音楽活動のコツ

音楽活動のコツ3:ビジネス目線を持つ

こんにちはY.Tamaiです。

僕は田舎に住みながら割と自由に音楽活動ができています。どこに自由を感じているかと言うと「好きな音楽をやりながら、ライブのオファーをガンガンいただいているところ」です。

ガンガンというと年間100本も200本も?!と思われるかもしれませんが、僕はサラリーマンです。よくやっても月に2~3本ですね。

その月2~3本のライブ、基本的にすべてオファーをいただいて出演しています。

音楽をやられている方ならわかると思いますが、「自分で開催するライブ」と「オファーをいただいて演奏するライブ」は重みも意味も違ってきます。(どっちが偉いという話ではありません)ようするに「お声がけいただけるミュージシャンである」ということですね。

このような活動ができ始めたのは、僕が自分の音楽にビジネス目線を持ったことがキッカケだったと感じています。

ミュージシャンのビジネス目線とは

ビジネスというと、ミュージシャン/アーティストの「感覚の世界」とは少し毛色が違うイメージを持つでしょうか?

「そんなにビジネスライクに音楽をやりたくない」という声も聞こえてきそうですね。

僕の言うビジネス目線とはお金儲けのことではありません。

ライブに呼んでくれる主催者を一番勝たせて、お客さんも勝たせる、結果僕らミュージシャンも勝てる。そんな関係を俯瞰的に見るには、今やっている音楽活動をビジネス視点でとらえるのが一番しっくりきます。

「勝ち負け」という言葉でイメージがわかない場合は、”主催者を喜ばせる”、”お客さんを喜ばせる”と言い換えてみてください。

要するに「独り勝ちしない」ということです。そして順番が大切です。僕らが音楽を聞かせる相手(主催者やお客さん)が喜んでくれたあと、結果として僕らにリターンがある。それはお金かもしれないし、「ありがとう」という言葉かもしれない。または、次のライブのオファーだったりします。ライブが同時に営業にもなるんです!

まず、Giveなんですね。圧倒的なGive。ここにビジネスの本質を感じるのです。

お金儲けの世界では、とにかく競合を打ち負かし、その業界を牛耳ることを目指すかもしれません。しかし音楽活動での敵は自分自身。自分の”利己的な心”を打ち負かし、いかに喜ばせるべき人を喜ばせられるかにフォーカスしていきましょう。

ビジネス目線を持った僕が得た成果

上記でお伝えした僕なりの「ビジネス視点」を持って音楽活動を続けた結果得られた成果は以下の通りです。

・ライブの固定客が増えた
・ライブのオファーが増えた
・ライバルの動向が気にならなくなった
・地元の音楽界隈で一目置かれるようになった

固定客、要するにコアなファンの方ですね。音楽活動をする中で一番重要なのがコアなファンの方です。

少子化が進む中で、僕らの音楽的な発信は、届けたいところに届きにくくなっています。そんなときに僕らの支持を底上げしてくれるのがコアなファンの方です。ライブだと言えば新しいお客さんを連れてきてくれ、CDを出したといえば率先して買ってくれる。まさに無条件で応援してくれる家族のような存在です。このような方たちを僕らももっと積極的に喜ばせていくべきですよね。もう特別扱いして良いくらいです。

コアなファンの方は、新しい出会いをくれます。僕らと合いそうな方を率先して紹介してくれます。そして次のライブが決まります。

そんな流れで僕のライブは途絶えることがあまりありません。本当にありがたいことです。

お伝えした成果はあくまでも僕のケースです。しかし、利他的(お客さんや主催者)な目線を持つことでデメリットはありません。

もし、お客さんや主催者のことを考えて行動したことで自分が苦しくなるようなことがあれば、それはお客さんや主催者と対等の関係が気づけていない証拠です。どちらかに上下関係がある状態では、win-winは成り立たないんですね。

ビジネス目線の無いミュージシャンがやりがちなこと

自分の過去を振り返ってみると、僕がビジネス目線と言っている「利他的な感覚」が薄かったころは、とにかく自己中心的でした。

・ライブにお客さんが来てくれるのは当たり前
・CD作ったら買ってくれるのが当たり前
・ライブでギャラが出るのは当たり前
・ライブの主催者がいろいろお膳立てしてくれるのは当たり前

こういう気持ちって態度に出ます。自分がやられたら嫌なことのはずが、人を思いやる気持ちを忘れていると気づけません。当時の僕は相当嫌なミュージシャンだったと反省しています。

何かが「当たり前」になるって、本当は怖いことなんですね。やはり自分を律するには、「明日死ぬかも」が効きます^^

まとめ

ミュージシャンのビジネス視点とは「音楽活動で関わる全ての人への思いやり」です。

・どうしたら相手が幸せか?
・何をしたら相手が喜んでくれるのか?

そんなことに意識を集中すると、今あなたがすべきことが見えてきます。

意識改革に即効性のある劇薬は存在しません。必ず意識を変える!という強い意志で、少しずつ少しずつ変えるしかないんです。

でも、なかなか人って変われないんですよね。僕も考え方を変えるのに十数年かかりましたが、意識を変えられたキッカケはたった1つでした。

次回は僕が意識を変えられたポイントについてお伝えします。

このnoteには補足があります。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!お役に立ててうれしいです^^
8
僕のように「人生にビビリ、自分を変えたくてもがいている人」に向けて、”日々の気づき”等を書いてます。自分の成長にワクワクして生きる人を増やしたい。セルフブランディング支援してます → https://www.facebook.com/groups/selfbranding

こちらでもピックアップされています

地方ミュージシャンの音楽活動のコツ
地方ミュージシャンの音楽活動のコツ
  • 14本

僕の約15年間の地方でのギター弾き語り音楽活動の経験を元に、「地元で応援されるミュージシャン・アーティストになるためのステップ」をまとめます。順番に取り組む必要はありません。ピンと来たものから読んでみてください。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。