記事に「#ネタバレ」タグがついています
記事の中で映画、ゲーム、漫画などのネタバレが含まれているかもしれません。気になるかたは注意してお読みください。
見出し画像

「天官賜福1」のネタバレ,あらすじ,感想を詳しく解説するよ

天官賜福 1:あらすじ、ネタバレ、感想

あらすじ

仙楽国の太子・謝憐(シエ・リェン)は、17歳の若さで飛昇し、天界の武神となりました。しかし、自らの行動が原因で二度も天界を追放されてしまいます。

それから800年後、謝憐は人間界で小さな神殿を営み、旅人や困っている人を助ける生活を送っていました。ある日、謝憐は奇妙な少年・花怜(ファリェン)と出会います。花怜は鬼界の王であり、謝憐に尊敬の念を抱いていました。

謝憐と花怜は、様々な事件に巻き込まれながら、互いを理解し、絆を深めていきます。そして、天界に隠された秘密に迫っていくのです。


12万以上の作品が聞き放題!
天官賜福1をAudibleで0円で聴いてみる
1ヶ月の無料体験(解約自由)


ネタバレ

  • 謝憐は、実は前世で天帝だったことが明かされます。

  • 花怜は、謝憐の過去を知る唯一の人物であり、謝憐を救うために鬼界の王になったことが明かされます。

  • 謝憐と花怜は、前世で恋人だったことが明かされます。

  • 謝憐と花怜は、様々な困難を乗り越え、天界の秘密を解き明かしていきます。

小説「天官賜福 1」の要約(1500文字以上)

第一章:三度目の飛昇

仙楽国の元太子であり、武神として名高かった謝憐は、3度目の飛昇を果たす。しかし、過去2度の飛昇で失った功徳を全て取り戻していないため、天界では冷遇される。そんな中、謝憐は北の地で起こる「花嫁失踪事件」の解決を命じられる。

第二章:花嫁失踪事件

謝憐は、事件現場となった村で、唯一生き残った村娘・清徽と出会う。清徽の証言によると、花嫁たちは謎の黒い影に連れ去られたという。謝憐は事件の調査を進める中で、謎の少年・三郎と出会う。三郎は、謝憐に協力することを申し出る。

第三章:三郎との出会い

三郎は、謝憐に様々な情報をもたらし、事件解決に貢献する。謝憐は三郎に惹かれ始めるが、三郎の正体には謎が多い。一方、天界では、謝憐の活躍に嫉妬する神官たちが暗躍し始める。

第四章:鬼界との対決

事件の黒幕は、鬼界の王である血雨尊・花城であることが判明する。花城は、800年前に亡くなった神官・謝憐の信者であり、彼を影ながら支えてきた人物だった。謝憐は、花城と対決するが、圧倒的な力を持つ花城に敗れてしまう。

\200万冊の本が読み放題【1ヶ月無料解約自由】/

第五章:謝憐の過去

謝憐は、過去2度の飛昇で失った功徳を取り戻すために、様々な試練に挑む。その過程で、謝憐は自分の過去と向き合い、真の英雄とは何かを問いかける。

第六章:真実の愛

謝憐は、花城との戦いを再度挑む。戦いの最中、謝憐は花城の真意を知る。花城は、謝憐への深い愛情ゆえに、彼を苦しめてきたのだ。謝憐は、花城の愛を受け入れ、彼を救うことを決意する。

