みんなでつくる中国山地
<一般公開イベント> 4/5(火)清明の市 「なぜいま中国山地なのか」みんなでつくる中国山地百年会議 003号(2022年度)会員募集トークライブ
見出し画像

<一般公開イベント> 4/5(火)清明の市 「なぜいま中国山地なのか」みんなでつくる中国山地百年会議 003号(2022年度)会員募集トークライブ

みんなでつくる中国山地

こんにちは!みんなでつくる中国山地・広報担当の山川です。
週末はお花見だった方も多かったのでしょうか?私が住む島根県浜田市も至る所で桜が満開で、とても気持ちがいい週末でした^^

さて、新年度がスタートし、続々と入会・更新のお申し込みをいただいています!本当にありがとうございます!今年度も多くの方々と楽しく活動できることが今から楽しみです!


そして早速来週には、新年度一回目の市(イベント)があります!
通常の市は会員限定公開イベントですが、今回は一般公開イベントとして、なぜいま「中国山地」なのか、をテーマにトークイベントを開催します。


中国山地から「過疎は終わった!」と問いかけ、100年続けることを掲げて創刊した年刊誌『みんなでつくる中国山地』。
なぜいま中国山地に着目した新しいメディアを創刊したのか。002号の「暮らしが買えると思うなよ!」の真意とは。会員になると、どんな特典があるのか。そんなお話を我らが藤山浩会長をゲストに迎え、ライブでお届けします!

中国山地に暮らしている方はもちろん、地域や暮らしについて見つめ直そうと全国各地でがんばっている方々にもぜひ参加してもらえたらうれしいです!
そして当日はコメントや質問も大歓迎です!もちろん耳だけ参加でOKですので、たくさんのご参加をお待ちしています^^


==== イベント詳細 ====
◆日時:4月5日(火) 19:30〜20:30(予定)
◆参加費:無料
◆参加方法:Facebookライブで開催します。下記イベントページで「参加予定」を選んでいただくと、お時間になりましたら通知が届き、スムーズに参加できます。
◆イベントページ: https://fb.me/e/1LgHONrj9


登壇者プロフィール】
藤山 浩(ふじやま こう)
一般社団法人 持続可能な地域社会総合研究所 所長
1959年、島根県益田市生まれ。一橋大学経済学部卒業。博士(マネジメント)。島根県中山間地域研究センター等を経て2017年より現職。総務省地域力創造アドバイザー他、国・県委員多数。専門は、中山間地域政策、未来社会論、地域計画、地域分析(人口・経済)、地域づくり支援。著書に「田園回帰1%戦略」、「循環型経済をつくる」、「小さな拠点をつくる」、「日本はどこで間違えたのか」など


新年度会員募集については<こちら>をご覧ください。
『みんなでつくる中国山地』の取扱店舗は<こちら>より
また、インターネットでの購入は<こちら>より


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
みんなでつくる中国山地
2020年から100年間、毎年発行を目指す『みんなでつくる中国山地』の出版事業を中心に、中国山地の活動をつなげるための各種実践プロジェクトの推進、データベースの充実、学びの提供を目指しています。 https://cs-editors.site