見出し画像

今年こそコーディング(HTML+CSS)を習得しようと思っているあなたにおすすめな書籍を厳選しました!

コーディングを教えていてよく聞かれる質問のひとつに「おすすめの書籍はありますか?」という質問があります。

正直に言うと、書籍自体があまりオススメではないのですが、その辺りの詳細はブログに書きましたので、ご興味がある方はご覧ください。

※このnoteはブログをより読み易くしたサマリー版(要約版)です。


・・・

どんなランキングか? 

過去5年分のHTML+CSSに関する書籍を読み漁ってみました。

過去5年分ともなると、Amazon検索50ページ分、約60冊、総額15万円分くらいになります。(定価の単行本だとですが)

調べてみると、Amazonには出品されていない書籍も結構ありましたので、近所の本屋や池袋のジュンク堂書店なども見ていますが、結局はAmazonに出品すらされていない書籍はとても古いか、イマイチであることが多かったです。

こうして確認した約60冊の中から、以下の観点でオススメと思える書籍をランキング形式でご紹介します。

このnoteではランクインした書籍だけ紹介いたします。

ブログの方では、ランク外の書籍についても少しずつではありますが触れていますので、興味がある方はご覧ください。

ちなみに、できれば電子書籍ではない方がよいとは思いますが、そこはライフ(スタディ)スタイルに合っているのが一番だと思いますので深く言及はいたしません。


・・・

僕がオススメと思う書籍の条件

ここで紹介するのはコーディング初心者・入門者・独学者向けとしてオススメする条件です。

中級者やステップアップしたい方向けのオススメ条件や書籍ではないのでご注意ください。

以下が網羅されていれば良書であると言えるのではないかと思っています。

・マークアップをきちんと教えているか
・初心者が自走できるようになる、ちゃんとした順番であるか
・全体像が理解できるか
・「なぜ」が書かれているか、押し付けていないか(暗記型ではないか)
・複数のやり方が提示されているか
・読みやすい、続けやすいデザインか
・情報、サンプルが正しいか(正しくない場合、なぜそのようなサンプルなのか説明があるか)
・情報が新しいか

この条件がしっくりこない方は、これから紹介する書籍は肌に合わないかもしれませんので、そっとブラウザを閉じて頂くか、他の方のnoteを読んでいただく方が有意義かもしれません。

また、ブログの方には上記条件についての詳細を書いていますので、これまたご興味がある方はご覧ください。

一応、書いておきますが、天地神明に誓って執筆者や出版社への忖度はありませんし、誰かが良いとオススメしていたからという意見のすり寄せもありません。

よくも悪くも僕個人の感想から導き出されたオススメランキングです。(※僕が何者か興味がある方はプロフィールなどをご確認ください


・・・

総合ランキング

こういった方に向けたオススメであるとか、こんな特徴があるという採点ではなく、総合的に良いと思った書籍です。

自分が執筆した訳ではありませんので、これを買っておけば間違いない!というほどには太鼓判を押すことはできませんが、オススメです。

1位 

2位

3位

4位

5位

特別ランクイン


・・・

以上、TOP5と次点の1冊を合わせた6冊を選出いたしました。

1位と3位と5位以外はどれも初心者向け具合が少し足りない感じはします。

もう少しだけ詳しい評価が見たい方はブログの方をご覧ください。


・・・

超入門者向けランキング

情報の正確性などは少し劣るものの、初心者やコードや勉強自体に苦手意識がある方などでも続けやすいであろうという観点でのランキングです。

1位

2位

3位

4位


・・・

こうして並べてみると表紙の感じやイラストの使い方なども初心者向けという感じになっていますね。

こういう感じじゃないと読めない人もいれば、こういう感じが嫌いだという方もいると思います。

僕が行った書店のうちのいくつかは、これら超入門者向けの書籍は本棚が分かれているところもありました。(店員さんが判断して分けていると思うのですが、素直にすごいなぁと感心しました)


