見出し画像

自分のテーマを持つと自信が持てる

今日、行きつけの美容室で担当美容師さんとお話しした内容が、ここ最近で一番腑に落ちたのでぜひ読んでほしい。

こんな人に読んでほしい

自分に自信がない人。
自己肯定感が低い人。
他人と自分を比べてしまう人。
落ち込みやすい人。
物事が続かない人。
決断ができない人。
そんな自分をどうにかしたいと悩んでいる人。

軸がある人ってカッコいい

担当美容師さんはそのお店の店長さんで、美容室に行ってお話しをするたびにポジティブな気分にさせてくれる。

その方をあえてひとことで表現するなら「カッコいい」。

顔はイケメンなんだけどそれだけじゃない、というかむしろそこじゃない。立ち振る舞い、話し方、考え方、こだわりのポイント、生き様がカッコいい。

今日話した内容はこんな会話からはじまった。

私「あれっ、なんか身体ゴツくなりました?」
店長さん「そう?最近みんなに言われるけど、自分の身体は毎日見てるからあまり分からないんだよね」
私「前回、トレーニングを始めてから結構続いてるってお話されてましたもんね。すごく変わったと思います!カッコイイ!!(←マッチョ好き)」
店長さん「きっかけは、30歳になって身体のラインが気になりはじめたからだけど、一度始めたらやめられなくなるね。引き締まっているほうが絶対にカッコいいからね」
私「店長さんってこだわりが強いですよね。服もTシャツとジーンズって決めているし、好きなことがハッキリしているし」
店長さん「僕は自分のテーマを持っているからね。僕のテーマは、今すぐ走り出すなんだよ」

最初は「今すぐ走り出すって!なんじゃそりゃオモロイ!」って感じで軽く聞いてたのですが、話を聞くうちに自分のテーマを持つメリットがたくさんあることに気付かされた。

選択の軸になる

(ありきたりだが)人生は選択の連続であるとシェイクスピアも言っているように、人は常に選択をしなければならない。

朝ごはん何食べよう?
今日は何を着よう?
今日は誰と会おう?
何を買おう?
明日は何をしよう?
どの高校へ行こう?
どの大学へ行こう?
どこに就職しよう?
将来何になろう?

そんな選択を迫られてばかりの日常だが、もしそこに選択の軸なるものがあったならもっと楽しく毎日を過ごせるのではないかと思う。

今このnoteを読んでいる人はこんな悩みを持っているはず。

・自分に自信がなく、自己肯定感が低い
・他人と自分を比べて落ち込んでしまう
努力はしているが、努力の方向が間違っているのではないかと悩む。もしくは、今の自分をなんとかしたいが努力の仕方が分からない。
他人が頑張っている姿を見て、自分は何もできない・やってないと落ち込む。

・物事がなかなか続かない
・決断ができない
頑張りたいことがあるが具体的な目標を設定することができず、努力がなかなか続かない。
自分が本当に求めているものは何か、何が自分にとっていいのか、正しい選択は何かが分からずなかなか決断ができない。

上記のような人(ちょっと前のわたし)の悩みは、選択の軸を持つことで、もしかしたら簡単に解決できるかもしれない。

例えば、店長さんが話してくれた例でいうと、服を決める時、「今すぐ走り出す」がテーマなので今すぐ走り出せる服という軸で服を選ぶことができる。

何かやりたいことが出てきた時、「今すぐ走り出す」がテーマなのですぐに取り組んでみる。

香水を選ぶ時、「」がテーマなので名前に「オーシャン」がついているものを選ぶ。

」がテーマなので、趣味のサーフィンをもっと楽しむ為にジムに通う。

そうやって、自分のテーマを持つことで選択の軸ができる。

軸があることで選択に悩まなくなり、さらに軸があることで、他人や物事に左右されない一本筋の通った「自分」が形成されていく。

ある程度「自分」が形成されていくと、自分に自信がついていき、他人と比べて落ち込むこともなくなってくるはず。

いきなり「自分とはこういう人間だ」と説明できる人は少ない。なぜなら人は流されやすいから、意識しなければ周囲の人々と一線を画する存在にはなれないから。

しかし、テーマを持って「自分」を意図的に形成していくことで他人とは比較できないオンリーワンの自分に自信を持つことができるようになるのではないか?と今日の帰り道に思い至った。

わたしのテーマ

わたしは物事をネガティブに捉えてしまう自己肯定感低いマンなので、その分自分に自信を持てるよう努力はしてきた。

しかし最終的になりたい自分像がぼんやりとしていたので、悩みを解決する方法も、自分が進むべき道も分からなかった。選択の軸を持っていなかったからだ。

そこでまずは、自分のテーマを決めることにした。

・凛とした強さを持つ女性
・自分に正直

このテーマを決めたことで、今後はおそらく「凛とした強さを持つ女性」が着そうな服を選ぶだろうし、嫌なことがあっても「凛とした強さを持つ女性」ならどうするか?を意識した行動ができる。

進むべき道が分からなくなった時、「自分に正直」になるには「自分がどうしたいか」をまず大切にするようになる。

選択肢がありふれた時代で、選択の軸=自分のテーマを持つことでもっと楽しく生きれるようになるはず。

あなたのテーマは何ですか?よかったら教えてください😊

読んでくれてありがとう!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

とっとーと?
16
デザインもコーディングもディレクションもやります。Webマーケとアクセス解析は勉強中。コーディングが一番好きでメインはフロントエンドですがバックエンドも身につけてフルスタックになってやろうと計画中。好きなフォントはCentury Gothic/好きな色は#bf0000
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。