新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
note_IDEOバナー_マガジンヘッダー画像

総説 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)


2020年3月8日
国立国際医療研究センター 国際感染症センター 忽那賢志

感染症総合情報誌J-IDEOでは、本誌号外として国立国際医療研究センターの忽那賢志先生による「総説 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)」を先行公開致します。忽那先生に現時点における最新知見をまとめて頂きました。

【3月10日更新】
本文中および文献リストの文献番号をクリックすることで、PubMed等の原著論文情報にアクセス出来るようになりました(一部文献は非対応)。


ポイント

・新型コロナウイルス感染症(COVID-19)はSARS-CoV-2による呼吸器感染症である。
・2020年3月7日現在、世界中で101,927人の感染者が報告されており、日本では462人の感染者が報告されている。
・現時点では不明な部分があるものの、接触感染および飛沫感染による伝播が主体と考えられている。
・発症から数日~1週間ほど上気道炎症状が続き、一部の患者では肺炎症状が悪化し重症化する。基礎疾患のある患者および高齢者は重症化のリスクファクターである。
・鼻咽頭スワブまたは喀痰のPCR検査でSARS-CoV-2を検出することで診断する。
・治療は対症療法が主体となる。現時点では有効な治療薬はないが、複数の薬剤の有効性が検討されている。
・感染対策は標準予防策に加え、接触予防策、飛沫予防策を遵守し、エアロゾル発生手技を行う際には空気予防策を行う。

病原体

画像1

[表1]コロナウイルスの種類とその特徴

 これまでにヒトに感染するコロナウイルスは4種類知られており、かぜの原因の10~15%を占める原因ウイルスである。ヒトコロナウイルスによる急性上気道炎は夏、秋に少なく冬や春に増えるとされており【12】、大規模な流行は2-3年周期に起こるという【3】。ヒトコロナウイルスにヒトが再感染することはしばしばあり、これは抗体の減少が比較的早く起こるためと考えられている【4】。無症候性感染者の頻度は年齢によって異なるが、成人では約3割と考えられる【56】。
 またイヌやネコ、ブタ、ラクダ、コウモリ、スズメなど動物に感染する固有の動物コロナウイルスも存在することが知られている【7】。しかし、これらの動物固有のコロナウイルスはそれぞれ種特異性が高いため、種の壁を越えて他の動物に感染することはほとんどないと考えられていた。
 2002年中国広東省に端を発したSARS(重症急性呼吸器症候群)は、コウモリ(あるいはハクビシン)のコロナウイルスがヒトに感染したと考えられ、ヒト-ヒト感染を起こすことで8,096人の感染者と774人の死者を出した(致死率9.6%)【8】。また2012年には中東でMERS(中東呼吸器症候群)が報告され【9】リザーバーはコウモリとヒトコブラクダであり、主にヒトコブラクダからヒトに感染する感染症であることが判明した【10】。MERSは2020年3月時点で2,494人の感染者と858人の死者が報告されている(致死率34.4%)。このように、これまでに動物、特にコウモリの保有するコロナウイルスがヒトに感染し、そこからヒト-ヒト感染が起こることでヒトでの流行が起こるコロナウイルス感染症が2つの病原体において知られていた。
 そして2019年12月から中国の湖北省武漢市で発生した原因不明の肺炎は、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)が原因であることが判明した【11】。コロナウイルスの中ではSARS-CoVと同じベータコロナウイルスという亜属に分類される[図1]。受容体結合遺伝子領域の構造は、SARS-CoVの構造と非常によく似ており、細胞侵入に同じACE-2受容体を使用することが示唆されている。

図1

[図1]OrthocoronavirinaeサブファミリーにおけるSARS-CoV-2
およびその他のベータコロナウイルスゲノムの系統解析 文献11より引用

 新型コロナウイルスの宿主動物は2020年3月時点ではまだわかっていない。しかし、中国での流行早期では武漢市にある海鮮市場に関係のある患者が多いことがわかっていた【12】。このため、新型コロナウイルスの宿主動物はこの海鮮市場で売られていた何らかの動物ではないかと推測されている。系統解析ではコウモリの持つコロナウイルスが近縁であることがわかっている。コウモリがSARS-CoV-2の宿主である可能性は高いが、コウモリから直接ヒトに感染したのか、あるいは他の中間宿主が存在し、その中間宿主からの感染が起こったのかは不明である【13】。

