見出し画像

数字と共に 2020年の Riot.js の軌跡を振り返りつつ,来年の活動の抱負

Keeth@Yumemi⚡駆け出しコーチ

本記事は Riot.js Advent Calendar 2020 の第一日目(トップバッター🎉) になります!

はじめに.Riot.js(以下、riot)は,非常にシンプルかつ軽量で入門の敷居も低く,とても書きやすいコンポーネント指向のUIライブラリです.では今回も今年の riot をいろんな視点で振り返っていきたいと思います!

リリースノート

今年の riot は1月3日の v4.8.2 のリリースがスタートでした.以下リリースの履歴を追っていきますが,前リリースを書くと長いのでマイナーバージョンアップ以上に限定します.

2/16 - 4.9.0
2/29 - 4.10.0
3/9 - 4.11.0
4/11 - 4.12.0
6/5 - 4.13.0
9/1 - 4.14.0
9/20 - 5.0.0-alpha.1
9/27 - 5.0.0-alpha.2
9/28 - 5.0.0-alpha.3
10/19 - 5.0.0🎉
11/29 - 5.1.0

今年もこまめにバグフィックスやパフォーマンス改善・リファクタリングが行われましたが,しれっとメジャーバージョンアップもされましたね😆なぜこのタイミングだったのかは追えていないため私は謎のため,もしご存知のかたいらっしゃいましたら教えて下さい(笑)

幸いにも破壊的変更は一点のみで,{ location.href } と書いていたものを { window.location.href } の用にグローバル変数は明示的に window オブジェクトのプロパティとして扱う必要があることです.正直個人的にはこれはあまり嬉しくなく,どうしてその設計になったのかは時間ができたときに内部のコードを見てみたいと思います💦

数字で見る 2020 年の riot

昨年同様に,まずは npm からのダウンロード数を見ていきましょう!計測には手前味噌ですが,私が作ったモジュール check-stats-modules を使うと以下のように簡単に取得できますので,もしよろしければご利用いただけると嬉しいです😆

 $ csm riot -t
╔═══════════╤════════════╤════════════╤═════════╗
║ downloads ║ start     ║ end        ║ package║
╟───────────┼────────────┼────────────┼─────────╢
║ 3334002020-01-012020-12-01 ║ riot   ║
╚═══════════╧════════════╧════════════╧═════════╝

う〜ん,残念ながら昨年の 621225 から大きく数を減らし,約33万という結果になってしまいました💦今年も他の UI ライブラリの発展があり,そちらのインパクトも大きかったのかなと思います(例えば,Vue.js のバージョン3がリリースした,Svelte の人気が止まらないなど)

もう少し詳しく,各月のスタッツも見てみたいと思います,例えば1月のスタッツの取得は -s, -e オプションを組み合わせます.

╔═════════════════════════════════════════════════╗
║ Jan   | Feb   | Mar   | Apr   | May   | Jun   ║
╟─────────────────────────────────────────────────╢
║ 31993 | 28621 | 30880 | 29857 | 32533 | 33517 ║
╚═════════════════════════════════════════════════╝

╔═════════════════════════════════════════╗
║ Jul   | Aug   | Sep   | Oct   | Nov   ║
╟─────────────────────────────────────────╢
║ 35955 | 31668 | 27186 | 24938 | 26252 ║
╚═════════════════════════════════════════╝

本記事執筆時点では12月はまだ DL 数が0のため除外しています.例年なら新年から DL 数が伸び,夏に向けて下がっていく傾向にありますが,今年は真夏の8月ではなく 9, 10, 11月が低かったですね.これは他の UI ライブラリ(React, Vue.js, Svelte なども同様でした)

他のライブラリやフレームワークのダウンロード数

昨年同様に,riot 以外の UI ライブラリのダウンロード数を参考までに見てみましょう.

