私がマンチェスターシティを好きな理由
見出し画像

私がマンチェスターシティを好きな理由

初めまして。

Twitterでマンチェスターシティ関係の呟きなんかしてた「りいち」と申します。
ガチ本名です。

軽く自己紹介します。

私は東京都八王子市に住む29歳です。

大学は駒澤大学に進学、ディップ株式会社という1部上場企業にて営業職を3年程経験。
その後父が40年経営してる零細企業を弟と継いで頑張っているという感じです。

世間の事はよくわかりませんが、平凡な29歳だと思います。

変わってる事があるとすれば、海外サッカーについての夢がある事、親友が200cmあるイタリア人だと言うことです。


(ダイエットした親友のマルコ。彼はサッカー観戦で行ったボローニャでナンパし松戸に住んでます。)

話が逸れました。
私には、3つの夢があります。

①英語ペラペラになって、マンチェスターシティの試合を日本のみんなで観に行く

②英語の新聞をカッコよく読めるようになり、マンチェスターに移住する

③マンチェスターシティを日本一人気な海外サッカークラブにする


改めて書くと中ニ病丸出しみたいな夢ですいません。笑

でも大学生の頃に海外サッカーが好きになってからなんとなく願っていた夢です。

冷静に考えると今マンチェスターに移住するのは会社もあり無理ですが、いつかお金を貯めてリタイアして達成したい。
老後にマンチェスター行ってもつまらなそうなのでできれば10年後ぐらいには達成したい。

マンチェスターシティのファンも増えてほしい。
日本には熱狂的なグーナーやKOPが多く羨ましい。あんな熱量のファンと一緒にシティを応援するイベントとかやりたい。

以上ですが、自分にとっては少し大きめな夢です。
英語の勉強からも逃げてきた自分にとっては特に。

今まではいつか本気になるから、叶うだろうって思っていました。
RHYMESTERの「待ってろ今から本気出す」状態です。

でも漠然と思ってるぐらいでは叶わないそうです。
毎日毎日、強烈に思わないとダメらしい。
本田圭佑がそんな事言ってた気がする。

だから追い込む意味でもネットに書き込んでみました。
マンチェスターシティや海外サッカーが好きで似たような夢がある人がいたら、一緒に頑張りましょ。

マンチェスターシティを好きな理由

大好きなマンチェスターシティというクラブについて書きたいと思います。

マンチェスターシティってみなさんどんなイメージ持っていますか?

・金満クラブ

・油

・イキリ成金

・ウイイレ脳

・・・・・・



あ、もう大丈夫です。
あんまいいイメージないですよね。

本国では奴隷労働させてるって噂のアラブの王族がオーナーのクラブです。

その人達の金の力で躍進してる。
しかも強い。目下21連勝のイングランド記録樹立中。

昔からイングランドサッカーを応援してきた人が嫌う理由もわかります。(ライプツィヒと似たロジックで)
イングランドには、他に魅力的なクラブが多いですしね。

でも極東の島国から、そんなクラブに心奪われる日本人がいます。

その人達って、なんで好きになるでしょうか。

皆さんの詳しい理由をまだ知りませんが、
それぞれ好きになる理由があると思います。

おじいちゃんが好きだった地元クラブだから!
なんて単純な理由は有り得ないですよね。

日本から、アラブ人が所有してるサッカークラブが好きになる理由。気になる。

それはその人にしかわからない、人生に密接に関係した理由があるのではないか。


たまにリバプールファンとマンチェスターシティファンが、日本のTwitter上で喧嘩してるの見ると不思議な気分になります。

みんなそれぞれのストーリーがあってそのクラブのファンになる。

その理由を知れたら、あんなくだらない喧嘩なくなると思うんだけど。

私がマンチェスターシティを好きになるまで


好きになった理由を知れたら、

「なんであんなクラブ好きなんだ!!?」

って理由が解けたら、いがみあう事もなくなってむしろ愛おしくなるかも。

そう思うから自分がマンチェスターシティを好きになるまでのストーリーをお話しします。

読んでみてどう思ったか感想貰えると嬉しいです。


遡る事10年ほど前。
多分あれは、2011年?2012年?

