見出し画像

マネックスグループの株主優待で暗号資産ビットコインを進呈

ビットコインが日本でも「資産」という形で受け入れ態勢が整ってきました。

マネックスグループは、暗号資産が名称だけでなく「資産」として認知されてきているため、2019年度中間期の株主優待として暗号資産であるビットコインの進呈を決定すると発表したのです。

従来は、マネックス証券での取引で、対象期間に負担した全銘柄の現物株式の売買手数料(消費税等込)に対して、マネックスポイントを付与していました。

対象となる株主は、毎年9月30日および3月31日の基準日にマネックス証券の証券口座に100株以上預け入れて、1回以上取引をし、さらに暗号資産取引所コインチェックの口座を開設している株主に500円相当のビットコインが付与されます。なお、マネックス証券での取引は現物取引のみで、信用取引は対象外となっています。

保有している株式数に応じて優待の優遇が変わる通常の株主優待と違って、保有株式数に関係なく一律で贈呈し、2020年4月上旬から始める予定です。

コインチェックが抱える約170万の顧客は20〜30代の若年層が中心で、マネックス証券は40〜50代の中高年層が最も多く、相互送客にシナジーがあり、グループで顧客基盤の拡大が期待できるための動きと見られます。

今回、株主優待で暗号資産を進呈することは初めてではなく、SBIグループのモーニングスター株式会社が今年の8月に中間期の株主優待として暗号資産XRPを贈呈しています。

このニュースに関して伊藤独自の解説をしています。興味ある方はこちらをクリックしてください
参照元URL:https://coin-otaku.com/topic/category/news/46526

画像1

私は「暗号資産の市場自体をもっと拡げていきたい」という想いを持って、今までCOIN OTAKUという日本最大級の暗号資産メディアを運営してきました。

メディアだけでなくTwitterやフェイスブックでも情報を配信していくなかで、『伊藤さんからもっと近い距離で情報を掴みたい。』という要望を多数頂きました。

皆様に、これからのブロックチェーンの時代の変遷を近くでご覧いただければと思います。

まずは、コインオタク公式のLINE@をご登録ください

▼ ▼ ▼ ▼ ▼
http://line.me/ti/p/%40eae0487b
▲ ▲ ▲ ▲ ▲

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

暗号資産評論家 兼 暗号資産メディアCOIN OTAKU CEO 世界中の業界関係者の方との繋がりを大切にしています。 講演・取材依頼はこちらから ito@coin-otaku.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。