疫学

 2019年12月31日、中国湖北省武漢市で原因不明の肺炎の症例についてWHO中国カントリーオフィスに通知された【14】。27例中7人が重症患者で、多くは海鮮市場と何らかの関連があるとのことであった。年が明け2020年1月8日にはこの肺炎患者の多くが新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)による肺炎であることが判明した【15】。なお、この当初の確定例41例の報告によると、海鮮市場で働いていたなど何らかの関係があったのは全体の66%であった【12】。しかし、2019年12月上旬の時点ですでに海鮮市場と関連のない症例が複数存在することから、この時点ですでにヒト-ヒト感染が起こっていた可能性が高い。
 武漢市ではその後1月18日に4例、1月19日に17例、1月20日に136例と徐々に増加し続け、1月12日にタイで、1月16日に日本で武漢市からの輸入例が報告された【16】。中国国内でも広東省、北京市と感染者が報告され、中国全土へと広がっていった。1月30日にWHOは「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態Public Health Emergency of International Concern、PHEIC」を宣言した。
 2020年3月7日現在、世界中で101,927人の感染者が報告されており、このうち中国が80,813人を占めている(Coronavirus disease 2019 (COVID-19) Situation Report - 47)。日本では3月8日時点で462人の感染者が報告されている。中国以外では、韓国、イタリア、イラン、フランス、ドイツなどで患者が多く報告されている。

伝播様式

 流行初期の武漢市では海鮮市場の関係者が多かったことから、動物からヒトへの感染があったことが示唆されている【16】。しかし、現在の感染伝播は主にヒト-ヒト感染である。
 現時点ではヒトからヒトへの伝播において不明な部分があるものの、接触感染および飛沫感染による伝播が主体と考えられている。便【17】や唾液【18】からもウイルスが検出されているものの、感染伝播にどれくらい寄与しているのか現時点では明らかではない。
流行当初からの大きな疑問として、接触者調査の対象者からはほとんど感染者が出ていないことが挙げられる。中国においても濃厚接触者のうち数%に過ぎず、アメリカにおいても10人の確定患者との接触者445人のうち発症者はわずか0.45%であった【19】。ではなぜこのように感染が拡大しているのであろうか。
 可能性の一つとして、無症候性感染者から感染が拡大している可能性がある。すでにいくつかの報告で無症候性感染者からの感染と考えられる事例が報告されている【202122】。こうした無症候性感染者から感染が起こっているとすれば、症候性の感染者との接触者からは感染者が出ていなくても、感染が拡大していることは説明がつく。中国の44,672人の新型コロナウイルス感染症患者のデータからは、中国の人口分布と比較し20歳未満の若年層の感染者が少ないことがわかる[図2]【23】。しかし、これは若年層が新型コロナウイルス感染症に罹患しないというわけではなく、若年層の多くが無症候性感染者または軽症であることから診断に至っていないだけではないかと推測される。したがって、症状の乏しい若年層から感染が広がっている可能性も現時点では想定しておく必要がある。さらには、西浦らの報告では、serial interval(一次感染者の発症から二次感染者の発症までの間隔)は潜伏期よりも短いと算出されており、発症前、あるいは発症しているがごく軽微な症状の時期でも感染性がある可能性がある【24】。

図2

[図2]中国の感染者数と人口分布 文献23を元に作成

また、特定の環境においては集団感染が起こりやすいことがわかっている。日本国内ではバス、屋形船、ライブハウス、スポーツジムといった「換気の悪い閉鎖空間」での集団感染が報告されている。またクルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号でのアウトブレイクも新型コロナウイルスにおける集団感染の象徴的な事例と言える(Japanese National Institute of Infectious Diseases. Field Briefing: Diamond Princess COVID-19 Cases, 20 Feb Update. https://www.niid.go.jp/niid/en/2019-ncov-e/9417-covid-dp-fe-02.html (Accessed on March 06, 2020).)。このように特定の空間ではスーパー・スプレディング現象が起こると考えられる。
 SARSやMERSでもスーパースプレッダーと呼ばれる患者の存在が知られていた【25】。2015年に韓国でMERSが流行した際には1人から29人、86人に感染を広げたスーパースプレッダーの存在が確認されている【26】。これらの感染症では、約8割の患者はほとんど他者に感染をさせることはないが、約2割の患者では1人から多数の患者に感染させることが疫学的にわかっている。これは20/80ルールと呼ばれる【27】が、これが新型コロナウイルス感染症についても当てはまる可能性がある。新型コロナウイルス厚生労働省対策本部クラスター対策班の調査によると、2月26日までの国内例110例では、感染者の約8割は他人に感染させておらず、感染を広げているのは感染者のうち2割であったと報告している(厚生労働省. 新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)令和2年3月7日時点版)[図3]。これらの2割は「換気の悪い閉鎖空間」で広げており、こうしたクラスターの発生を防ぐことが感染拡大を防ぐ上で重要である。

図3

[図3]一人の感染者が生み出した2次感染者数
(新型コロナウイルス厚生労働省対策本部クラスター対策班)

