恋の哲学

── 人を手段や道具にしない社会を共創する地球人の学校。もしも地球上のすべての人が、自分の周りの人を気にかけることができれば、すべての人は自分の周りの人から気にかけてもらえるようになる。それは地球上のすべての人が、地球人という名のアーティストになる最高の瞬間。
固定された記事

地球人の学校  Basic Income Lab 001

── 今このウイズコロナという想像もしなかった時代に、私はあらためて戦争のない世の中を夢見ている。世界中の軍事予算が、世界中の人の「生きる権利の保証」や医療や教…

地球人の学校 Basic Income Lab 005

── 私たちの生活から、人と対面で会える機会が減っている。それはお互いの命の躍動を五感で感じ合える機会が減っていることを意味している。 人が人に会うことの意図は…

地球人の学校 Basic Income Lab 004

── お金もマスクも奪い合えば足らなくなる。足らなくなるから、もっと奪い合うようになる。ところが不思議なことに、与え合えば余るようになる。余るからもっと与え合う…

地球人の学校  Basic Income Lab 003

── 新型コロナ渦が長期化していることで、私たちはとうとう恐れや怒りなどの悲しみの感情に支配されつつあるように感じる。これらの悲しみの感情は、私たちから知性もし…

地球人の学校  Basic Income Lab 002

── 特別定額給付金(10万円給付)は、「生きる権利の保証」を意図しているのだろうか。それとも経済復興のための景気刺激策なのだろうか。いずれにしても、私たちは大切…

地球人の学校 009 小さい頃の夢

── やっと身体に心が追いついてきた頃。私は戦争のない世の中を夢見ていた。そのために将来どんな職業に就けば夢に近づけるのか見当もつかなかったから、国連大使とか外…