╔═══════════╤═════════════╤════════════╤══════════╗
║ downloads ║ start      ║ end        ║ package ║
╟───────────┼─────────────┼────────────┼──────────╢
║ 3684519482020-01-012020-12-01 ║ react   ║
╟───────────┼─────────────┼────────────┼──────────╢
║ 783251552020-01-012020-12-01 ║ vue     ║
╟───────────┼─────────────┼────────────┼──────────╢
║ 292764052020-01-012020-12-01next    ║
╟───────────┼─────────────┼────────────┼──────────╢
║ 239974272020-01-012020-12-01 ║ angular ║
╟───────────┼─────────────┼────────────┼──────────╢
║ 103786762020-01-012020-12-01 ║ nuxt    ║
╟───────────┼─────────────┼────────────┼──────────╢
║ 33058732020-01-012020-12-01 ║ svelte  ║
╚═══════════╧═════════════╧════════════╧══════════╝

相変わらず React が頭一つ抜けて人気ですね〜.3億を超えてくるとは思いませんでした.素晴らしいことに,全ライブラリが昨年の DL 数を超えています.

特に伸びているのは Next.js でかなり加速しており,昨年から比較して3倍近く数字を伸ばしておりました.ただ数字だけを言うとやはり React の方が伸びており,1億以上数字が上っています… まぁそれでも Next.js の躍進は間違いなく影響していると思っており,それもあって React の DL 数が伸びているのかなーと.ただ,React 単体での DL の方がまだまだ全世界では多いことが分かりますね!

また,個人的には Svelte がもっと伸びていると予想しましたが,今ひとつ伸びなかったですね🤔それでも昨年と比較すると3倍近く数字を伸ばしているので大躍進したことは確実ですが.

riot のダウンロード数の歴史

こちらも昨年同様に比較表を掲載します.ただし,昨年とは各期間を変更しました.riot が正式に npm に登録・配信されたのが 2015-01-10 ですので,ここを起点に1年半ずつ掲載しています.

╔══════════════════════════════════════════════════════╗
║ 2015-01-10 | 2016-07-11 | 2018-01-12 | 2019-01-13  ║
║ ~          | ~          | ~          | ~           ║
║ 2016-07-10 | 2018-01-11 | 2019-07-12 | 2020-12-01  ║
╟──────────────────────────────────────────────────────╢
║ 104563     | 336540     | 886582     | 541209      ║
╚══════════════════════════════════════════════════════╝

う〜ん,やはり右肩下がってしまいましたね😓これは来年もしっかり riot の名前を外に出していかねば🔥

今年 riot を使っている都道府県

今年も Google Trends を用いて riot が使われている各都道府県を見てみると,以下のようになりました.

画像1

今年も昨年とは大きく結果が変わりましたね!昨年4位だった沖縄県が2位に浮上し,その他の県は総入れ替えとなりました.ちなみに昨年は「青森,宮城,京都,鳥取,沖縄」の順でした.当然っちゃ当然かも知れませんが,私が住んでいる東京はなかなかランクインしませんね😂

日本語の書籍が出版🎉

完全に私的なことですが、今年の7月に Riot.js に関する商業誌である「Riot.js で簡単 Web アプリ開発」という書籍を,C&R研究所 さんから出版させていただきました!

本書のペルソナは Web やフロントエンド初学者や,今まで開発をしてこなかったデザイナーさんを想定しており,Vue.js や React などに行く前のステップアップとして riot がオススメだよーという書籍になっています.

内容としてもただ riot の使い方を学ぶだけでなく,フロントエンドの開発について広く書いておりますので,riot 以外にも十分に学びはあるはずですので,是非一度お手にとっていただけると嬉しいです😆

※第三章がちょっと酷いクオリティですので,もしお読みいただく際は以下のサポートページも合わせて御覧ください🙇

来年の抱負

誠に恥ずかしい話ですが,一昨年同様に昨年の私はこんな事を言っていたようです…

ダイジェストに書きますと,

・勉強会の開催(特に福岡県)
riotjs-hnpwa の完成

どちらも達成しておらず…
ということで,今年の反省をしつつ来年の抱負は

・オンライン勉強会の開催
・Riot.js Japan User Group のオンライン交流会
material-ui-riot の完成
riotjs-style-guide の制定

を掲げたいと思います!開発については協力者も絶賛募集しておりますので,是非ご興味ある方はお声がけください😆来年の DL 数は今年を上回れるように頑張ります!

ではでは(=゚ω゚)ノ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Keeth@Yumemi⚡駆け出しコーチ
A Servant Leader of front-end team / one of the board members / CEO(secondary) at Yumemi Inc. CLI creator by nodejs, Riot.js(Collaborator).