チョートクのカメラノート🐤🐧🐦

カイロ日記2009年9月

カイロ日記2009年9月

二眼レフワークショップ」(えい出版)も、まだ予約段階だが、ランキングが上がって きて嬉しい限りである。この本は二眼レフの使い方と選び方を丁寧に説明し、なおかつそ れぞれの使い方のキーを直伝(腰巻きの文句より)するものだ。加えて世界の名作がライ カより、実は二眼レフでより多く撮影されている実例を数多く挙げている。一例にロバー ト・フランクがそうである。彼は最初、まだ瑞西に居た当時にはローライの二眼レフで仕 事をしている。有名な「モーリタニア号上の人々」(本当のタイトルは知らず)

5
200
レヴィストロースが絶賛した佃の神社の石灯籠と地面

レヴィストロースが絶賛した佃の神社の石灯籠と地面

74歳ともなると歩行能力が落ちてくるのは仕方がない。もっとも私の周りで私より10歳年上の柳沢さんなどは毎日環八の杉並区から都心に出てきて写真展をハンダース見て、見るべしとか言ってついでにお母さんと子供をとって赤ちゃんに先に気がつかれるとその日の月は落とすと言うような楽しい人生を送っていらっしゃる。

6
200
佃日記アーカイブ2008年3月15日コンテナ船ライラのダイニングNEW7/27(火)

佃日記アーカイブ2008年3月15日コンテナ船ライラのダイニングNEW7/27(火)

便乗」からすでに1週間が経過して、あたしはライラに恋をしている。 先週の木曜に大井埠頭に着岸して2泊し、それから清水に向かい、そこでの日数は知らな いけど、そこから海路神戸を経て、シンガポールからスエズ運河経由で、仏蘭西のルアー ブル、ロッテルダムなを経て、ハンブルク経由でサザンプトンに向かっているはずだ。 乗員は交代しないそうだから、2泊3日でそれなりに親しくなった、コンスタンチン船長 以下、順調な航海を続けているであろう。

4
200
佃日記アーカイブ2008年3月16日 遊び相手が多すぎるNEW7/26(月)

佃日記アーカイブ2008年3月16日 遊び相手が多すぎるNEW7/26(月)

土曜日。 快晴。 暖かい。 

5
200
^_^なんとなくクリスタル7/25(日)

^_^なんとなくクリスタル7/25(日)

田中さんと言う人がなんとなくクリスタルと言う本を出した時友達から貸してもらって飛ばし読みして私が1番びっくりしたのはブランド物と言うのは星の数だけあると言うことだった。私が知っている^_^ブランド物と言うのはVan. Junだけであったからだ。クリスタルと言う名前はよくつけたものだと思うがロシア人のアイディアと言うのはこういうところなかなか油断できないところがある。

7
200
佃日記アーカイブ2008年2月バテろんコンスタンティンとローライの関係がわからん7/24(土)

佃日記アーカイブ2008年2月バテろんコンスタンティンとローライの関係がわからん7/24(土)

アメックスのプラチナ会員用に送ってくる機関誌がある。タイトルは他のそういう手の機 関誌と同様なのでそのタイトルが思い出せないが、年間10万円の会費だから、印刷の紙 だけは良い。 

5
200
桐の箱に入ったStekyが素敵7/23(金)

桐の箱に入ったStekyが素敵7/23(金)

第二次大戦直後にアメリカ人の兵隊さんのお土産のためによく売れたカメラがこの種類のミニカメラである。進駐軍でも写真に興味がある人はもうちょっと上のクラスのニコンやキャノンのレンジファインダを買ったのである。おそらくこのリコーのステーキも東京PXつまり服部時計店あたりで売られたのであろう。

8
200
佃日記アーカイブ2008年3月7日池袋の原平さん

佃日記アーカイブ2008年3月7日池袋の原平さん

2008年3月7日。佃日記アーカイブ

5
200
カールツアイスJenaの羊羹みたいな安っぽいシールがいい7/22(木)

カールツアイスJenaの羊羹みたいな安っぽいシールがいい7/22(木)

 ドイツのカメラのコレクションもレベルが上がってくると東ドイツのものが欲しくなる。さらにカールツアイスJena のカメラに焦点があったりすると面倒である。コレクターズアイテムとしてはレンジファインダのコンタックス2はほとんどがドレスデンで作られているがそのごくごく1部がJena で作られたのでこれが大変な高値になっている。だからJenaで作られたこういうレアなカメラに手を出してはいけないのである。Jenaで作られたこういうレアなカメラに手を出してはいけないのである。と言う街に

6
200
佃日記アーカイブ2007年12月27日 7/21(水)

佃日記アーカイブ2007年12月27日 7/21(水)

今年の1月には、プラハで寒風の中、マキナで撮影をしていたのである。 このマキナはlllRというモデルで、1953年だかに登場した「最新型」でフランクフル ト製としては最後のマキナであった。

8
200