見出し画像

世界で一番美しい工場を目指して

 間が開いてしまいましたが、缶詰工場をつくる計画は着々と進行しています。夏に着工する予定でしたが、秋にずれ込みそうで、しかし店の営業との兼ね合いを考えると、年明けに始めるのが良いのかなあと、未だうじうじ悩んでいます。ですが、工場をつくることは間違いありません。

 今ある厨房を大幅に改装します。手前にはウィリアム・モリス風のキッチンを新しくつくり、奥はレンガに囲まれた缶詰工場になります。工場の上にはシャンデリアを吊るし、世界で一番美しい工場を目指します。そこから作り出されるのは、世界で一番美しく、美味しい文学カレーの缶詰です。

 階段の左の壁面を本棚にし、光を上から注ぎ、本と光が二階へと誘います。教会のような階段を目指しています。

 カウンターは今より短くなります。図では椅子が七つ描かれていますが、5席が限界かな。手前には囲炉裏を置きます。冬はそこでお客さま自ら燗を付けてもらいます。余裕が出来れば昼の営業も再開し、炭火で食パンを炙り、バターを添えてトーストで。これは夏目漱石の好物のひとつです。

 この工場のことを考えていると幸せな気持ちで満たされます。大げさではなく、生きていて今がいちばん楽しいです。作ること、生み出すことの面白さ。

 当店のモットー「食べることは読むことに似て、拵えることは書くことと同じではないか」という言葉に戻ると、拵えることで、目の前ある料理のことをより深く理解することができ、食べることが楽しくなり、書くことで、読む力は強くなり、本を読むことがさらに面白くなる、ということなのではないでしょうか。

 受け身ではなく、こちらから動いてこそ、手に入るものも多くなるのかもしれません。

 

 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
10
高円寺にある古本屋と居酒屋がいっしょになった店、コクテイル書房を営んでいます。文学をテーマにしたおつまみやお酒を提供しています。店の外には本の交換が出来る「まちのほんだな」があり、お金を介さずに本を手に入れることが出来ます。2月9日には文学カレー「漱石」をレトルトで発売します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。