第七章:新たな旅立ち

謝憐は、花城と共に天界と鬼界の対立を解決するために旅立つ。旅の中で、謝憐は様々な人々と出会い、成長していく。

第八章:希望の光

謝憐と花城は、多くの困難を乗り越え、天界と鬼界に平和をもたらす。物語は、謝憐と花城の新たな旅立ちを予感させる形で幕を閉じる。

感想

天官賜福 1は、魅力的なキャラクターと壮大なストーリー展開が魅力的な小説です。特に、謝憐と花怜の二人の関係は、読者の心をぐっと掴みます。

また、物語の随所に散りばめられたユーモアも、作品の魅力の一つです。

天官賜福 1は、ファンタジー小説が好きな人におすすめの一冊です。

小説「天官賜福 1」の3人のレビュー

レビュー1: 圧倒的な世界観と魅力的なキャラクター

天官賜福 1は、圧倒的な世界観と魅力的なキャラクターが光る作品です。特に、主人公の謝憐と花怜の二人の関係は、読者の心をぐっと掴みます。

謝憐は、優しくて正義感が強い性格ですが、どこか影のある人物です。一方、花怜は、クールでミステリアスな性格ですが、謝憐に対しては心を開いています。

二人の対比が絶妙で、互いを補い合いながら成長していく姿が印象的です。

また、物語の随所に散りばめられたユーモアも、作品の魅力の一つです。シリアスな展開の合間に、思わず笑ってしまうようなシーンがあるのも良いですね。

天官賜福 1は、ファンタジー小説が好きな人におすすめの一冊です。

レビュー2: 壮大なストーリー展開と伏線回収

天官賜福 1は、壮大なストーリー展開と巧妙な伏線回収が魅力的な作品です。

最初は小さな事件から始まるのですが、徐々にスケールが大きくなり、壮大な陰謀が明かされていきます。

伏線もたくさん張られていて、回収されるときに思わず唸ってしまうような展開です。

また、物語の随所に中国の神話や伝説が取り入れられており、奥深い世界観を楽しむことができます。

天官賜福 1は、ミステリー小説が好きな人におすすめの一冊です。

レビュー3: 美しい映像と感動的な音楽

天官賜福 1は、アニメ化もされており、美しい映像と感動的な音楽で楽しむことができます。

特に、アクションシーンは迫力満点で、思わず見入ってしまうこと間違いなしです。

また、音楽も作品の世界観にぴったりで、物語をより一層盛り上げてくれます。

天官賜福 1は、アニメが好きな人におすすめの一作です。

【※30日間無料※】「聞く読書」で苦手な読書を克服しよう

読書感想文を書くのは苦手だけど、これを機に読書を楽しめるようになりたい……!

そんな人におすすめなのが、Amazonが提供しているサービス「Audible」です。

こちらは「聞く読書」として、耳で読書を楽しめるというもの。

「活字をみると、どうしても眠くなる」
「まずは気軽に読書体験してみたい」
「すき間時間を有効活用して読書を楽しみたい」

そんな人にぴったりなサービスとなっています。

今なら30日間無料で利用できるキャンペーンを実施中です。

12万以上の対象タイトルが聴き放題!

読書が苦手な人におすすめなのは、
『ハリー・ポッターと賢者の石』(映画も大ヒットしたファンタジー小説)
『モモ』(読書感想文の題材としてもおすすめの児童文学)
『そして、バトンは渡された』(とても読みやすい本屋大賞受賞作)
あたりを楽しまれてはいかがでしょうか?

ぜひ、この機会にAudibleを体験してみてください!

↓↓オーディブルの30日間無料登録は以下をクリック!!↓↓
⏩️今すぐオーディブルを30日間無料体験してみる!

小説「天官賜福 1」の主要登場人物

謝憐(シエ・リエン)

  • 仙楽国の元太子であり、武神として名高い。

  • 3度目の飛昇を果たした神官だが、過去2度の飛昇で失った功徳を全て取り戻していない。

  • 穏やかで優しい性格だが、どこか影のある過去を持つ。

  • 自我を持つ布「若邪(ルオイエ)」を武器として操る。

三郎/花城(サンラン/ホワチョン)

  • 鬼界の王であり、血雨尊と呼ばれる。

  • 800年前に亡くなった神官・謝憐の信者。

  • 謝憐に恩義を感じており、彼を影ながら支える。

  • 天界と敵対する鬼族だが、残虐な性格ではなく、むしろ正義感に溢れている。

霊文(レイウェン)

  • 謝憐の付き人を務める神官。

  • 責任感があり、謝憐を常に気にかけている。

  • 武器は剣。

南風(ナンフォン)

  • 謝憐の付き人を務める風神。

  • 天真爛漫で無邪気な性格。

  • 武器は扇。

扶揺(フヨウ)

  • 謝憐の付き人を務める水神。

  • 冷静沈着で、博識。

  • 武器は水鉄扇。

君吾(ジュンウー)

  • 天界の北帝であり、三界を統治する神。

  • 冷徹で厳しい性格だが、責任感と正義感は強い。

  • 謝憐の才能を見抜き、彼を監視している。

風信(フウシン)

  • 君吾の部下である神官。

  • 常に冷静沈着で、冷酷な印象を与える。

  • 武器は槍。

慕情(ボウジョウ)

