見出し画像

4年後には今のビジネスモデルは崩れる!?全力で投資して遊ばないと一生後悔することになるかもしれない!

なぜ毎日遊びのようなことをあえてやっているのか?
馬鹿だと思われるようなところにお金を使うのか?

これは5年後の未来などを真剣に洞察してけば、見えてくることでもあります。世の中の動向も気になりますね。
ここから先10年の日本で起こる現象を予測するだけでもかなりの危機感を覚えますし、すべてがもうカウントダウンに入っていることがよく分かります。

まだまだ視野の狭い私でさえ感じ取っているのだから、先の先を行く人達はもうすでに動いています!

画像1

私はまだまだ動けていないところも多くあって、焦るぐらいです!
のんびりテレビ番組なんかは観れられませんよっ!(マーケティング・リサーチ的には見ますが)

私たちのビジネスでも加速度的にマーケットチェンジが求められます。

そんなことについて、仲間からもらったメッセージ内容も混ぜつつ書きたいと思います。

将来、「あの人、なんだかしょうもないことを熱く話してたなぁ」ってなるかもしれませんし、「あの時、話を聞いてから準備しててよかった!」ってなるかもしれません。
ものすごく熱い内容です!

画像2


すぐそこの未来にとてつもない変化がある

日本の人口は、2005年から減り始めたと言われていますが、実はその時、消費が最大となる50代人口は増えていたので、総支出額はいまも増え続けているそうです。

しかしそれも、2020年頃にはピークアウト。
人口だけではなく、使うお金の額がついに減少し始めるようです!
統計的データですので、ここは信用できる大前提とのこと。

2020年と言えば東京オリンピック!
私はこの年を最後に色々なことが変化せざるを得ない状況になる気がします。

ここから東京オリンピックに向けての特需も消えるはずだから、景気を維持し続けるためには、相当、大規模な経済対策の追加が必要になることは目に見えていますよね?

ここで4年後のはなし。たったの4年ですよ。

画像3


人類が体験したことがない超高齢化社会への突入

さらに2025年には、年齢構成上、最も人口が多い団塊世代(約800万人)が、なんとなんと、すべて後期高齢者(75歳以上)となります!

その結果、国民の5人に1人が75歳以上、3人に1人が65歳以上という、人類が体験したことがない超高齢化社会に、日本は突入していきます。

ここで何が起こるか予想がつきませんが、私は日本の社会保障が破綻し始めるのではないかと思うのです。

そして、2025年以降は、熾烈(しれつ)な食い合いが始まる予想です。

使われるお金が少ないわけですから、少ないパイを多くの企業で取り合う訳ですね。

これでもたったの9年後の話です。

画像4

普通に考えても、既存の市場で残るのは、本当に強い、ほんの一部の会社だけになっていくはずです。

細かいことはわかりませんが、お金の価値なんかも明らかに今のままでは釣り合いが取れなくなる気がしています。

次のステージを予測しよう

私があと5年で!みたいなことを周りの方々に話ししてるのも、感覚的にではありますが、そういう理由があります。

5年を目処に今のビジネスモデルから、次のステージに行くことを想定しています。

だからこそ、今のうちにできることには投資をしていく、海外に行くのもそう、カメラやドローンに投資するのもそう、すべて先を見据えています。

画像5

なぜ遊びのような動きをしているのかの本質が、そこにあります。

まだまだ私の視野が狭い範囲ですが、私が見える範囲での未来には、以下のようなことが価値があると考えています。

・遊びをどれだけ知っているか?
・どれだけ本気で楽しめる仲間がいるか?
・どれだけ自給自足的に生活ができる状態にあるか?
・どれだけ経験値を高められているか?

逆に

・どれだけ稼ぐことができるか?
・どれだけ資産を残すことができるか?

みたいなところは、5年後までにとことん取り組みつつ、5年後からは一気に比重を下げていく。

そういうスタンスがいいのではないかと考えています。

画像6


トコトン投資して楽しむ!

ですので、今は出来る限り稼ぎつつ、その稼ぎを今は意味がないのではないか?と思うようなことに投資をしていく、それをトコトンやった人間が楽しい5年後を過ごせるのではないかと思います。

あくまでも予測であって、なんの確証もないですが、私はそうしたいと思っています。

先日の屋久島の視察でも、ニュージーランドの旅でもビリビリとそれを感じましたね。

画像7


なぜ、村を作るような人が増えているのか?

それぞれ考えていることは、まったく一致はしないと思うけど、近いところはあると思うんですよ。私はそこを仲間とともに追求していきたい。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!