見出し画像

日本:世界で最下位から7番目。    何のランキング?

みなさん、こんにちは。
今日本のエンゲージメント、どれくらいなのかご存知でしょうか。
下記記事は様々なニュースで取り上げられているのでご存じの方もおおいと思いますが改めて。

日本のエンゲージメントの現状:
日本のエンゲージメントは139か国中132位。

画像1

今日本のエンゲージメントは他の国に比べても非常に低いのが現状。

どんな調査でこのような数字がでたかというと、
--------------------------------------------------------------------------------
Q1:職場で自分が何を期待されているのかを知っている
Q2:仕事をうまく行うために必要な材料や道具を与えられている
Q3:職場で最も得意なことをする機会を毎日与えられている
Q4:この7日間のうちに、よい仕事をしたと認められたり、褒められたりした
Q5:上司または職場の誰かが、自分をひとりの人間として気にかけてくれているようだ
Q6:職場の誰かが自分の成長を促してくれる
Q7:職場で自分の意見が尊重されているようだ
Q8:会社の使命や目的が、自分の仕事は重要だと感じさせてくれる
Q9:職場の同僚が真剣に質の高い仕事をしようとしている
Q10:職場に親友がいる
Q11:この6カ月のうちに、職場の誰かが自分の進歩について話してくれた
Q12:この1年のうちに、仕事について学び、成長する機会があった
-------------------------------------------------------------------------------------
上記の質問を5段階で評価し総合的な数字が出されています。
参考サイト:https://president.jp/articles/-/23978

これは組織だけではなく個人として考えてもいい指標であると思っていて、ぜひみなさんにも自問したいただきたいと思っています。
12の質問をみていてすごく感じるのが、上司とのコミュニケーションや職場の社風や文化が大きくエンゲージメントに関わってくることが分かります。

・期待していることを伝える
・褒める
・気にかける
・意見の尊重
上記は意識すればすぐにできることです。
小さいことですが、意識して行うかどうかでメンバーのパフォーマンスも上げられると思うと大きいですよね!

以前私たちの事業部の朝礼で全員のメンバーから、「魅力なところ」を真四角のポストイットに書いてもらってシェアをするという施策が走ったことがあり、そこでもらった内容から、自分の強みの再認識を行うことができました。
また私はそれをスケジュール帳に貼っていつでも見れるようにしているのですが、仲間からもらったメッセージからエネルギーをもらっています。
これも「褒める」「気にかける」というようなエンゲージメントを向上に私自身にとっては大きく寄与しました。

それぞれのQをターゲットにした施策を走らせてみるのも面白いと思っています。
ぜひぜひそれぞれのQを組織力というところで課題や施策を走らせるときご覧になってみてください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

わああい☆フォローもお待ちしてます!ワクワク届けますっ!
4
夢:「日本の生産性をあげること」 世界観:「毎日ワクワクした気持ちで仕事に取り組む日本社会をつくること」 夢とは、世界観を変えることでみえてくるものであり、世界観とは、ある考え、姿勢、動きが普遍的であること。