「落としどころ」、それはセンスの見せどころ

長男5歳、次男2歳。
夕食の後片付けをしていると、ソファーの方角から ウヒャヒャヒャ と、絶対悪いことしていそうな声が。

「お母さん、見て~!」の声に、近づいていくと

案の定。
座布団カバーに水性マジックの渦巻きと「は」の文字。

状況から察するに、
・次男が暴走、渦巻きを描く。
・長男、それを見て大興奮。自分も ひらがなを記す。

という様子。

・「ここには書かないでね」と言いつつ、絶対二人ともそれは分かっている
 →説教しても意味なし。
・ペンを取り上げて叱ってみたけれど、二人とも全然へこたれていない。
 →2対1だからか、なぜか私の方が分が悪い。なぜだ、悔しい。

怒りモードの声のトーンを上げてみるものの、効いてない。
そもそも悪いことしたという自覚がある。再発防止を狙ったところで、子どもだし やるときはやる。冷静に諭すのもなんだか。

とはいえ
『振り上げた、私の拳の納め方』と
『子どもとの対話をどう終わらせるか』

これはいつも難しい!
そして、センス(?)の見せ所でもある!

まあ、とりあえず洗うか。
ん?なぜ私が洗わねばならない?
自分の落とし前は、自分でつけましょう。
そうだ、今回は、それでいこう。

逃げる長男は置いておき、次男に言いました。
「書いたやつ、洗ってください!!こっち来て!」

「ハイハーイ!」と能天気なお返事をして、2歳児はやってきた。
すると、長男も「俺もやる~!」

水で、ゴシゴシ。
全然とれない。
石鹸つけて、ゴシゴシ。
ちょっと取れたことに、みんなで歓声。

次男→長男→私 の順番に洗います。

次男は、手でさわさわっとなでるだけですが(笑)
長男は、「どうやってやるの?」と聞いてくれたので、実演。
「そうやるのか!」と、目を輝かせて洗っていました。

「パンツ汚れた時も、そうやって自分で洗ってね~」と、
この機会に伝えられ、私もそれなりの満足感。

そして、順番4週目くらいで 全員 飽きた!

私『あのさ、けっこう面倒くさいから、もうこれに書かないでね・・・』
長男『う・・・うん・・・』
次男(もう、遠くで遊んでいる)

男子を育てていて意識しているのは、
何かをやらかした時に、本人を追い詰めすぎない落としどころです。

「面倒だからもうやめて」に長男が完全同意してくれる様子に、
私は此度の”勝利”を確信したのでした(笑

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

Create Lifestyle Support Teamは、自分の言葉を通じて自分への理解を深めることで、日々の生きやすさを高めていただけることを目的に活動をしています。いただいたサポートは、自分を思い、私へご連絡をくださった方のために活かします!

あなたの存在が、今日も私を笑顔にしてくれました。ありがとうございます!
2
私は「個人でできる危機管理」を主軸に活動しています。危機管理は、難しいものでも大変なものでもありません。あなたがお使いの「言葉」があなたを助けてくれます。言葉への関心を広げてみませんか?サイト [ https://clst-sf.com/ ] LINE [@aru4715g ]

こちらでもピックアップされています

今日出会った自分
今日出会った自分
  • 6本

「こんな自分に出会ってしまった」ともあれ、自分への理解を深めることは、生きる力になると確信している私。自分の言葉や自分の内面へ向ける視線を綴っています。/吉川友紀

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。