新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【番外編】仕事への向かい方について

こんにちは。

今日は、「この機会をどうとらえるか?」についてお話したいと考えています。

今コロナ禍において多くの企業が今までよりも売り上げを上げるのが難しくなっています。私が勤めている企業も業界柄打撃を受けております。
コロナが落ち着いたとしても事業の収支がすぐに回復するわけでもなく
コロナが落ち着くまでにもまだまだ数年の時間がかかると思っています。

そして今はITが浸透することにより多くの人件費を削減することへつながっていて、コロナ禍はそのスピードを加速していますよね。つまり雇用は更に削減されます。新しい職種は生まれると思いますが。その中で私たちは生き残って戦っていかなければなりません。

今こうして今の仕事で今のポジションで働くことができるのも実は当たり前ではなく、簡単に壊れうるものであると思っています。

ここで大切なのはこの機会をどうとらえるか?ということ。
今悲観的になっても何も生まれません。逆にチャンスととらえ、ポジション、職種関係なく、組織の課題が明確なのであればそこに自分なりにアプローチしてみることだったり、行動を変化させ仲間や結果にインパクトを与えることが非常に大切になってくると思っています。。
この社会的に、そして企業の中でより生産性が求められるタイミングで楽しくワクワクしながら、新しい芽を作ることは自分自身を成長させ、そして仲間、そして組織に非常によい影響を与えると思っています。

私の課題は目の前のことに集中しがちで長期的な目線や、組織全体での視点で今をとらえることがなかなかできていないことが多いです。ただ一回考える時間、自分でポジション、職種に囚われず何か今必要なのかを考えた時にアイディアを思いつくこともあります。
そしてそれは新しい変化を生むチャンスであると思っていてそういう意味で今この環境に感謝し仕事に取り組んでいます。

仕事への向き合い方、姿勢が結果を変え、人を大きく変化させると思っています。是非一度ゆっくり自分に、そして仕事への向き合い方を考える時間を作ってほしいと思い記載致しました。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
THANK YOU!!!!!!!!!!
9
夢:「組織力を強化すること、組織文化を浸透させることで日本の生産性をあげること」 世界観:「毎日ワクワクした気持ちで仕事に取り組む日本社会をつくること」 目指す組織像:「チームの決断をメンバー全員が正解にするために主体的に動き一人一人が変化を創り続ける組織」