見出し画像

タイプ別、市販の英語教材の活かし方をプロ講師が伝授しよう

TOEIC独学830女子、プロ講師歴11年目、こっこです。

今回は、
・市販の英語の教材は
タイプ別にどのように使うべきなのか
・文法書
・英会話の教科書
・問題集
・単語集
にわけてお話しします。

この方法で学習すれば、それぞれの特性をうまく活かせて効率のいい学習ができるでしょう。

目次 
1 文法書はさっと理解でだいじょうぶ!
  1.1 どんなところに気をつけるべき?
  1.2 全体像を軽く把握したらとりあえずOK
2 英会話の教科書は発音に慣れることから
  2.1 会話文は機械のようにリピート
3 問題集は一冊だけをやり倒せ
  3.1 教材を手に入れたら
  3.2 さまざまな問題形式 何をやったら何が伸びるの?
4 単語集は適切なレベルなのかがまず大切

※5名様のご購入を確認したら500円に値上げ、月末で一律に1000円に値上げです。

著者 こっこ

完全独学でTOEIC830をもぎとった英語教師。生徒が初期目標としたゴールの達成率は約95%
月12000名が読むブログ「男子を置いて、ビジネスクラス」代表
月額980円、自分が行動しないと何も起きないオンラインサロン「ダメな女の地獄船」船長

この続きをみるには

この続き:1,792文字

タイプ別、市販の英語教材の活かし方をプロ講師が伝授しよう

こっこ

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただけましたら、今後の記事執筆に役立てたいと思います。

イケメンにある日突然告られ、1年半後本当に結婚した人。TOEICを独学で830とったり、8キロダイエットに成功したり、コツコツやることは得意。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。