Ken Nakatsugawa

CLEAVE BODYBOARDSシェイパー。FULCRUMウェットスーツ、FRUITIONリーシュコードのデザイン/プロデュースまで手がけるスーパーマルチボディボーダー。CLEAVE https://cleave.jp

Ken Nakatsugawa

CLEAVE BODYBOARDSシェイパー。FULCRUMウェットスーツ、FRUITIONリーシュコードのデザイン/プロデュースまで手がけるスーパーマルチボディボーダー。CLEAVE https://cleave.jp

    マガジン

    • CLEAVE MAGAZINE

      100%ハンドシェイピングボディボードブランド”CLEAVE”の魅力を様々な角度からお伝えするマガジンです。

    • FULCRUM THE MAGAZINE

      ボディボーダーによるボディボーダーのためのウェットスーツ FULCRUM。FULCRUMの商品開発や使用テスト、ライダー近況などをお伝えするマガジンです。

    ストア

    • 商品の画像

      STOKED 2021.12 Vol.9

      1,000円
      ENTRANCE -collective-
    • 商品の画像

      STOKED 2021.7 Vol.8

      全86ページ、フルカラー、A4サイズ ■表紙:近藤義忠 ■巻頭特集:サーフタウン、千葉一宮町 初のオリンピック競技となったサーフィン。 その競技会場の千葉一宮町を特集します。 オープニングを飾るのは、一宮のスーパー姉弟、2019年ボディボードワールドチャンピオン大原沙莉(姉)そしてオリンピック・サーフィン日本代表大原洋人(弟)。 一宮をホームとするプロボディボーダーや、グルメ、サーフィンな映えスポット、競技会場の志田下を紹介。 ■SURF POOL SESSION 間も無く日本でも開業予定のウェーブプール、静波サーフスタジアム 。オープン前のプールを取材しました。 そして本家本元となるテキサスのウェーブプールで、鈴木彩加、マッククリアリー、ジェフハバードがセッション。ぶっとんだライディングを2号続けてお届けします。 ■My Sweet Bodyboard Life~杉山清貴 80年代一世を風靡し、今なお精力的な音楽活動でファンを魅了し続けている杉山清貴氏。海を愛するボディボーダーでもある杉山さんにツアー途中の種子島でお会いしてインタビューとフォトセッションを行いました。 ■近藤義忠 2019年JPBAグランドチャンピオン近藤義忠によるハウツー第二弾はエルロロ編。目線までを含めて細かく詳しくレクチャー。ショートインタビューや、フォトギャラリーページも。 ■YOUNG GUNS 常にコンテストでは上位、ギャラリーを沸かせる3人のスーパーキッズ・ジュニア。蛭間拓斗・加藤優来・佐藤海斗をフィーチャー。彼らのプロフィールやライディング写真、そしていつも見守る親御さんの思いを紹介。 ■全国ボディボーダーズマップ 今回は西日本編。愛知県~沖縄県までのボディボード大好きな皆さんがお国自慢をします。 ■ボディボードニュース ナンシーカップ、JPBAムービーコンテストのようすをご紹介
      1,100円
      ENTRANCE -collective-
    • 商品の画像

      CL-M MIYA MODEL

      ◾️通常価格¥84,700- (+送料) ◾️限定10本 ◾️リーシュプラグ(ブラック)付属 ◾️リーシュロープ付属 ◾️送料無料 ※ご注文確定後(決済完了後)シェイパーよりご連絡し、ボード詳細についてうかがいます。  お届けまで1ヶ月から2ヶ月です。  【SPEC】 国内生産ハイクオリティポリプロピレンコア ミディアムフレックス テンプレート:CL-M ノーマルバット その他詳細はボードのイラスト参照 ※限定本数10本に達し次第、オーダー受付を締め切らせていただきます。ご了承下さい。 詳しい内容は https://www.cleave.jp
      53,900円
      ENTRANCE -collective-
    • 商品の画像

      STOKED 2021.12 Vol.9

      1,000円
      ENTRANCE -collective-
    • 商品の画像

      STOKED 2021.7 Vol.8

      全86ページ、フルカラー、A4サイズ ■表紙:近藤義忠 ■巻頭特集:サーフタウン、千葉一宮町 初のオリンピック競技となったサーフィン。 その競技会場の千葉一宮町を特集します。 オープニングを飾るのは、一宮のスーパー姉弟、2019年ボディボードワールドチャンピオン大原沙莉(姉)そしてオリンピック・サーフィン日本代表大原洋人(弟)。 一宮をホームとするプロボディボーダーや、グルメ、サーフィンな映えスポット、競技会場の志田下を紹介。 ■SURF POOL SESSION 間も無く日本でも開業予定のウェーブプール、静波サーフスタジアム 。オープン前のプールを取材しました。 そして本家本元となるテキサスのウェーブプールで、鈴木彩加、マッククリアリー、ジェフハバードがセッション。ぶっとんだライディングを2号続けてお届けします。 ■My Sweet Bodyboard Life~杉山清貴 80年代一世を風靡し、今なお精力的な音楽活動でファンを魅了し続けている杉山清貴氏。海を愛するボディボーダーでもある杉山さんにツアー途中の種子島でお会いしてインタビューとフォトセッションを行いました。 ■近藤義忠 2019年JPBAグランドチャンピオン近藤義忠によるハウツー第二弾はエルロロ編。目線までを含めて細かく詳しくレクチャー。ショートインタビューや、フォトギャラリーページも。 ■YOUNG GUNS 常にコンテストでは上位、ギャラリーを沸かせる3人のスーパーキッズ・ジュニア。蛭間拓斗・加藤優来・佐藤海斗をフィーチャー。彼らのプロフィールやライディング写真、そしていつも見守る親御さんの思いを紹介。 ■全国ボディボーダーズマップ 今回は西日本編。愛知県~沖縄県までのボディボード大好きな皆さんがお国自慢をします。 ■ボディボードニュース ナンシーカップ、JPBAムービーコンテストのようすをご紹介
      1,100円
      ENTRANCE -collective-
    • 商品の画像

