見出し画像

フランス旅行🇫🇷


今回は1年半前のフランス旅行を振り返ろうと思ふ。

フランスは治安が悪いからスリに気をつけなさいって言われて、凄く気をつけていたはずなのに、スリにあった話しもする。疲れも溜まってきた4日目に事件は起きる。笑


高校のころの友達と5泊7日のフランス旅。初めてのヨーロッパだったので、ガイド付きのツアーパッケージを申し込んだ。10月末の出発で28万円ほど。

羽田を14時ごろ出発し、CDG空港に21時ごろについて、ホテルへ。初日は移動で終わった。


2日目は雨が降ったりやんだり、パッとしない天気だったが、オンフルールの街などいくつか巡り、バスに半日?揺られながらモンサンミッシェルに一番近いホテルに宿泊。はじめてシードルを飲んだが、とても美味しかった。

オンフルールはムール貝が有名らしい。食べてないけど。

画像2


3日目の早朝、日の出と同時くらいにモンサンミッシェルに出発。圧倒的なスケールと、偉大さ、醸し出す雰囲気とオーラに息をのんだ。朝焼けがなんとも美しい。あの景色は2度とみられないかもしれないけれど、本当に素晴らしかった。修道院自体も歴史が深すぎて、感心して歩いてたら終わっちゃった。もう1周すればもっと違った見え方をしたのかもしれない。

画像1


そのあとはまた小さな可愛い村(名前忘れた)を見ながらパリ市内へ。夜はモノプリと呼ばれるスーパーマーケットでお惣菜を買ってホテルで食べた。日本で買ったら1000円くらいしそうなチーズが1€(120円ほど)で買えた。勿論ワインもサーモンもクラッカーもヨーグルトもチョコレートも全部安かった。

4日目はヴェルサイユ宮殿、ルーヴル美術館、オランジュリー美術館を巡った。印象派しか知らないけど美術館はやはり好きだ。そして午後は自由行動。美術館でも、シャンゼリゼ通りでも、コンコルドでも、どんなところでもスリに気をつけて、バッグのチャックを閉めて身体の前で持っていたのに、凱旋門の前でひとしきりiPhoneで写真を撮って、携帯をズボンのポッケに入れてしまった。そのまま雑多なお土産ショップでエッフェル塔の置き物を見ていたら、一瞬で私のiPhoneは消えた。2分後には気づいたのにもう遅くて、お店の人にも「you are loose」と言われる始末。友達の携帯ですぐに私のiPhoneを止めてガイドさんにも電話。結局日本に戻って保険に入ってたからお金も戻ってきたし、携帯も新しくできたし、バックアップを取って出発してたからよかったんだけど、、、ショックは大きい。友達への申し訳なさと自分の情けなさに泣いた。(このことはいまだに親には言っていない)

この日の夜のディナークルーズはピアノの生演奏を聴きながらセーヌ川を一周してフルコース料理という贅沢をしたけど、なんとなく気分上がらず(当然)

画像3

5日目はオペラ座やギャラリーラファイエット(百貨店)へ。リンツのチョコも破格で買えた(職場へのお土産)。クリスマス仕様になってて街中は可愛かった。

それから奇跡のメダイユを求めて7区のシャペル・ノートルダムへ。分かりにくいところにあるのだが幸せになりたい一心の我々。無事に購入。シャルトル大聖堂を観光したりしながら最終日を迎え、無事に帰国。


帰国して一番最初にしたのは、携帯の購入。

それからわかってはいたけれど、パンが美味しかった。あんなにパンが美味しいと思ったことはないくらい、どこに行ってもクオリティの高いパンを食べることができた。

パリは治安が悪いけれど、素敵な街だった。

画像4



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
おいしいものを食べたり、綺麗なものをみたり、大好きなコスメについて書くアカウント。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。