見出し画像

【英語でわかる仮想通貨#05】イランへの経済制裁を英語で読んでみよう!難易度★★★★☆

仮想通貨を扱うにあたって、情報に強くなることは必須です。
仮想通貨界でもっとも情報の早い言語はなにか? それは英語でしょう。
またビジネス要素も含みますので、TOEIC対策にもなります。

きょうは読者の皆さんが
・仮想通貨ニュースを英語でいつか読めるように
「イランが仮想通貨のインフラ化に備えている」ニュースの長めの文をとりあげ
・単語解説や、文法解説をわかりやすくまじえて
読んでいきます。

この記事は英語ランド(月額500円)の会員様は、英語ランド内で読み放題です。
細かな文法解説もそちらで映像解説を見放題です。
文法も合わせて確認したい場合や、月に二記事以上買うならお得ですね!

●読むのはこちらの記事です。
“As Soon as Possible”: Iran Lays Groundwork for Bitcoin Adoption
抜粋して読んでいきます。

※5名様のご購入を確認したら500円に値上げ、月末で一律に1000円に値上げです。

著者 こっこ

完全独学でTOEIC830をもぎとった英語教師。生徒が初期目標としたゴールの達成率は約95%
月12000名が読むブログ「男子を置いて、ビジネスクラス」代表
月額980円、自分が行動しないと何も起きないオンラインサロン「ダメな女の地獄船」船長

本日はこちら!

Iran has suffered banking blackouts brought on by economic sanctions in the past and is understandably looking at new financial technologies, like cryptocurrencies, to forego its reliance on a dollar and fiat centric economic system. In 2012, global payments rail SWIFT removed Iran from its network of global banks, effectively disconnecting Iran’s banking system from global commerce. The impact was also felt on global businesses engaging in transactions with parties in Iran via bitcoin.

では、わたしとサクサク読んでいきましょう!

この続きをみるには

この続き: 1,863文字

【英語でわかる仮想通貨#05】イランへの経済制裁を英語で読んでみよう!難易度★★★★☆

こっこ

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただけましたら、今後の記事執筆に役立てたいと思います。

イケメンにある日突然告られ、1年半後本当に結婚した人。TOEICを独学で830とったり、8キロダイエットに成功したり、コツコツやることは得意。