臨床症状

 潜伏期は14日以内であり、多くの症例が曝露から概ね5日で発症する【15,23】。
 多くの有症状者で発熱、呼吸器症状(咳嗽、咽頭痛)、頭痛、倦怠感などの症状がみられる。鼻汁や鼻閉の頻度は低いと考えられる【23】。下痢や嘔吐などの消化器症状の頻度は多くの報告で10%未満でありSARSやMERSよりも少ないと考えられる。臨床症状はインフルエンザや感冒に似ており、この時期にこれらと新型コロナウイルス感染症を区別することは困難である。中国では発症から病院受診までの期間は約5日、入院までの期間は約7日と報告されており【15】、症例によっては発症から1週間程度で重症化してくるものと考えられる。さらに重症化する事例では10日目以降に集中治療室に入室という経過を辿るようである【12】[図4]。中国での44,672人のデータによると、81%が軽症(肺炎がない、もしくは軽度)、14%が重症(呼吸困難、低酸素血症、24~48時間以内に肺炎像が肺面積の50%以上を占める)、5%が最重症(呼吸不全、ショック、多臓器不全)であった。このうち2.8%が死亡しており、最重症の5%のうちおよそ半分は救命可能と考えることができる。

図4

[図4]新型コロナウイルス感染症の典型的な経過

 重症化のリスクファクターとして、高齢者、基礎疾患(心血管疾患、糖尿病、悪性腫瘍、慢性呼吸器疾患など)が知られている【2328】。
40代までは重症化は少なく、50代から年齢が高くなるに従って致命率も高くなっていく。中国での44672人のデータからは80代の致命率は14.8%にものぼる【23】[図5]。また、基礎疾患のある患者でも基礎疾患のない患者と比べて明らかに致命率が高い[図6]。

図5

[図5]年齢別にみた新型コロナウイルス感染症の致死率
文献23より作成


図6

[図6]基礎疾患ごとにみた新型コロナウイルス感染症の致死率
文献23より作成

 妊婦での重症例はこれまでに報告はなく、先天性感染も認められていない【2930】。臍帯血や羊水、新生児からもSARS-CoV-2は検出されなかった【3031】ことから、垂直感染は起こらないのではないかと考えられている。また乳児の感染例においても重症例の報告はない【32】。
 無症候性感染者も一定の割合で存在することがわかっている。クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号の乗客をスクリーニングでPCR検査を行ったところ、約17%が陽性であり、そのうちおよそ半数が無症候性感染者であった(Japanese National Institute of Infectious Diseases. Field Briefing: Diamond Princess COVID-19 Cases, 20 Feb Update. https://www.niid.go.jp/niid/en/2019-ncov-e/9417-covid-dp-fe-02.html (Accessed on March 01, 2020).)。
 胸部画像所見は、両側末梢側の浸潤影・すりガラス影が特徴的である[図7]。胸部CTでは肺炎像があっても、胸部X線写真では肺炎と判断できない事例がある。中国での報告では胸部X線写真では59.1%にしか肺炎像が確認できなかったのに対し、胸部CTでは86.2%で肺炎像が確認できたという【23】。撮影された対象が一部異なるため単純化はできないが、胸部X線写真では肺炎を2-3割は見逃す可能性がある。接触歴があるなど検査前確率が高い事例では胸部X線写真で肺炎像を認めなくても胸部CTを撮影することも検討すべきである。肺炎像は発症から経過とともに広がっていくが、無症候性感染者であっても胸部CTを撮影すると肺炎像が観察されることがある【33】。まったく熱も呼吸器症状もない無症候性感染者であっても著明な肺炎像が観察されることがあるのは本疾患の特徴と言える。

図7

[図7]新型コロナウイルス感染症患者の胸部CT画像(自験例)

 血液検査所見ではリンパ球低下がみられることがあり、特に重症例では低い傾向にある【23】。

検査・診断

 日本ではPCR検査でSARS-CoV-2を検出することで診断するのが一般的である。
 2020年3月5日までは行政検査としてPCR検査が行われており、[図8]のフローに従い新型コロナウイルス感染症のPCR検査が行われていた。

図8

[図8]3月5日までの国内での行政検査フロー
(厚生労働省健康局結核感染症課. 新型コロナウイルス感染症に
関する行政検査について(依頼). 令和2年2月 17 日)

