見出し画像

【ハロコバ活動リポート】オンライン企画を実際に放送してみて気付いたこと

co-ba

こんにちは、co-baのだいじんです!
今回はHello! co-ba Project season3で企画した企画「Hello!co-ba Radioの館内放送はじめました」について振り返りをレポートいたします!

Hello! co-ba Projectとは?

自粛期間中でも、co-baに出会える、co-baで出会える、いつものオフラインのco-baらしい体験や新しいコミュニケーションを実験してみるプロジェクト。対面でのサービスの一時停止につき直接お会いする機会は減りますが、こんな時だからこそチャレンジしたいコミュニケーションを、皆さんと一緒に考え、創っていきます。#ハロコバ でTwitter更新中!

オンラインとオフラインをつなぐ実験「co-ba館内放送」やってみました

7月に入りリアルな場でのコミュニケーションも活発になってきたタイミングで、オンラインだけに特化した企画だけではなく、オンラインとオフラインをつなぐ試みの一つとして実験してみました。

もともと、オンラインで放送し、アーカイブを残していた「Hello! co-ba Radio」企画を、実際に拠点内というオフラインの場で放送することでどういった反応が起きるのかの実験を行ってみようと企画。
また、「Hello! co-ba Radio DAY3」開催が決まっていました。これまで「Hello! co-ba Radio」の活動自体は、オンライン上でしか発信していなかったので、リアルな場でも、張り紙等で宣伝してみた結果、新しいメンバーにリーチできるのではないかという思いで、実施してみました。

実際に行ったこと

「Hello! co-ba Radio DAY1/DAY2」アーカイブ放送
co-ba ebisuのイベントスペースPARKにてアーカイブデータを放送しました📻
DAY1 1 2 3
DAY2 1 2 3

「Hello! co-ba Radio DAY3」生放送
同じく、co-ba ebisuのイベントスペースPARKにて生放送📻
DAY3 1 2 3 4

告知バナーの掲示
こちらのバナーをco-ba ebisu掲示!

アートボード 1

アートボード 1 のコピー 6

行ってみて気付いたこと

GOOD
・これまでオンライン上でのコミュニケーションでしか行えていなかったが直接声かけができたり、会員さん側から「これなんですか?」という質問をいただけたので、企画自体の内容などを丁寧に説明することができた!

・ライブ放映を、複数人で視聴するのは、日本代表の試合のように、今までコンテンツ力がとても高いものでないとできないと思っていた(思い込んでいた)が、意外と身近な人が出ていたり、コミュニティに関わるものだからこそ可能性があるのではないかと気付けた。
MORE
・館内では雑音に消されてしまっていて、ラジオとして言葉/内容をしっかり伝えるというところまではいけなかったと感じた。

・館内ラジオを聞いて面白い、じっくり聞きたいと思った人に対してアーカイブ記事、生放送のzoomにアクセスしてもらえるような仕組みがあってもよかったと思う。

・スクリーンに投影もすることでよりライブ感、イベント感というのを出すべきであった。

オンラインだけ、オフラインだけでは成し得なかったことに対してフュージョンさせることで補い合うことができるのだなと改めて感じました。また、今までの生活の中においてもオンラインとオフラインの融合というのは”当たり前”に存在していた中で、今回”意識的”に気付けたというのは個人的にはいい気付きだったのではないかと思います。

例えば、今までにもあった融合の一つがパブリックビューイング。「日本代表」とか「世界的アーティスト」という圧倒的コンテンツ力があるものでしかできないと思っていた中で、同じコミュニティ内、価値観を持っている中であれば十分に面白いものになるのではないかと思いました!!
また、今後は同じコンテンツに対しても届け方の違いによって工夫もできると面白いかもと思いました。生放送の裏で副音声的にオンラインで放送してみたりと色々とフュージョンさせていきたいと思います!!

これからも同時に大人数の方が一つの場所に集まるというのは中々難しい日々が続くのではないかと予想されるので、co-ba内で行われていることをオフラインだけでなく、オンライン上でも楽しめるよう、それぞれのモニターにてパブリックビューイングのように共通体験ができるような企画を考えていきたいなと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!