見出し画像

文科省の文書をやわらかく読む!「学びの保障」オンラインフォーラムVol.3

こんにちは、cokowillの秋元です。

今回の文科省の文書をやわらかく読む!シリーズは、6/12に開催された文部科学省の「学びの保障」オンラインフォーラムについて、前回と前々回に引き続き、やわらかく、グラフィックレコーディングもはさみつつお届けしたいと思います。

このやわらかく読む!シリーズは、コロナの影響もあって、先行きが不透明で手探りな状態の今だからこそ、学校・保護者・子どもが今までと違う形で”ともに創って行く新しい教育の未来”への大切な機会とも見ることができるかもしれない、そして、そんな大切な機会に踏み出す第一歩として、保護者が教育の現状や目指しているものをもっと気軽に知れたらいいなという想いがあり、文科省の文書等をやわらかくお届けしています。
▼前回記事はこちら
文科省の文書をやわらかく読む!「学びの保障」オンラインフォーラムVol.1
文科省の文書をやわらかく読む!「学びの保障」オンラインフォーラムVol.2

この「学びの保障」フォーラムでは、「学びの保障」総合対策パッケージについて、文科省から教育委員会や学校向けに事例とともにお伝えする、ということがメインで語られていますが、保護者視点からの疑問にも触れていました。
これからの学びの進む行き先を知ることができる機会ですので、読みやすくやわらかくお届けしたいと思います。複数回でお届け予定です!

<文科省の考えや支援について>
1)萩生田文部科学大臣 挨拶
2)新型コロナウイルス感染症に対応した子供たちの「学びの保障」に向けて
<事例紹介>
3)尼崎市の臨時休業期間における学びの保障に向けた取組~教育用PC環境10人に1台の自治体の挑戦~
4)大阪府箕面市全小中学校でのオンライン授業 ←今回のnote
5)京都府が目指す学びの保障 「WITHコロナ」の学びを力強く保障し、「AFTERコロナ」を見越した学びを諦めない ←今回のnote

今回も、グラフィックレコーディングで描いてみました!今回のVol.3の全体像としては、こんな感じです。

名称未設定のアートワーク (36)

今回グラレコしたパートは事例紹介3つのうち、2つ目の大阪府箕面市と3つ目の京都府の事例。

(前回より)
ところで、私たち保護者が、他の地域ではあるけれどこういう事例の一つ一つを知る意味ってどこにあるのかな?と考えてみました。
保護者にとって、教育委員会という名前はよく知ってはいるけど、実際には何を担っている組織なのか詳しくは知らないし正直あまり馴染みがない組織ですよね…。
コロナ禍の先が見えない中で、教育委員会は子どもたちの学びのために、試行錯誤したり、思い悩んだり、錯綜していたりしたんだなーということを垣間見ることができたらならば、教育委員会という存在自体がちょっぴり身近に感じられるかもしれないなぁと思いました。

箕面市のオンライン授業!

箕面市は倉田市長からの発表!
箕面市はICTの準備は早くから取り組んでいたとのことで、既に全小学校の4~6年生は一人一台タブレットが使える状況だったり、教室にも電子黒板があったりと、ICTの整備についてはかなり準備が着々とされていたようです。進んでいる市なのですね!

そのようなICT環境を背景に、臨時休校中の取り組みは素早く実施されつつも、家庭への配慮なども丁寧にされていたようです。

箕面市の取り組み~箕面市市長倉田さんから~

名称未設定のアートワーク (4)

①YouTubeでの動画配信
なんと565本の動画を配信・・・!すごい量ですね!
ただ、配信しただけでOKというわけではなく「一方通行ではなくて、双方向の授業をしていきたい」と準備を進めていたそうです。
そして、学校再開したものの今後は、「真夏での授業の身体的負荷を考慮して真夏はオンラインでやろう!」と考えていたり、不登校の子どもたちに向けてオンライン授業を届けたり病気で通学できない子どもたちの院内学級での活用可能性なども考えたいとのこと。

②家庭でのICT環境アンケート
家庭でのICT環境についてはアンケートをスピーディーに実施し、95%の家庭での環境が確保できていることがわかったとのこと。
前回の尼崎市でも同じ比率でしたね。

③モバイルルーター無償貸出
ICT環境整備が難しい家庭に向けて、モバイルルーターの無償貸出を実施しようと動く一方で、紙での宿題を出すなど、多角的に学びを保障する動きをしていたとのこと。