 3月6日からはSARS-CoV-2のPCR検査が保険適用となり、全国約800の医療機関の帰国者・接触者外来において医師が新型コロナウイルス感染症を疑った場合に算定できることとなった。
 PCR検査の検体については、2月27日までは咽頭スワブまたは採取できれば喀痰が用いられてきた。しかし、咽頭よりも鼻咽頭の方がウイルス量が多いことが明らかになり【34】、現在は鼻咽頭スワブまたは喀痰が検体として推奨されている(2019-nCoV (新型コロナウイルス)感染を疑う患者の 検体採取・輸送マニュアル ~2020/02/28 更新版~ https://www.niid.go.jp/niid/images/pathol/pdf/2019-nCoV_200228.pdf)。WHOは初回のPCR検査が陰性であってもなお強く疑われる事例では、繰り返し複数検体を採取し検査を行うことを推奨している【35】。実際にCT所見では新型コロナウイルス感染症が強く疑われるにもかかわらず初回のPCR検査が陰性であったが、繰り返し検査することで陽性が判明する事例も自験例を含め多く報告されている【3637】。
 新型コロナウイルス感染症と確定診断されれば、3月時点では感染症法での指定感染症に指定されているため、原則として感染症指定医療機関の感染症病床に入院することになる。また診断した医師は速やかに保健所に届け出を行わなければならない。

治療

 CDC、WHOがそれぞれ治療指針を示しているが、基本は適切な感染対策を行いながら支持療法を行うことである【3839】。中国での1,099例の報告では症例の58%に点滴抗菌薬、35.8%にオセルタミビル、2.8%に抗真菌薬、18.6%にグルココルチコイドが投与されている【23】。また41.3%に酸素投与が、6.1%に人工呼吸管理(侵襲性2.3%, 非侵襲性5.1%)、0.8%で腎代替療法が行われており、0.5%でECMO (extra-corporeal membrane oxygenation)が使用されている。全体の5%が集中治療室に入室している。
 現時点で新型コロナウイルス感染症に有効な治療薬は存在しない。しかし、いくつかの治療薬が候補として挙がっている[表2]。

画像10

[表2]新型コロナウイルス感染症の治療薬候補
(専門家会議資料を参考に筆者作成)

 ロピナビル/リトナビル(商品名:カレトラ)は同じコロナウイルスによる感染症であるSARSやMERSに有用かもしれないと考えられていた【4041】。 そのため、今回の新型コロナウイルス感染症の流行が始まった当初からカレトラは臨床試験として中国で使用されている。また日本国内でも適用外使用としてそれぞれの医療機関で倫理委員会や薬剤委員会などの然るべき審査を経た上で使用が可能である。注意すべき点としては、相互作用により併用できない薬剤が多いため、服用中の薬剤の種類を事前に確認する必要がある点、万が一HIVに感染していた場合に耐性化のリスクがあるため事前にHIVの検査が必要になる点が挙げられる。
 レムデシビルはエボラ出血熱の治療薬の候補としてこれまで他の臨床試験で使用されていた薬剤である。 現在もコンゴ民主共和国で流行が続いているエボラ出血熱の症例に対して、ランダム化比較試験という形でレムデシビルが投与されていた。 しかし、結果としてレムデシビルはMAb114、REGN-EB3という2つの薬剤に治療効果が劣ることがわかり、現在はエボラ出血熱への投与は中止されている【42】。 しかし、このレムデシビルが新型コロナウイルス感染症に有効である可能性が示唆されている。武漢ウイルス研究所がCell Researchにレムデシビルの新型コロナウイルスに対する効果に関する報告を発表している【43】。培養細胞に新型コロナウイルスを感染させ、48時間後のウイルス増殖の抑制効果をみたところ、レムデシビルで高い阻害効果が観察されたという。 また、アメリカで最初に新型コロナウイルス感染症と診断された症例にもこのレムデシビルは投与されている【44】。この患者はその後回復しているが、それがレムデシビルの効果によるものかは不明である。国内でも国立国際医療研究センターを中心にレムデシビルの国際共同医師主導治験が開始される予定である。
 ファビピラビル(商品名:アビガン)は日本の製薬会社である富士フイルム富山化学が開発した薬剤である。 日本国内ではインフルエンザ薬として承認されているが、催奇性があることから新型インフルエンザなどが発生した場合などに備えて備蓄されており、季節性インフルエンザに使用されることはない。 RNAポリメラーゼを阻害することから、インフルエンザ以外のRNAウイルスにも幅広く効果が期待できると考えられている。 本薬剤もレムデシビルと同様、エボラ出血熱に使用されたことがあり、2014~2015年の西アフリカでのエボラ出血熱のアウトブレイクの際にアビガンの治療効果が検討されているが、明らかに有効とまでは言えない結果となっている【4546】。 また日本でも年間約80例の感染者が報告されており、27%という高い致死率のSFTS(重症熱性血小板減少症候群)に対しても有効である可能性が示されており、日本国内で臨床試験が行われた(結果未発表)。新型コロナウイルスに対する効果は不明であるが、レムデシビルのウイルス阻害効果を見たCell Researchの研究ではこのアビガンも評価されており、実験室レベルでは一定の阻害作用は確認されている。
 日本ではシクレソニド(商品名:オルベスコ)を使用し改善した3例が報告されている(岩渕 敬介ら. COVID-19肺炎初期~中期にシクレソニド吸入を使用し改善した3例. 日本感染症学会HPに掲載)。シクレソニドは吸入ステロイド剤であるが、岩渕らの報告によると国立感染症研究所コロナウイルス研究室により、シクレソニドがSARS-CoV-2に対し強い抗ウイルス活性を有することが示されたとのことである。3例報告であり、シクレソニドの新型コロナウイルス感染症に対する効果はまだ明らかではないが、全身投与ではなく局所投与のステロイドであることから侵襲・副作用が少なく(全身性ステロイド投与は現時点では推奨されていない【47】)、もし有効であるとすれば有望な治療薬となりうる。
 中国ではこれらの薬剤以外に、抗マラリア薬であるクロロキンが使用されている。クロロキンはかつてマラリアの治療薬として世界中で使用されていたが、近年はクロロキン耐性マラリアの増加によりマラリアの治療には使われなくなってきている【48】。日本でも現在は未承認薬の扱いとなっているが、クロロキンと類似した構造で抗炎症作用、免疫調節作用を持つヒドロキシクロロキン(プラケニル)は国内では全身性エリテマトーデス(SLE)などに使用されている。 クロロキンにも同様の作用があり、これが新型コロナウイルス感染症に有効な可能性がある。武漢ウイルス研究所によるCell Researchの報告でも実験室レベルでのレムデシビルと同等の新型コロナウイルスの抑制効果が示されている【42】。 しかし、これも他の薬剤と同様に、現時点ではヒトでの治療効果は不明である。
 回復者血漿は有効な治療薬のない新興再興感染症に対する治療の選択肢の一つとなる【49】。実際に、SARS【50】やMERS【51】に投与された実績がある。回復者の血漿にはSARS-CoVやMERS-CoVに対する中和抗体が含まれており、これを患者に投与することで抗ウイルス作用を発揮するものと考えられる。しかし、解決すべき課題として、回復者からの血漿採取の手順、SARS-CoV-2の陰性確認、抗体が十分に産生されていることを確認する方法の検討、輸血と同等の感染症スクリーニングの必要性などが挙げられる。
 様々な治療薬の候補があるが、効果が確認された治療薬は存在しない。大半の症例は自然治癒するため、全ての症例で効果があるか不明な薬剤を使用することは患者への不利益の方が多いと考えられ、重症例または重症化するリスクが高い症例に限定すべきと考えられる。日本感染症学会の『COVID-19 に対する抗ウイルス薬による治療の考え方 第 1 版 (2020 年 2 月 26 日)』では、