  • 君吾の部下である神官。

  • 風信とは対照的に、明るく陽気な性格。

  • 武器は刀。

上記以外にも、物語には様々なキャラクターが登場します。それぞれが個性的で魅力的なキャラクターなので、ぜひ小説を読んでみてください。

小説「天官賜福 1」一番盛り上がる見どころ

小説「天官賜福 1」は、数多くの盛り上がるシーンがありますが、その中でも特に読者の心を掴んだのは以下の3つです。

1. 謝憐と花怜の初対面

物語序盤、謝憐は旅先の街で奇妙な少年・花怜と出会います。花怜は謝憐に尊敬の念を抱いており、積極的にアプローチしていきます。

最初は戸惑う謝憐でしたが、次第に花怜に惹かれていきます。二人の初対面シーンは、ユーモアと緊張感に満ちた、非常に印象的なシーンです。

2. 謝憐と君吾の対決

中盤、謝憐は過去に因縁のある神官・君吾と対峙することになります。君吾は冷酷で狡猾な人物であり、謝憐にとって最大の敵となります。

二人の戦いは、法力と知略を尽くした激しいものであり、読者を最後までハラハラさせます。

3. 謝憐と花怜の再会

終盤、謝憐は生死を彷徨うような状況に陥ります。しかし、花怜の献身的な助けによって、謝憐は命を取り留めます。

再会した二人は、互いの気持ちを改めて確認し、強い絆で結ばれます。このシーンは、感動的で心が温まるシーンです。

上記3つのシーン以外にも、

  • 謝憐が過去を知る人物と出会うシーン

  • 謝憐と花怜が協力して難事件を解決するシーン

  • 謝憐と花怜の過去の秘密が明かされるシーン

など、盛り上がるシーンはたくさんあります。

読者はそれぞれの好みによって、一番盛り上がるシーンは異なるかもしれません。

しかし、いずれのシーンも、天官賜福 1の魅力を存分に味わえるものとなっています。

小説「天官賜福 1」詳細考察

1. 謝憐:葛藤と成長

  • 太子時代の栄光と転落: 謝憐は幼い頃から類稀なる才能を持ち、人々から慕われる仙楽国の太子として育ちます。しかし、800年前に起きた仙界動乱で多くの命を救おうとした結果、逆に多くの人を犠牲にしてしまい、天界を追放される悲劇を味わいます。この経験は謝憐に深い傷跡を残し、彼の性格形成に大きな影響を与えます。

  • 再昇天後の葛藤: 800年後に再昇天した謝憐は、かつての栄光を失い、周囲から冷遇されます。しかし、彼は挫けずに、人間界で小さな善行を積み重ねていきます。この過程で、謝憐は真の慈悲とは何か、そして自分がすべきことは何かを模索していきます。

  • 風信との出会い: 謝憐は旅先で風信と出会い、彼を護衛として雇います。風信は謎めいた存在であり、謝憐にとって重要な役割を果たしていく人物です。

  • 三郎との関係: 謝憐は風信とは別に、三郎という人物と出会い、彼と友情を育みます。三郎は正体は花怜であり、謝憐にとってかけがえのない存在となります。

  • 成長の過程: 謝憐は様々な困難を乗り越え、少しずつ成長していきます。彼は自身の過去の過ちを認め、真の慈悲とは何かを理解していきます。また、周囲の人々との関わりを通して、友情や信頼の大切さを学んでいきます。

2. 花怜:謎と魅力

  • 謎めいた存在: 花怜は様々な謎に包まれた人物です。彼は鬼界の王であり、武神であり、謝憐にとって重要な役割を果たす人物です。

  • 魅力的なキャラクター: 花怜は美しい容姿と強い力で人々を魅了します。また、冷酷な一面を持ちながらも、どこか寂しげな表情が印象的な人物です。

  • 謝憐との関係: 花怜は謝憐に深い愛情を抱いており、彼のことを「殿下」と呼び、常に彼の側に寄り添います。しかし、彼は自身の過去や本心を謝憐に打ち明けることができずにいます。

  • 真意: 花怜は謝憐を救うために様々なことを画策します。しかし、その真意は最後まで謎に包まれています。

3. その他の魅力的なキャラクター

  • 風信: 謝憐の護衛を務める青年。謎めいた存在であり、優れた戦闘能力を持つ。

  • 戚硯: 仙楽国の元将軍。謝憐に忠誠を尽くし、彼を支える。

  • 君吾: 白衣の仙人。穏やかで優しい性格だが、その裏には深い闇を持つ。

  • 半月: 鬼界の将軍。花怜に仕え、彼を忠実に守る。

4. 伏線と謎

  • 謝憐の過去: 謝憐の800年前の過去には、まだ多くの謎が残されています。

  • 風信の正体: 風信の正体は謎に包まれており、今後明かされることが期待されます。

  • 君吾の目的: 君吾の真の目的は不明であり、今後物語の展開に大きく影響を与えることが予想されます。

  • その他: その他にも、様々な伏線と謎が散りばめられており、読者の想像力を掻き立てます。

\200万冊の本が読み放題【1ヶ月無料解約自由】/

5. テーマ

  • 善と悪: 本作では、善と悪の境界線は必ずしも明確ではなく、様々な立場や視点から物事を見ることが重要であるというメッセージが込められています。

  • 慈悲: 真の慈悲とは何か、そしてどのように実践していくのかという問いが投げかけられます。

  • 成長: 主人公たちが様々な困難を乗り越え、成長していく姿が描かれています。

  • 友情: 謝憐と花怜をはじめ、様々なキャラクターたちの友情が描かれています。

6. 影響力

  • 中国で大人気の小説: 本作は中国で大変人気があり、アニメ化やドラマ化もされています。

  • 日本語版も発売: 本作は日本語版も発売されており、日本でも多くのファンを獲得しています。

  • 今後の展開: 今後も続刊が発売される予定であり、今後の展開が期待されます。


12万以上の作品が聞き放題!
天官賜福1をAudibleで0円で聴いてみる
1ヶ月の無料体験(解約自由)


この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?