並行して・・・オンラインホームルームの実施も。
YouTubeでの動画配信などの動きをする一方で、オンラインホームルームも試していたとのこと。検証や慣れのために実施する意味があったとお話をされており、危機のトラブルなども対応しながら、実際の授業での実施の見通しを立てることができたとのことでした。

保護者からの感想
また、保護者からは「先生や友達に会えた!」というポジティブな感想から、「働いて家にいない中で、子どもの接続サポートができない」など課題も浮き彫りになり、今後の第二波第三波に備えての考えて行きたいとのことでした。

印象的だったこと・・・
ただ、ICTが配備されているだけで安心するのではなくて、ICTを活用して一歩先へとどんどん動いて行ったのが目に見えるような取り組み。また、今後も真夏の授業はオンラインで!など、子どもたちの心身の負担を考えたICT活用を既に計画されていることなども印象的でした!
確かに真夏の登校・・・しかも換気のために窓を開けたりするとクーラーって効くのかな???とか保護者としては子どもたちの体調面も気になったりもするので、既に素敵な見通しがあるのだなと思いました。

京都府の学びをあきらめない!~京都府教育長橋本さん~

京都府からは教育長の橋本さん!
京都の特徴として南北に長く、5つの地域にわかれてる中で感染状況も違っていたので、地域の実情にあわせてフレキシブルにが学校を再開していきましたというお話がありました。
そして、印象に残ったのが教育委員会の使命は、新学習指導要領にもある「豊かな学び」を今だからこそ、取り組んでいく!と冒頭にお話がありました。

名称未設定のアートワーク (38)

京都府教育委員会からの挑戦状

名称未設定のアートワーク (37)

京都府教育委員会では、臨時休校中の学びを「子どもたちが自ら学びに向かう」と「学校現場への支援」という観点から、京都府教育委員会からの挑戦状というサイトを立ち上げていたそうです!
私は今回初めて知りましたが、お題が「人に羽をはやすことができるのか?」というような面白い問いが用意されてあり、教科学習が普段の生活や将来へ繋がって行くことや、正解が一つではないことを楽しみながら学べるコンテンツが充実しているとのことです。
京都以外からもたくさん利用してもらえた!というお話がありました。面白うですね!

ICT環境整備と国からの予算

最後に、京都府の取り組みとしてICTの環境整備の重点ポイントと、国からの予算の使い方についてのお話もありました。

名称未設定のアートワーク (40)

様々な取り組みがあったので、一つ一つご紹介しませんが、私が保護者視点でおお!と思ったのは、2つありました。

1つ目は、図書館からの本のバトンが子どもたちに渡っていたこと。図書館も閉館せざるを得ない中で、学校を通して子どもたちに図書館の本が手元に届けるという取り組みがあったそうです。
図書館や図書室が心の安らぎの場所である子どもたちもいたり、休校中で習い事も休みになって時間があるときだから本を読むのもいいね!って思っている子など、いつもよりも読書に心が向く時間でもあったと思うので、素敵な取り組みだなと思いました。
2つ目は、子どもたちの心のケアに予算が割かれていたこと。スクールカウンセラーを学校に配置するなど、学校再開後に子どもたちがどう感じるか?というところに目を向けてくれていたことに安心を感じました。

印象的だったこと・・・
教育委員会が挑戦することは、学校現場の挑戦につながり、それが最終的に子どもたちの挑戦にもつながっていくことだ!と力強くお話をされていることがとても印象的でした!

さて、ここまで「学びの保障」オンラインフォーラムの2つめ、3つめの事例(箕面市、京都府)についてお届けし、オンラインフォーラムは完結となりました。いかがでしたでしょうか?
様々な自治体での取り組みや文科省が考えていることなど色々なことを知ることができたオンラインフォーラムでした。

冒頭に書いたように、”ともに創って行く新しい教育の未来”の第一歩として保護者が教育の現状や目指しているものをもっと気軽に知れたらいいなとそんな想いを持ちながら、また保護者視点を加えながらやわらかく読めるということを大切にしてお届けさせていただきました。さらに、詳しく知りたい場合はぜひおおもとの動画を見てくださいね!

オンラインフォーラムのお届けは一区切りですが、またこれからも文科省の文書をやわらかく読むシリーズをお届けしていきたいと思います!
これまでのシリーズは下記のマガジンでまとめてありますので、ぜひ読んでみてくださいね。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
cokowill

よろしければサポートをお願いします。いただいたサポートは学校や先生とともにさせていただく活動の費用として使わせていただきます。

ありがとうございます☺️
21