1. 概ね 50 歳未満の患者では肺炎を発症しても自然経過の中で治癒する例が多いため、 必ずしも抗ウイルス薬を投与せずとも経過を観察してよい。
2. 概ね 50 歳以上の患者では重篤な呼吸不全を起こす可能性が高く、死亡率も高いため、低酸素血症を呈し酸素投与が必要となった段階で抗ウイルス薬の投与を検討する。
3. 糖尿病・心血管疾患・慢性肺疾患、喫煙による慢性閉塞性肺疾患、免疫抑制状態等の ある患者においても上記 2 に準じる。
4. 年齢にかかわらず、酸素投与と対症療法だけでは呼吸不全が悪化傾向にある例では抗ウイルス薬の投与を検討する。

 としている。
 37.5℃以上の発熱が24時間以上なく、呼吸器症状が改善していることが確認できれば、その48時間後に採取された1回目のPCR検査、さらにその12時間後以降に採取された2回目のPCR検査の2回の陰性が確認できれば退院可能となる(健感発0218第3号. 令和2年2月18日. 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律における新型コロナウイルス感染症患者の退院及び就業制限の取扱いについて(一部改正))。無症候性感染者では、陽性となった日から48時間後に採取された1回目のPCR検査、さらにその12時間後以降に採取された2回目のPCR検査の2回の陰性が確認できれば退院可能となる。
 新型コロナウイルス感染者から回復し2回のPCR陰性を確認された患者から、再度PCR検査でSARS-CoV-2が検出される事例も報告されている【52】。現時点では、どれくらいの割合の患者でPCRの陰性化から再度陽性化するのか、また最大でどれくらいの期間で陽性が続くのか不明である。

