見出し画像

すべてのUIは素晴らしいUXのためにある

UIとUXには切っても切れない関係性があるため、これらは同時に語られることがほとんどです。
ドミノピザのUXの話をしている流れで、UIについて多く触れていますが、混同してしまわないよう、自分なりにUI/UXを整理してみたいと思います。

そもそも、UI/UXと略称(しかも英語)なので混同しがちなんですが、意味をよくよく考えてみると全く異なるものだということがわかります。

UI ... User Interface (ユーザーインターフェース)
UX ... User Experience (ユーザーエクスペリエンス)

ユーザーエクスペリエンス = ユーザー体験です。
例えばネットで服を買った時。「この服生地もいいしデザインも可愛い!買って良かった!」これも一つのUXですが、

「服を買う時に迷わず買えた!」
「試着できないのがネットショッピングの難点だけど、商品の写真が豊富で着用時のイメージができた!」
「サンクスメールで次回利用できる割引クーポンをもらえたのでまた次も利用しようと思えた!」

これもUX(ユーザー体験)です。
UXの最大化はサービスや製品の継続利用=常連客化に繋がります。
このUXの最大化に大きく貢献するのが、UI(ユーザーインターフェース)となります。

・手順の少ないアカウント作成
・大きくて見易い商品画像
・読みやすいフォントサイズ
・タップしやすい購入ボタン

などなど、ユーザーは必ずインターフェースを通してサービスの利用や製品の購入を行うため、インターフェースがユーザーに取って使いやすいものかどうかは非常に重要なポイントとなります。

UI/UXの勉強方法

最後に私がUI/UXを勉強する上でやっている方法をご紹介します。

本を読む・ネットで関連記事を読むなどはもちろんですが、一番即効性が高いやり方は、自分が使用しているサービスの分析です。(ドミノピザのような)

なぜこのUIがいいのか?なぜ良い体験が得られたのか?

逆になぜ使いにくいのか?どうすれば使いやすくなるのか?

これらを常に考えるようにしています。ただ考えるだけでなく、深く分析します。そして自分なりに仮説を立てて、時にはそれを人に話してみてディスカッションをしたりしています。仮説を立て、自分で同じようなUIデザインを作ってみて検証してみるのも良いでしょう。

それともう一つ良い方法があります。

それは次回書くことにしますね。また読んでくれたら嬉しいです!

ではまた〜!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがたいばい!
29
デザインもコーディングもディレクションもやります。Webマーケとアクセス解析は勉強中。コーディングが一番好きでメインはフロントエンドですがバックエンドも身につけてフルスタックになってやろうと計画中。好きなフォントはCentury Gothic/好きな色は#bf0000
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。