・ビンテージのものですので、キズなどがございますが、ご理解をお願いいたします。 ※液体ポリッシュで磨くとその後の酸化が早くなりますので、布でのポリッシュをお勧めします。 素材:シルバ サイズと重さ 約: ① 4.8cm×4.8cm 厚み0.7cm(ピンも含むと1.5cm ) 11g ② 4.8cm×4.8cm 厚み0.7cm(ピンも含むと1.5cm ) 10g ③ 4.8cm×4.8cm 厚み0.7cm(ピンも含むと1.5cm ) 10g 原産国:ニジェール ▼実物をご覧になりたい場合は、事前のご連絡頂ければ東京(浅草)の事務所でご覧いただけます。下記のホームページのCONTACTより、お問い合わせ下さい。 http://colophon.jp/contact/
    18,000円
    colophon folk art
  • 商品の画像

    ベルベル スーフィーケース

    モロッコ ベルベル スーフィーケース 北アフリカベルベルの古いタイプのスーフィーケースです。 スーフィーは、9世紀に起こったイスラム教の神秘主義哲学の一つで、13~15世紀にかけて特に発展し、中東全域のほか、北アフリカ、インド、中央アジアまで広がったといわれます。 こちらのケースは、スーフィイズムの中で人気の”Dalail al Khayrat”のミニ経典を入れる箱です。 地金は合金で、表は照りのある真鍮や銅色で、内側は鈍い金属の質感で少し錆があります。 装飾はターコイズ(おそらく練り)とサンゴが十字に施され、首や肩に吊るして携帯できるように両サイドに装飾がある伝統的な作りです。 このケースは表にターコイズとサンゴを囲む様に骨が埋め込まれているのが特徴的で、骨はとても丁寧に磨かれていた様でとても艶々しています。 大きさは手のひらくらいの伝統的なサイズで、箱はしっかりした金属で出来ており比較的重さがあります。 金属の文様は素朴でプリミティブな雰囲気で、全体的に摩耗があります。 表側の金属部や角の装の艶や輝きが印象的で、よく磨かれ大切に所持されていたことがわかる美しい祈りのケースです。 サイズ 約: W12cm ×H10.5cm×D2.5cm (箱のみサイズ 7cm× 9.5cm ×2.5cm) 重さ:約278g 素材:真鍮合金 骨 珊瑚 石 原産国:モロッコ ※スーフィーイズム sufism イスラム教の中の一派で、9世紀に起こったイスラム教の神秘主義哲学の一つ。 スーフィーは13~15世紀にかけて特に発展し、中東全域のほか、北アフリカ、インド、中央アジア、イスラム支配下のスペインなど、イスラーム世界の各地に諸派が生まれました。 wekipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%BA%E3%83%A0 ▼実物をご覧になりたい場合は、事前のご連絡頂ければ東京(浅草)の事務所でご覧いただけます。下記のホームページのCONTACTより、お問い合わせ下さい。 http://colophon.jp/contact/
    48,000円
    colophon folk art
  • 商品の画像

    トゥアレグ レザー護符 ネックレス

    マリ・ニジェールの遊牧系トゥアレグの革のお守りのネックレスです。 この革のペンダントは、西アフリカの様々な民族の間で、願掛けや魔除けとして身に着けられるグリグリと呼ばれるお守りの一つで、コーランの一説を革の中に閉じ込めたり、ハーブのような薬草をいれたりします。トゥアレグはイスラムの宗教指導者によって作成されたコーランを中に閉じ込めます。 こちらのネックレスはその革のお守りに、石や貝、真鍮や銅など様々な古い素材を組み合わせました。トゥアレグの伝統的な考え方では、色々な素材を組み合わせる事でお守りの効力が上がるといわれます。 通貨として使われていた古い子安貝や髪の毛のオーナメントだったイモ貝、紀元前のサハラ水晶ビーズ、アシャンティのオールドビーズ、中世瑪瑙、グリグリについていた古い金属リング、ヨルバの足鈴など、西アフリカの様々なオーナメントを組み合わせています。 紐は蝋引き紐を三つ編みにしており、紐で縛る仕様です。(トゥアレグの女性の伝統的な髪型は三つ編みをアレンジします) お手持ちのオーナメントをプラスするなど、アレンジ自由に身に着けて頂けるネックレスです。 ※蝋引き紐は手で触っていると、体温で多少ロウのべたつきが出てきます。 サイズ約:ペンダントW4cm×H6cm 厚み0.5㎝, 紐ネックレス 90cm  重さ約:16g 素材:革 金属 貝 石 蝋引き紐 素材原産国:ニジェール・モーリタニア・ナイジェリア・ガーナ ▼実物をご覧になりたい場合は、事前のご連絡頂ければ東京(浅草)の事務所でご覧いただけます。下記のホームページのCONTACTより、気兼ねなくお問い合わせ下さい。 http://colophon.jp/contact/
    50円
    colophon folk art
  • 商品の画像