感染対策

 医療従事者の感染を起こさないことは新型コロナウイルス感染症の診療の上で最も大事なことの一つである。中国の138例の報告では感染者の43%が病院内で感染した事例と考えられている【53】。その他のコロナウイルス感染症であるSARSやMERSも病院内感染症を起こしやすいことが知られており【5455】、病院という閉鎖空間で、特に患者と近距離で接する機会の多い医療従事者はリスクとなる。
 感染経路は接触感染および飛沫感染と考えられているが、エアロゾルが発生する状況では空気予防策が推奨される。WHOは標準予防策に加えて接触予防策、飛沫予防策を行い、エアロゾル発生手技を行う際には空気予防策を行うことを推奨している(WHO. Rational use of personal protective equipment for coronavirus disease 2019 (COVID-19). https://apps.who.int/iris/bitstream/handle/10665/331215/WHO-2019-nCov-IPCPPE_use-2020.1-eng.pdf)。活動ごとに推奨される個人防護具を表3に示す。CDCは常に空気予防策を取る点以外は同様の推奨となっている(CDC. Interim Infection Prevention and Control Recommendations for Patients with Confirmed Coronavirus Disease 2019 (COVID-19) or Persons Under Investigation for COVID-19 in Healthcare Settings. https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/infection-control/control-recommendations.html?CDC_AA_refVal=https%3A%2F%2Fwww.cdc.gov%2Fcoronavirus%2F2019-ncov%2Fhcp%2Finfection-control.html)。どちらにも共通するのは、目の防護が強調されておりアイガードの使用が推奨されている点である。
 国立感染症研究所と国立国際医療研究センター国際感染症センターから示されている「新型コロナウイルス感染症に対する感染管理」でもWHOと同様に、

Ⅰ 標準予防策に加え、接触、飛沫予防策を行う
Ⅱ 診察室および入院病床は個室が望ましい
Ⅲ 診察室および入院病床は陰圧室である必要はないが、十分換気する
Ⅳ エアロゾルが発生する可能性のある手技(例えば気道吸引、気管内挿管、下気道検体採取) を実施する場合には、N95 マスク(または DS2 など、それに準ずるマスク)、眼の防護具 (ゴーグルまたはフェイスシールド)、長袖ガウン、手袋を装着する
Ⅴ 患者の移動は医学的に必要な目的に限定する
 なお、職員(受付、案内係、警備員など)も標準予防策を遵守する。

 と記載されている(国立感染症研究所, 国立国際医療研究センター 国際感染症センター. 新型コロナウイルス感染症に対する感染管理 改訂2020年3月5日. https://www.niid.go.jp/niid/images/epi/corona/2019nCoV-01-200305.pdf)。

画像11

[表3]対象者、活動ごとに推奨される個人防護具
(WHO. Rational use of personal protective equipment for coronavirus disease 2019 (COVID-19).
https://apps.who.int/iris/bitstream/handle/10665/331215/WHO-2019-nCov-IPCPPE_use-2020.1-eng.pdf


