見出し画像

好きな動画:映画関連編

ましろ

好きなものはできるだけ共有したいので、youtubeにあるお気に入りの動画を10本共有します。
今回は映画関連のみに絞りました。サムネは自分で描きました





⒈ Clean, Shaven | Trailer [HD]

Clean Shavenという映画のファンメイドトレーラーです。
日本では1996年にレイトショーのみで公開されていた映画で『クリーン、シェーブン』として2021年に再公開されています。

頭に受信機、指に送信機。男はそう信じていた。施設出所後、男は里子に出された娘を探し故郷に戻るが、図らずも幼児殺人容疑で刑事に追われ、その世界は混迷を極めていく。

http://clean-shaven.com/

本編は統合失調症を持つ主人公視点で進みます。
カメラワークやノイズ混じりの音響で主人公の不安定な精神や不快感を表現していて没入感が凄まじいです。あまり元気でない時に観るといろいろ持っていかれるかもしれません。

これが気になる人にはこれもおすすめ:アングスト


⒉ Slaughtered Vomit Dolls 10th Anniversary Clamshell DVD edition !

Slaughtered Vomit Dollsという映画のトレーラーです(思いっきり吐血してるので注意

Vomit Gore… ゲロ血糊(直訳) 
というジャンルの、ものすごい映画を作ってる人のものすごいシリーズです。監督名は Lucifer Valentine  です。すごい……
音質と画質の悪さと言語化が難しい編集のアングラ臭、チープさが癖になります。

日本では当然発禁なので本編を視聴するハードルはかなり高いです!
映画というかそういうAVなのかなこれ……

禍々しいパッケージ


⒊『紀子の食卓』予告編

園子温の映画です。
この監督の映画自体好きと言いにくくなったけど、これだけどうしても好きなので載せました。
紀子の食卓は家族という概念が好きな人は好きだと思います。

本編中の『バラが咲いた』とテーマ曲の入れ方が強烈で、一回聴くと耳から離れなくなります
予告でも流れてるあのインスト曲はなんだろうと思って調べたらオリジナル曲でした。Lemon Songっていうらしいです。


⒋ The House That Jack Built | Official Trailer

『The House That Jack Built』『ハウス・ジャック・ビルト』という映画のトレーラーです。このnoteのサムネになってるシーンがある映画です
監督は『ダンサー・イン・ザ・ダーク』のラース・フォン・トリアー。

汚いショーシャンクの空に(2:12)

OCD(強迫性障害)持ちの要領の悪い人殺しの自分語りをグールドのピアノや古い絵画や映像と共に2時間半聞かされる映画です!

視覚的 / 聴覚的 / 内容的にここが無理 になるポイントが15個くらいある映画で、2時間半から解放された時には妙なカタルシスを感じるほどに苦しい映画です。

観る人がいれば、エンドロールまで耐えてください 

大好き大好き大好き大好きな映画です本当に♥♥♡♡♡♡


⒌ 映画『ロンドンゾンビ紀行』予告編

この映画が好きな人は多分タッカーとデイルも好き!
予告の映像としてより好きなのはこっちなのでこっちを貼りました

おじいちゃんとおばあちゃんがゾンビ相手に銃火器ぶっ放します。若者もいる
友人などと観るととってもいい☆☆☆☆☆になれること間違いなしの映画です。
こういうタイプの映画って星つけるアプリで評価するときすごい困りませんか?『星つけられないけど好き』枠を設けてほしいです。

一人で見ると星1つ〜2つだけど大人数で観ると星5つみたいな映画、いっぱいあるよな。

絵面がいい



⒍ 映画『リリイ・シュシュのすべて』TVspot 240秒

小林武史によるリリイ・シュシュのサウンドと、田園風景を包み込むドビュッシーのピアノ曲が、「十四歳」の少年少女たちの痛みと焦燥、そして内側に隠れたイノセンスを、リアルに、強烈に描き出す。

とりあえず4分10秒見てほしいです!
この映画は本当にすごいです。すごいと言っても話がすごいとか画がすごいとか色々ありますけど、たまらない気持ちになるという意味でこの映画はすごいです

たまらないよ……


⒎『ミッドサマー』本国ティザー予告

やっぱり映像が綺麗!大体どこで止めても画になる。
同じ監督の映画ではヘレディタリー/継承の方が内容が好みではあるんですが、ミッドサマーの映像って本当に綺麗で…… これを映画館の暗闇の中で大画面大音量で見た時の体験って凄まじい。

アリ・アスターの人体破壊描写とじわじわ精神を蝕んでくる人間の描写にはこだわりを感じるというか これ好きなんだろうな……と思います。かなり。


⒏ 電影《咒》Incantation 前導預告

台湾のホラー映画 呪詛/原題『咒』 のティザー映像です。
これだけでも超怖いです!

映像としてかっこよすぎる!静かな映像から始まっての怒涛の1:30以降  メロメロになります。本当にかっこいいな…… 2分半で惹きつけられます。

そしてこの映画、Netflixで7月8日から配信開始予定です…!!


みんなも、Netflixを契約しよう!
そして、ついでに、リックアンドモーティも観よう。


⒐ Drive - Movie Trailer (2011) HD

『ドライヴ』 (Drive) 
この予告編が映像として好き というよりかは この映画が好きすぎる という理由で載せています。

もちろん予告もかっこいいんですが、それだけでは伝わらないいいところがたくさんあるのでぜひ本編を観てください。

曲がいいんですよね本当に……

超おしゃれなレコードも出てます。amazonのリンクを貼ってしまいすみません

また、Hotline miamiというゲームはこの映画に強い影響を受けて制作されており、クレジットにはドライヴの監督の名前も載っています。

“Nicolas Winding Refn”

好きな映画関連の動画紹介というか好きな映画紹介になってきたのでこのへんにしておきます。


⒑映画「戦場のピアニスト」日本版劇場予告

原題「The Pianist」
第二次世界大戦下にあるワルシャワを舞台にした、実在のユダヤ系ポーランド人のピアニストの記録を元にしている2002年の映画です。


この映画で流れるショパンのバラード1番は本当に揺さぶられます。 
大好きな映画、大好きな予告編!
今の時代いろんな人にもう一度観てほしい映画と思います。



動画共有というか結局好きな映画紹介になってないか?
紹介というにはペラペラすぎるので文章はあんまり気にしないで貼られた動画だけ見てくれるとたすかります。

また気が向いたら音楽編/よくわからない動画編/ゲーム編とか色々やりたいです。

これは完全に日記ですが、最近観た映画の中だと『さがす』と『容疑者Xの献身』が特にツボでした。



終わ



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ましろ
なんこれ