    トゥアレグ 護符 ティチャロット ネックレス

    トゥアレグのティチャロットをペンダントに仕立てたネックレスです。 ティチャロットはイスラム教を取りいれたトゥアレグの箱型のお守りで、コーランの一説を箱の中にいれ、お守りとして携帯します。 ペンダントは銅と合金の複合金属で出来ており、トゥアレグの信仰では様々な地金を組み合わせる事でより護符の効力が上がると信じられています。 表は合金で少し緑青が出ていおり、裏は鉄に近い金属でサブた感じ、バチカンの部分は銅で出来ています。 金属のペンダントは既に中が外されているものも多いですが、こちらは中身も入っています。 こちらは小さめのタイプで、抽象的でプリミティブな初期のトゥアレグイスラミックなデザイン、温かい雰囲気の珍しいペンダントです。 ネックレスは、ヌメの牛紐にエチオピアのビンテージ手巻き銅ビーズを合わせました。ペンダントのバチカンとネックレスの銅の質感を合わせています。 ネックレスの端はナイジェリアのオールドブロンズビーズのを使用、こちらのパーツも昔の一つ一つ金属質感が違うものなのですが、銅が多めの質感が合うものを選んで使用しています。 どの金属パーツも一点もので、それぞれの経年変化が異なるのですが、銅をメインに合う質感の素材を厳選して組み合わせています。 ※ネックレスは首元で結ぶ仕様です。 ※ペンダント位置は固定されています。 サイズ約:ペンダント W3cm H4cm 厚み0.4cm, ネックレス110 約cm 重さ約:24g 素材:合金・銅・牛革  素材原産国:ニジェール・ナイジェリア・エチオピア・革ひも日本 ▼実物をご覧になりたい場合は、事前のご連絡頂ければ東京(浅草)の事務所でご覧いただけます。下記のホームページのCONTACTより、気兼ねなくお問い合わせ下さい。 http://colophon.jp/contact/
    50円
    colophon folk art

アフリカのヘアスタイルと床屋の看板

アフリカの長く豊かなヘアスタイルの歴史 アフリカの髪型のルーツは紀元前のエジプト時代にまで遡るといわれ、様々な民族によって何世紀にもわたり受け継がれたスタイルが…

colophon folk art
2か月前

ヘビの貨幣や装身具 ブルキナファソの民話より

アフリカの多くの国では、ヘビは人間にとって大きな脅威となってきました。 人々は藪の中や倒木の下に潜み森や草の中を見えないように這っているヘビに日々遭遇し、一瞬に…

colophon folk art
9か月前

異文化の価値観 西アフリカの宝貝

このブログを書いたきっかけは、アフリカの物に限らず、元々は宝貝が付いていた民具や装飾品の貝をわざわざ取りはずして、伝統的なものとして紹介する事に少し疑問があった…

かつてサハラ砂漠に人が住んでいた頃の、石の装身具

サハラ砂漠、かつては緑にあふれ、人も動物も住んでいた。 今から約1万年程前には、アフリカ全域にわたって私たちの直接の祖先である新人類が活躍し、後期石文化がみられ…

ピカソ訪問の伝説を語る、コートジボワール セヌフォの人々

1年前の5月のAFP記事にセヌフォの絵布で有名な村の記事がありました。 この絵布はセヌフォ(Senufo)の人々が仮面をつけた人物や動物を手紬手織りの木綿描いた布です。ア…