[参考文献]
1) Isaacs D, Flowers D, Clarke JR, et al. Epidemiology of coronavirus respiratory infections. Arch Dis Child. 1983;58:500-3.
2) Gaunt ER, Hardie A, Claas EC, et al. Epidemiology and clinical presentations of the four human coronaviruses 229E, HKU1, NL63, and OC43 detected over 3 years using a novel multiplex real-time PCR method. J Clin Microbiol. 2010 Aug;48:2940-7.
3) Monto AS. Medical reviews. Coronaviruses. Yale J Biol Med. 1974;47:234-51.
4) Callow KA, Parry HF, Sergeant M, et al. The time course of the immune response to experimental coronavirus infection of man. Epidemiol Infect. 1990;105:435-46.
5) Graat JM, Schouten EG, Heijnen ML, et al. A prospective, community-based study on virologic assessment among elderly people with and without symptoms of acute respiratory infection. J Clin Epidemiol. 2003;56:1218-23.
6) Prill MM, Iwane MK, Edwards KM, et al. Human coronavirus in young children hospitalized for acute respiratory illness and asymptomatic controls. Pediatr Infect Dis J. 2012;31:235-40.
7) Amer HM. Bovine-like coronaviruses in domestic and wild ruminants. Anim Health Res Rev. 2018;19:113-24.
8) CDC. Outbreak of severe acute respiratory syndrome--worldwide, 2003. MMWR Morbidity and mortality weekly report 2003;52:226-8.
9) Zaki AM, van Boheemen S, Bestebroer TM, et al. Isolation of a novel coronavirus from a man with pneumonia in Saudi Arabia. N Engl J Med. 2012;367:1814-20.
10) Azhar EI, El-Kafrawy SA, Farraj SA, et al. Evidence for camel-to-human transmission of MERS coronavirus. N Engl J Med. 2014;370:2499-505.
11) Zhu N, Zhang D, Wang W, et al. A Novel Coronavirus from Patients with Pneumonia in China, 2019. N Engl J Med. 2020;382:727-33.
12) Huang C, Wang Y, Li X, et al. Clinical features of patients infected with 2019 novel coronavirus in Wuhan, China. Lancet, 2020;395:497-506.
13) Perlman S. Another decade, another coronavirus. N Engl J Med. 2020;382:760-2.
14) WHO. Pneumonia of unknown cause-China. Geneva: WHO; 2020.
15) Li Q, Guan X, Wu P, et al. Early Transmission Dynamics in Wuhan, China, of Novel Coronavirus-Infected Pneumonia. N Engl J Med. 2020.
16) WHO. Novel Coronavirus (2019-nCoV): Situation Report - 14 (3 February 2020) - China. 2020.
17) Young BE, Ong SWX, Kalimuddin S, et al. Epidemiologic features and clinical course of patients infected with SARS-CoV-2 in Singapore. JAMA. 2020. doi:10.1001/jama.2020.3204.
18) To KK, Tsang OT, Chik-Yan Yip C, et al. Consistent detection of 2019 novel coronavirus in saliva. Clin Infect Dis. 2020;ciaa149. doi:10.1093/cid/ciaa149
19) Burke RM, Midgley CM, Dratch A, et al. Active monitoring of persons exposed to patients with confirmed COVID-19 - United States, january-february 2020. MMWR Morb Mortal Wkly Rep. 2020;69:245-6.
20) Rothe C, Schunk M, Sothmann P, et al. Transmission of 2019-nCoV infection from an asymptomatic contact in Germany. N Engl J Med. 2020;382:970-1.
21) Yu P, Zhu J, Zhang Z, et al. A familial cluster of infection associated with the 2019 novel coronavirus indicating potential person-to-person transmission during the incubation period. J Infect Dis. 2020.
22) Bai Y, Yao L, Wei T, et al. Presumed asymptomatic carrier transmission of COVID-19. Jama 2020.
23) Guan WJ, Ni ZY, Hu Y, et al. Clinical characteristics of coronavirus disease 2019 in China. N Engl J Med. 2020.
24) Nishiura H, Linton NM, Akhmetzhanov AR. Serial interval of novel coronavirus (COVID-19) infections. Int J Infect Dis. 2020. doi: 10.1016/j.ijid.2020.02.060.
25) Galvani AP, May RM. Epidemiology: dimensions of superspreading. Nature. 2005;438:293-5.
26) Cowling BJ, Park M, Fang VJ, et al. Preliminary epidemiological assessment of MERS-CoV outbreak in South Korea, May to June 2015. Euro Surveill. 2015; 20:7-13.
27) Agua-Agum J, Ariyarajah A, Aylward B, et al. Exposure patterns driving Ebola transmission in West Africa: a retrospective observational study. PLoS Med. 2016;13:e1002170.
28) Liang W, Guan W, Chen R, et al. Cancer patients in SARS-CoV-2 infection: a nationwide analysis in China. Lancet Oncol. 2020;21:335-7.
29) Li Y, Zhao R, Zheng S, et al. Lack of vertical transmission of severe acute respiratory syndrome Coronavirus 2, China. Emerg Infect Dis. 2020;26.
30) Chen H, Guo J, Wang C, et al. Clinical characteristics and intrauterine vertical transmission potential of COVID-19 infection in nine pregnant women: a retrospective review of medical records. Lancet 2020.
31) Wang X, Zhou Z, Zhang J, et al. A case of 2019 Novel Coronavirus in a pregnant woman with preterm delivery. Clin Infect Dis. 2020.
32) Wei M, Yuan J, Liu Y, et al. Novel coronavirus infection in hospitalized infants under 1 year of age in China. Jama 2020.
33) Shi H, Han X, Jiang N, et al. Radiological findings from 81 patients with COVID-19 pneumonia in Wuhan, China: a descriptive study. Lancet Infect Dis. 2020.
34) Zou L, Ruan F, Huang M, et al. SARS-CoV-2 viral load in upper respiratory specimens of infected patients. N Engl J Med. 2020.
35) WHO. Laboratory biosafety guidance related to coronavirus disease 2019 (COVID-19): interim guidance, 12 February 2020: World Health Organization; 2020.
36) Xie X, Zhong Z, Zhao W, et al. Chest CT for Typical 2019-nCoV Pneumonia: Relationship to Negative RT-PCR Testing. Radiology. 2020.
37) Wu J, Liu J, Zhao X, et al. Clinical characteristics of imported cases of COVID-19 in Jiangsu province: a multicenter descriptive study. Clin Infect Dis. 2020.
38) CDC, Prevention. Interim Clinical Guidance for Management of Patients with Confirmed 2019 Novel Coronavirus (2019-nCoV) Infection, Updated January 30, 2020.
39) WHO. Novel Coronavirus (2019-nCoV) technical guidance: Patient management.
40) Chu CM, Cheng VC, Hung IF, et al. Role of lopinavir/ritonavir in the treatment of SARS: initial virological and clinical findings. Thorax. 2004;59:252-6.
41) Chong YP, Song JY, Seo YB, et al. Antiviral treatment guidelines for Middle East respiratory syndrome. Infect Chemother. 2015;47:212-22.
42) Mulangu S, Dodd LE, Davey RT, Jr., et al. A Randomized, Controlled Trial of Ebola Virus Disease Therapeutics. N Engl J Med. 2019;381:2293-303.
43) Wang M, Cao R, Zhang L, et al. Remdesivir and chloroquine effectively inhibit the recently emerged novel coronavirus (2019-nCoV) in vitro. Cell Res. 2020;30:269-71.
44) Holshue ML, DeBolt C, Lindquist S, et al. First case of 2019 Novel Coronavirus in the United States. N Engl J Med. 2020;382:929-36.
45) Sissoko D, Laouenan C, Folkesson E, et al. Experimental treatment with Favipiravir for Ebola virus disease (the JIKI Trial): a historically controlled, single-arm proof-of-concept trial in Guinea. PLoS Med. 2016;13.
46) Bai CQ, Mu JS, Kargbo D, et al. Clinical and virological characteristics of Ebola virus disease patients treated with Favipiravir (T-705)-Sierra Leone, 2014. Clin Infect Dis. 2016 ; 63:1288-94.
47) Russell CD, Millar JE, Baillie JK. Clinical evidence does not support corticosteroid treatment for 2019-nCoV lung injury. Lancet. 2020;395:473-5.
48) WHO. Guidelines for the treatment of malaria: World Health Organization; 2015.
49) Marano G, Vaglio S, Pupella S, et al. Convalescent plasma: new evidence for an old therapeutic tool? Blood Transfus. 2016;14:152-7.
50) Cheng Y, Wong R, Soo YO, et al. Use of convalescent plasma therapy in SARS patients in Hong Kong. Eur J Clin Microbiol Infect Dis. 2005;24:44-6.
51) Arabi Y, Balkhy H, Hajeer AH, et al. Feasibility, safety, clinical, and laboratory effects of convalescent plasma therapy for patients with Middle East respiratory syndrome coronavirus infection: a study protocol. Springerplus. 2015;4:709.
52) Lan L, Xu D, Ye G, et al. Positive RT-PCR test results in patients recovered from COVID-19. JAMA. 2020. doi: 10.1001/jama.2020.2783.
53) Wang D, Hu B, Hu C, et al. Clinical characteristics of 138 hospitalized patients with 2019 novel coronavirus-infected pneumonia in Wuhan, China. JAMA. 2020. doi:10.1001/jama.2020.1585
54) Cheng PK, Wong DA, Tong LK, et al. Viral shedding patterns of coronavirus in patients with probable severe acute respiratory syndrome. Lancet. 2004;363:1699-700.
55) Oboho IK, Tomczyk SM, Al-Asmari AM, et al. 2014 MERS-CoV outbreak in Jeddah--a link to health care facilities. N Engl J Med. 2015;372:846-54.


