夏の読書

 今年も夏休みはありません。毎年思うのです、お盆くらいは休みにしたいなと。しかし、営業してしまいます。今年ほど、東京というか、高円寺というか、ローカルを意識して生活した年はなく、ゆえに、みんなが休みのお盆こそ、絶賛営業中です。待ってますよ、いつものように無表情で。
 8月はかつてあった戦争を想像しながら、本を読むのはいかがでしょうか。8月14日の夜、NHKでこんな番組が放送されます。「高橋源一郎と読む 戦争の向こう側2020」 https://www4.nhk.or.jp/sensounomukougawa/ テーマは「引き上げ」友人がやっている出版社「つかだま書房」で数多く出されている、後藤明生が取り上げられます。そのものずばりの「引き上げ小説三部作」も出版している、つかだま書房のサイトはこちらです。 https://www.tsukadama.net/newbooks 死んでいった人の上で、私たちはのうのうと生きているので、8月くらいは戦争で苦労した人々、亡くなった方々を思い返すのは悪くはないかと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
7
高円寺にある古本屋と居酒屋がいっしょになった店、コクテイル書房を営んでいます。文学をテーマにしたおつまみやお酒を提供しています。店の外には本の交換が出来る「まちのほんだな」があり、お金を介さずに本を手に入れることが出来ます。2月9日には文学カレー「漱石」をレトルトで発売します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。