見出し画像

私が足を直すつもりがない理由

きょうは
・心因性で足の関節を痛め
・ついに車椅子デビューしてしまいましたが
足を治そうとは思わない話をします。

先日、婚約者のハンサム真木とディズニーシーへ行ってきました。
足がおかしくなっているわたしは車椅子にのりかえて1日を過ごしました。

1日を通してハンサムとも話し合ったのですが、結論として、足を治す気はない、と言うことになりました。

治す気はない。

目次 

1 足の異常はなぜ起きているか
 1.1 足の異常を治すには
2 足を治さない、という選択肢と理由
 2.1 何でもかんでも向き合うのはリスクだ
 2.2 これからは個人在宅な働き方が増える
 2.3 いまどきバリアフリーではない施設に用はない
 2.4 むしろ時間の概念を捨てられて便利だ
 2.5 スマートスピーカーの台頭
3 つくづく人生は本人の自己理解と納得の問題だ


5名様のご購入を確認したら500円に値上げ、月末で一律に1000円に値上げです。
著者 こっこ
完全独学でTOEIC830をもぎとった英語教師。生徒が初期目標としたゴールの達成率は約95%
月20000名が読むブログ「男子を置いて、ビジネスクラス」代表
月額980円、自分が行動しないと何も起きないオンラインサロン「ダメな女の地獄船」船長


足の異常はなぜ起きているか

この続きをみるには

この続き: 2,342文字

私が足を直すつもりがない理由

こっこ

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただけましたら、今後の記事執筆に役立てたいと思います。

イケメンにある日突然告られ、1年半後本当に結婚した人。TOEICを独学で830とったり、8キロダイエットに成功したり、コツコツやることは得意。