      CL-M MIYA MODEL

      ◾️通常価格¥84,700- (+送料) ◾️限定10本 ◾️リーシュプラグ(ブラック)付属 ◾️リーシュロープ付属 ◾️送料無料 ※ご注文確定後(決済完了後)シェイパーよりご連絡し、ボード詳細についてうかがいます。  お届けまで1ヶ月から2ヶ月です。  【SPEC】 国内生産ハイクオリティポリプロピレンコア ミディアムフレックス テンプレート:CL-M ノーマルバット その他詳細はボードのイラスト参照 ※限定本数10本に達し次第、オーダー受付を締め切らせていただきます。ご了承下さい。 詳しい内容は https://www.cleave.jp
      53,900円
      ENTRANCE -collective-
    • もっとみる

    最近の記事

    【チャン♪チャン♪スチャチャン♬】

    さあ!大変ご無沙汰しておりましたnoteへの投稿ですが、皆さまコロナ禍いかがお過ごしでしょうか? 今回はまさかの1960年、映画Psychoのメインテーマ曲からのスタート!(笑)ちなみに、シャワールームで包丁を振りかざすシーンでは『キュ~ッ!キュ~ッ!キュ~ッ!キュ~ッ!』・・・でしたね。 久々の投稿につき、今回は少し長めです気づけばいきなりの7月!サプライズなのか!?と思うほど、時の流れが音速域に達しています。ボディボーダーの皆さんがヘヴンと呼んでいる鵠沼海水浴場もこれを

    スキ
    9
      • 【ボーヤンスィー=buoyancy=浮力】

        皆様大変ご無沙汰しておりました。世の中の動きが大きく変わってきた2020年。動きが大きく変わったという点でマガジンが滞っていたわけではなく、熱狂的なCLEAVEファン皆様の応援によって大変忙しくさせていただけること、この場を借りて感謝申し上げます。 自分の気持ちの中も含め、CLEAVEとして歩むべき方向性が改めて明確になり、ここから5年のビジョンがはっきりとしたものになりました。 さて、先日終了したCLEAVEオーダーフェアの中で、恐らく自分が一番口に出したワードであろう

        スキ
        6
        • 【フィードバック〜追求〜進化】

          ボードを今より更に進化させるためには、開発という言葉の元に取り組まれるトライ&エラーはもちろんのこと、契約ライダーからのフィードバックがとても重要です。感性、直感のままにシェイピングするのではなく、フィールドでのテストを繰り返し、起こしたデザインをライディング感覚としてライダーが感じ取ることができるようにすること、そしてそのデザインをベースとし、確証を元に正確にシェイピングできることが本当の意味でのシェイパーだと僕は考えます。 世の中カスタムボードと言っても色々な種類がありま

          スキ
          10
          • ボードの要

            **コア材の色々 **メイドインジャパン CLEAVEでは、ミディアムフレックスコア、スーパーハードフレックスコアというポリプロピレン発泡材を採用しています。それらは全て日本製コア材となり、栃木県鹿沼市からハイクオリティーなものが届けられます。 この日本製フォームに辿り着くまで、創業当時からほんの数年前までは海外からの輸入に頼ってました。現在でも国内生産製品が無いボディボード用デッキ、ボトムマテリアルと一緒に購入していましたが、日本製フォームのクオリティーの高さを知って

            スキ
            7

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • CLEAVE MAGAZINE
            Ken Nakatsugawa
          • FULCRUM THE MAGAZINE
            Ken Nakatsugawa

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            【Quality for Performance】

            機能美CLEAVEでは "QUALITY FOR PERFORMANCE"というキャッチコピーを掲げています。 同じ乗り物として例えても、自動車やオートバイ、航空機にいたるまで、緻密な計算をもとに落とし込まれたデザインは、実用的なデザインを優先させているとはいえ、機能と美のコンビネーションを最高レベルで高めたものであることに間違いありません。 CLEAVEでも基本思想は変わらず、皆様にお届けするボードの完成度を自らの手で出来る限界まで高めるため、色々な道・工具を使い手作業

            スキ
            6

            【新たな世界をnoteから】

            はじめまして!…の方がいらっしゃると思いますので、まずは簡単な自己紹介から。 僕の仕事は真っ白なポリプロピレンフォームからボディボードを作り出す ”シェイパー” 、そしてウェットスーツや関連グッズ等をデザインしています。クリエイターなんて聞こえのよいものではなく、実際は粉だらけ!真っ白になりながらセコセコと手を動かす手技職人です。 えっ?ボディボードをご存じない?こんなに楽しいのに?笑 悲しいかな今はそれが当たり前なのです! 足にフィン(足ひれ)を装着し、ボー

            スキ
            11