見出し画像

【noteでよかったこと】「人の心を動かす」が実感できること

こんにちは。こかです。

趣味は写真撮影、NikonのD5300が相棒です。

今回は「noteでよかったこと」パート2です。

noteでよかったこと、それは「人の心を動す」が実感できること。

以前も同じお題で書きましたが、新たな発見があったためパート2を書きます。

パート1はこちら↓

■noteはさまざまなカタチで感情を伝えられる

画像1

・記事をシェアする
・記事に「スキ」を送る
・記事にコメントをする
・記事をマガジン登録する
・クリエイターをフォローする

など、SNSやブログに比べ、noteは感情を伝える手段が豊富です。

さて、最近、「みんなのギャラリー」へ画像を提供できることを知り、自分の写真を提供し始めました。

「みんなのギャラリーで写真を選んで、自分のnoteで使う」というのも、noteならではの感情伝達方法ではないでしょうか。

・画像が使用された!

ある日、「●●さんがあなたの画像を使用しました」という通知が届きました。

わ、わたしの写真をnoteに使ってくれた?!
うれしい!

みんなのギャラリーは素敵な写真にあふれていて、わたしが写真を提供する必要なんてないと思っていました。

どの写真もクリエイターさんの想いが乗っていて、温かみを感じる作品ばかりです。

たくさんの写真の中から、わたしの写真を見て、「いいな」と思い、使ってくれた人がいた…!

大げさかもしれませんが、感無量です。

ひとりのクリエイターさんの作品を彩ることができたのですから。

誇らしいような、ちょっと照れ臭いような。

表彰台に立つあの気持ちと似ています。

表彰台に立つ気持ち…
あっ!

昔、市の標語コンクールで市長から表彰されたとき、「あなたの言葉に心が動かされた」と言われたことを思い出しました。

■noteは「人の心を動す」を実感できる

画像2

自分の写真が誰かの心を動かすことができたのかもしれない!

こんな風に思えたのは、「みんなのギャラリー」に写真を提供したからこそ。

noteだからこそです。

他のSNSに写真を投稿する場合、リツイートなどで拡散されることはありますが、誰かの作品に参加することはできません。

・いいな
・素敵だな
・好きだな
・かわいいな
・オシャレだな

作品にいいねやコメントで感動のフィードバックを受けるのもとても喜ばしいことです。

さらに、、、

写真起用というカタチで、noteに参加させていただくことは、なかなか味わうことができない一層の喜びと感謝を感じます。

芸能人でもない、インフルエンサーでもない、ただの「わたし」が人の心を動かす体験ができたのはnoteならでは。

あぁ、noteでよかった!

・マガジンを作りました

わたしの写真を使ってくださったクリエイターさんのnoteを集めたマガジンを作りました。

ありがとうの気持ちを込めて、まとめています。


#noteでよかったこと

この記事が参加している募集

noteでよかったこと

スキしてみて

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

たくさんのnoteの中から私のnoteを選び、最後までご覧いただき、ありがとうございます。本当に嬉しいです!

わーーい、スキしてくれたんやね!Thank you!
27
ブログ2本を運営しています。活字が好きで、noteも大好き。特技は早起きと継続力。読んだ人の心が温かくなる文章を書きたい。noteでは書くことや朝活について綴ります。 投資ブログ:https://cocablog.site HSPブログ:https://cocastock.com