大学生のころ。
やりたい事もなくただ漠然と暇な大学生活を送ってる頃に没頭してた事が一つありました。

「香川真司」です。

その頃ドルトムントで活躍していた彼は20代そこそこで、世界を相手に驚愕のペースで得点を量産していました。

私より2つ上の同世代の彼が、努力に努力を重ね、自分の才能を磨き、憧れのメッシを追いかけて世界を相手に戦っている。


MARCHを目指して入れず、消化試合の大学生活を送っていた自分の劣等感を吹き飛ばす程の勢いでバイエルンすら粉砕してる。

カッコよかったし、憧れた、痺れた。

死ぬほど毎週の活躍が嬉しかったし、
マンチェスターユナイテッドに移籍が決まったときは赤飯を炊く勢いで喜びました。

カウンターサッカーのイメージのある移籍先での役割が少し心配でしたが、
不安を消し飛ばすようにユナイテッドで香川は活躍してくれた。

ハットトリックや

リーグ優勝




CLの決勝でバルセロナにボコボコにされた経験を経て、ファーガソンユナイテッドは着実にパスサッカー主軸のクラブに変貌を遂げつつありました。

その中心に香川真司がいたのです。

歴史あるユナイテッドで不滅の名将の元で輝く同胞を見て喜ばないわけがない。
今思い出しても震える。

就活の時期と重なっていた私は、
香川の活躍にモチベートされながら、なんとか上場企業の内定をもぎ取りました。


しかしそんな幸せな日々も束の間。シーズン終わりに紳士の国からあるニュースが舞い込んできます。

ファーガソン監督の退任

モイーズ新監督の就任

ファーガソン監督は自らドイツに足を運んでまで獲得した香川を我が子のように可愛がり、サクセスストーリーの礎を作ってくれました。

が新監督のモイーズは違った。

1試合で81本のクロスを放つ、
戦術のせの字もないバカサッカーを開始。

81本と言われてもピンとこないと思うので説明すると、サッカーは90分のスポーツです。

90分➗81本=1.1

つまり約1分に1本のクロスを上げている。

そんなサッカー見たことありますか??
見たいですか??

そんなイカれたサッカーの中で重宝され始めたのは、前に指揮していたエバートンから連れてきた194cmのアフロ。

冗談のような本当の話です。

盛って170cmしかない、香川は次第に出番を失いユナイテッドは宝の持ち腐れ状態。

英国ではevil KAGAWAなんてTwitterアカウントが一世風靡し、#FreeShinjiがトレンド入りする始末。。

そんなサッカーが現代では結果を残せるはずもなく、程なくモイーズ監督は解任。

香川も放出され、ファーガソンから切符を貰って始まったイングランドでの夢の挑戦は挫折という形で終わりました。。。


私は香川の事を考えるだけで心身を病み、社会のストレスに疲れ始めて鬱気味な生活を送る事になりました。

夢に出てくるほどモイーズを憎み、次第にクロス一辺倒の戦術のないサッカーを極端に嫌うようになりました。

ニコ生でヤングのクロスを見て死にたくなる日々にもう戻りたくない。

ユナイテッドを見るのは好きだったけど、香川もいないし違う趣味でも見つけようと思っていた矢先。

そんな生活を救う救世主に出会う事になりました。

【ペップグアルディオラ】

この人を知ってから私は人生は変わりました。

隣人のライバルにあたってしまうマンチェスターシティの監督。

しかしモイーズ監督とは逆の戦術や発想。

ファーガソンの大事な後継者にモイーズを指名して香川を追い出したユナイテッドをもはや憎いんでいた私は、
やがて隣人がプレミアリーグを圧倒していく姿に心酔していきます。

規律のある前線からのプレッシング

キーパーを含めたビルドアップ

試合中の細かなポジションチェンジ

ダビドシルバ

セルヒオアグエロ

チームの一体感

・・・・・・・

具体的にこの頃どの試合を見てどう思ったかについては、書くと膨大な量になるので別記事にさせて下さい。

とにかくペップやシティ調べるにつれて、
彼の情熱や本気で取り組む試合が大好きになりました。

モイーズによって枯れた私の心の花に、
水を与えてくれたのです。

余談ですがペップは18歳の時から交際していた女性と結婚し、家族を大切にする所があります。

そこに憧れて私も幼馴染と交際開始するなど私生活でも面白い変化があり、それによってどんどん幸せになっていきました。

少しペップ信者になりすぎて、心酔しすぎてしまう自分を不安にもなりましたが、
いいんです。幸せにしてもらったので。




と、私の場合はこんな感じです。

【香川真司への歪んだ愛と
モイーズへの憎しみが
ペップへの愛情へと昇華した】

短くまとめるとこんな感じです。 

少し極端ですが、こんなストーリーが皆さんにもありませんか??

私はこんな理由でアーセナルが好きなんです!
リバプールが好きなんです!!
ウェストハムが好きです!!

みたいな話が凄く知りたいので、よかったらTwitterのDMなんかで教えて下さい。


ちなみにこのnoteは中村慎太郎さんの【サッカー記事を書くための精神論を殺戮ショーに仕立てました】
を一昨日読んで俺でも書ける!って気持ちになり1日仕事サボって書いてみました。

https://note.com/hatonosu/n/n200d74b82163


最後に私と友達達の写真を。

皆さんのストーリーを知って、一緒に美味しいお酒が飲める日まで。。。

ps.粕谷秀樹さんってなんでユナイテッドがあんなに好きなんだろ。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
🇯🇵→🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿2021/8/29〜マンチェスターに住んでいます!