・・・

まとめ

noteでは簡潔にわかりやすくを目指したため、なぜそういった評価になったのかなどは書いていませんが、ブログの方ではレーティングや一言コメントなども記載していますので、気になる方は是非ご覧ください。

ブログの方では、ランク外の書籍についても書いています。

繰り返しになりますが、個人および企業への忖度は特にありません。

よくも悪くも僕個人の感想から導き出されたオススメですので、逆に言えばどこの馬の骨かもわからない人間のオススメということでもあります。(一応、素人ではありませんが…)

参考にして頂きつつも、最後はご自身の好みで選んで頂ければと思っています。

一応、これだけの書籍を見て感じた僕なりの書籍を選ぶコツを挙げておこうと思います。

・現在、HTMLは5.2でCSSは3です
・「HTML5 ○○~」みたいなタイトルの書籍は、初心者向けではない場合があるので要注意です
・JavaScriptまで扱おうとするのは無理がある
・デザインまで扱おうとするのは無理がある
・「1日で」とか「1週間で」というのも無理がある
・「辞書・辞典・逆引き」は直ぐに使わなくなります(好きな方はいらっしゃるとは思います)
・「世界一」とか「日本一」とかは関係ありません。自分がどう感じるかだけど、そう思って貰えるように著者は頑張っているように思えます
・CDなどはお得ではありません
・装丁に騙されちゃいけないけれど、装丁に気をつかえない本は中も読みにくい気がします
・けれど、意外と中身はマトモな場合があるから難しい
・出版元(著者)ごとにページデザインの癖があるので、他の言語などで読み易かったシリーズがあればアタリかもしれないです
・やっぱり新しい方がよく見えるけど、HTML5&CSS3が出た頃(2015年前後?)の方が切磋琢磨が感じられるかもしれません
・「Windows/Mac対応」とか書いてあるのは意味がわからないです
・古めの書籍はKindleとかで信じられないほど安く売っている場合があるので検討する(2冊買って比べるのは良いことだと思います)
・もちろんメルカリなんかも最大活用。図書館にも結構あったりします。

書いてみると当たり前なのですが、こんな感じです。

そしてここまで書いてきて気が付いたのですが、僕は良書を紹介したいのではなく、皆さんにとって悪書となってしまう書籍を手にとって欲しくないのだと思いました。

・簡単過ぎて買った意味が感じられない
・難しすぎて開くのが億劫になって勉強が進まない
・がんばって読了したけれど、何が身についたかわからない
・身につけたはずの知識が古いものだった
・なんだか楽しくない

などなど。

ある書籍が、ある人の良書であっても別の人にとっては必ずしもそうであるとは言い切れません。

「今回は失敗したなぁ、じゃあ次は別の書籍にチャレンジしてみよう!」となればよいですが、「時間を無駄にしたなぁ。やっぱりコーディングは難しい・つまらない」となってしまうのがとてももどかしく感じます。

特に書籍から入ると、その書籍だけが拠り所となってしまうため、挫折しやすいように思います。

本当はもう少し細かく、こんな人にはこの書籍という風にオススメできるのが親切だとは思うのですが、本当にその人に合うかどうかは千差万別なので最後は自分で選んでみてください。

このnoteが皆さんの書籍選びの一助になることを願って。


この記事が参加している募集

推薦図書

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

こういった投げ銭的なサポートを受け取れている人がいるとは信じていないタイプの人間ですが、 もしも、もしもご支援いただけましたら、それは次のサンプルデザインを作成するための糧とさせていただきたいと思います!

とっても励みになります!嬉しいです!
33
こんにちは。タケウチと申します。 コーディング歴15年以上。総コーディング数1万ページ以上の現役マークアップエンジニア兼コーディング講師です。 コーディングが苦手なWEBデザイナーにコーディングを教えたり、マークアップエンジニアの卵をプロで通用するように育てるなどしています。

この記事が入っているマガジン

まとめ: Design
まとめ: Design
  • 32本

Design Articles

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。