Reuse(リユース)を愉しむ
見出し画像

Reuse(リユース)を愉しむ

こんにちは。本日は、中央軒煎餅の商品パッケージを用いた、Reuse(リユース)の提案をしていきます!

Reuse(リユース)とは、一度使ったものをごみにせず何度も使うということです。何ができるのか考えて、オリジナルのものを制作する“愉しむリユース”をしてみてはいかがでしょうか。中央軒煎餅の商品ではどんなことができそうなのか考えてみました。

趣味の延長として

「大切な本を汚したくない」「何を読んでいるのか知られたくない」などブックカバーをつける理由はそれぞれですが、お気に入りの柄の包装紙をブックカバーにすれば、個性がプラスされて読むときの高揚感が更に高まるかもしれません。

画像1

スモーキーピンクの「きりのさか」の缶には優しい色のドライフラワーを飾ってみるのはどうでしょう。「kumitte(クミッテ)」の丸缶には、小さな観葉植物で箱庭を作ってジオラマを乗せて見たり、フェイクグリーンの多肉植物の華やかな寄せを作れば、お部屋の中でずっと楽しめるインテリアになります。

画像2

かわいい物入れとして

クールなブラックのキッチンツールも、ピンクのかわいらしさで優しい雰囲気に。真っ白な缶は汎用性が高いので、お裁縫入れや、リボン・マスキングテープ入れにも活用できます。

画像3

画像4

見せる収納で楽々お片付け

子どもに片付けを任せても大丈夫なポイポイと入れられる巾着はとても便利です。見せたくないときはキュッと結んでスッキリとした収納にもなります。

画像5

他にも様々なリユース方法が考えられると思います!
自分らしいリユースをぜひ見つけてみてください。


おかき革命!まもなく創業100年を迎えるにあたって、これまで大事にしてきた伝統的なおかきづくりを継承しながらも、新しいおかきの時間を提案していきたいと考えています。【公式HP】https://www.chuoken.co.jp