見出し画像

【単価に悩むならこうしたら?】買い控え、様子見はフリーランスを殺す。Note価格新ルール発表

今日は、フリーランスのサービスを買い控えたり、様子見する行為を、少なくともわたしは論理的に撲滅していくぞという話をします。
つまり、あとから買う方が誰が見ても大損という価格設定にするのです。noteについても新ルールを設けます。

どういうことか?
どうしてそんなことをするのか?
これは、フリーランスとして生き残るのに必要な「気分を守る」ことにもつながる考え方です。

目次

●「あとから買う方が誰が見ても大損」の具体例
「しかし、ある方策により、今は生徒さんが増えました」

●当然、購買するしないは自由!問題は...
「少なくとも私にとっては、買わないと応援ではないです」

●noteへのルール追加とその意図 「単品noteはその月末の黒船が出る直前に全て1000円に値上げ」

●理念1 優良顧客を優遇したい
「なぜそのいい顧客と、あとになったら買うかもね、という様子見顧客とが同じ金額で同じ情報に辿り着けるのか」

●理念2 情報はナマモノだから
「一週間もあれば、大地震も起きる、リーマンショックも起きる、新しいiPhoneも発表される…」

●「余裕ができたらいつか買うよ^^」は人を殺す
「あんまりやる気もないのに聞いているんですよ」

●心を守る盾としての有料・なにも全員に気に入られたくはない
「『(早い段階で大金をかけ私に投資してくださった)お客様は神様』です」

※5名様のご購入を確認したら値上げです。情報は早い者勝ち。

著者 こっこ

完全独学でTOEIC830をもぎとった英語教師。生徒が初期目標としたゴールの達成率は約95%
月11000名が読むブログ「男子を置いて、ビジネスクラス」代表
月額980円でアラサークズ女の人生を変えるオンラインサロン「ダメな女の地獄船」船長


「あとから買う方が誰が見ても大損」の具体例

例えばいまnote単品の売り上げが落ちています。
なぜかというと月刊「黒船」というマガジンが月末に出るのですが、そこにその月のnoteがみっつだけ収録されるので、それを見てから買おうかなという買い控えが起きています。

さらに、わたしの英語コーチングも、もう少し様子見したら受けようかな、みたいな姿勢の人も結構いました。
しかし、ある方策により、今は生徒さんが増えました。

英語コーチングに関して言えば、月額制のオンラインサロンの会員に早い段階でなると90%割引などの大幅な受けられるという状況を作りました。
こちらの料金表を引用します。

通常価格 8万円
オンラインサロンメンバー会員番号00番台 8000円(90%引き)
オンラインサロンメンバー会員番号01番台 16000円(80%引き)
オンラインサロンメンバー会員番号02番台 40000円(50%引き)
オンラインサロンメンバー会員番号03番台 64000円(20%引き)
オンラインサロンメンバー会員番号04番台 72000円(10%引き)
※オンラインサロンは誰でも月額980円で入会可能、追加料金等はいっさいいただきません。


つまり論理的に、早く会員になり、早く買った方が誰が見てもお得なのです。


当然、購買するしないは自由!問題は...

この続きをみるには

この続き: 1,785文字

【単価に悩むならこうしたら?】買い控え、様子見はフリーランスを殺す。Note価格新ルール発表

こっこ

1,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただけましたら、今後の記事執筆に役立てたいと思います。

イケメンにある日突然告られ、1年半後本当に結婚した人。TOEICを独学で830とったり、8キロダイエットに成功したり、コツコツやることは得意。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。