はじめての手術体験記。※女性向け

いきなり重いこと書く!笑
なぜならこういう情報って意外と経験する人が周りに少ないから。
今後の誰かの参考になれば。

病名は子宮内膜ポリープ。
つい先日手術で除去、病気の状況は2週間後の検診で詳細が明らかになるのでここでは省略。

今回は、私が経験した手術の概要と流れについて書いてみる。
(手術に至った経緯(なぜポリープが分かったか、病院選び等)については改めて記したい。)

まず期間は、当日手術で1泊2日。
私がお世話になったのは総合病院で、全身麻酔を使うから経過を見るためにも1泊してもらうとのこと。実際1泊2日で良かった。理由は後ほど。

1泊2日の流れ(スケジュール)はざっくり以下。
当日朝に診察~入院→午後イチ手術→夕方歩行開始→病院泊→翌朝に経過診察→午前中のうちに退院

診察~入院
診察では術前処置があり、その後入院の病棟へ。ちなみに大部屋を選択(筆者はアメリカでのドミトリー10泊がストレスレスで過ごせた経験から、精神面では問題ないだろうと踏んで、費用面で安価な方にした)。

手術へ
病室から手術室までは歩いて向かう。今回付き添いで上京してもらった母とは入口手前でバイバイし、そのまま手術室へ入り自分で手術台に乗り寝そべるスタイル。それから麻酔開始。
手術自体の所要時間は20分ほど(だったらしい)。部屋に入ってから出てくるまで1時間掛からなかった(らしい)。

術後
麻酔から覚めた後2時間くらいは夢かうつつか状態。先生?にたたき起こされて受け答えしたそばから、「買い物してくるね~」と母に言われなんらか応答したことも記憶にはある。しかし酔っぱらって記憶飛ばしたとき並みに覚えてない。夢かうつつか。
体質で個人差あるからあくまで“私は”だが、その後も麻酔が強烈でとても当日帰れる状況ではなかった。夜になっても麻酔がなかなか抜けず、水や食べ物を体内に入れたら猛烈な吐き気が。吐き気止めの点滴を打ってもらい何とか落ち着いたけども。
こういう症状はあくまで一例であって、中にはケロッとしてる人もいるみたい。

翌朝の診察
朝イチで経過を診てもらう。問題なかったため退院へ!

入院生活は実質丸1日ほどで終了。
しかし麻酔が残っていたのかぼーっとしていて、この日は家から出ずほぼ1日寝て過ごした。時折おなかがピリっと痛むこともあるので、数日は安静第一。

普通の日記になってしまった。
明日から仕事だわ。健康的に、肩の力を抜いて過ごそう。
こんな経験はもう御免だからね!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

音楽・旅行・デザイン…など好きなこと、時折自身の経験を文字起こし

ありがとうございます(/・ω・)/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。