-----------------------------------------------------------------------------------

感染症総合誌「J-IDEO」では、新型コロナウイルス感染症にテーマを絞った特別増刊号「J-IDEO+」を4月上旬に刊行いたします。

岩田健太郎先生らのロングインタビューや座談会、忽那賢志先生の総説、その他PCR検査や治療薬についての最新知見など、医療者はじめ多くの方に手にとって頂きたい内容となっております。
『もやしもん』の石川雅之先生による描き下ろし新型コロナウイルスの表紙が目印です!

画像12

なお電子版はM2Plus医書.jpで4/6(月)より配信開始いたします。
M2Plusでは予約を受付中です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます!
1769
医療者向け情報を発信する中外医学社のnoteです。新刊情報、連載記事、アーカイブや雑誌の単記事販売など、多彩なコンテンツを提供してまいります。   note@chugaiigaku.jp
コメント (6)
>すでにいくつかの報告で無症候性感染者からの感染と考えられる事例が報告されている
>症状の乏しい若年層から感染が広がっている可能性も現時点では想定しておく必要がある

一斉休校は最善の一手だったようですね。
素晴らしい。伝播についての疑問に答えてくれた、はじめての記事。
失礼しました。早期にRoがさがった。指数関数の性質により爆発的感染者の増加を遅らせることができた。そしてその時間稼ぎの間に対策がわかってきた。やはり指数関数の性質により、Roを下げるのは一定期間だけ下げるとするなら早ければ早いほどよいのです。したがって早期の一斉休校には同意する立場をとります。
WHOサイトのコロナQ&Aを一生懸命訳しているので、すごく勉強になりました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。