見出し画像

「白井さんのおうちがみんな大好きになっちゃった」 —みんなで撮ろう中国山地with七咲友梨さん

 『みんなでつくる中国山地 創刊号』を記念したイベントが続いて開催されています。11月21日は、創刊号の写真を撮影した写真家・七咲友梨さんと一緒に中国山地の「暮らし」を撮影するイベントがありました。会場は、「みんなでつくる中国山地百年会議」の会員でもある白井自然農園さん。参加した会員さんは、七咲さんとの写真撮影を楽しみつつ、中国山地的な暮らしを営む白井さんご夫妻による農園ツアーを満喫しました(白井自然農園さんの詳細はこちら)。

豊かな自然に囲まれる白井自然農園

 会場になった白井自然農園は、白井隆弘さんと稚子さんが営む島根県飯南町に位置する農園。自然農で農業をしたいと、集落から少し離れた築90年の空き家に2018年11月に関西から移住したそうです。耕作放棄地を復活させて、4反の田んぼと畑で複数の野菜やお米を自然農法で育てています。収穫した野菜やお米から種を採って次につなげたり、かつての風呂場を鶏小屋にして在来種の鶏を育てたりと手作りの暮らしを営んでいます。
 少人数で開催したイベントでは、豊かな自然の中で、柔らかな雰囲気の2人と贅沢な時間を過ごすことができました。

白井さんご夫妻

農園ツアーと写真撮影会

 白井さんの農園に到着すると、参加者のみなさんは白井さんの暮らしに興味津々。そこで、白井さんご夫妻に農園ツアーをしてもらいながら、写真撮影をすることになりました。白井さんのおうちには、マヤ(牛小屋)があり、かつて使われていた道具があり、近くの大きな木の下には祠があり、8町の山には水源もあるといったように、参加者それぞれの琴線に触れる場所がたくさんありました。その都度立ち止まり、みんなで話した後、七咲さんから出た「白井さんのおうちがみんな大好きになっちゃった」という言葉が当日の様子を表しています!

白井農園ツアー

マヤの屋根裏

みんなで学ぶ中国山地
 

 今回のイベントでは、お互いが学び合っていた様子が印象的でした。白井さんご夫妻からは中国山地的な暮らし、七咲さんからは写真、会員のみなさんからは古民家や道具、たたら製鉄、地形の特徴といった話がどんどん出てきて、それぞれが話に聞き入っていました。人が営んできた暮らしの歴史があり、それを引き継いで暮らす白井さんご夫妻でした。
 ツアーを満喫した後は、白井自然農園で採れた野菜と卵をいただきました。どれも非常においしかったです。
 突然の申し出を受け入れてくださった白井さん、七咲さん、参加してくださった会員のみなさん、ありがとうございました。写真撮影会や暮らしのツアーといったようなイベントも続くといいなと思います!

祠の発掘

白井農園外観

 鶏がたくましく、とても印象的だったので、最後におまけの2枚を追加します。

白井さんと鶏

稚子さんと鶏

(中国山地編集舎・江見光太郎)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
7