見出し画像

夜中に

最近、友人から恋の相談を受けることが多いのです。コロナ禍でも水面下で新しい恋はめんめんと進んでいるそう。「不要不急の反対の状態なの!」ということで、けっこう頻繁にもあっていたりする2人。大丈夫かなあとちょっと心配になりますが、2人が幸せならそれで良いのではないかなと思います。

聞いたところによるとお互いをあまり知らないけれど、思い切ってこの時期に一緒に住んでしまうカップルもいますし、コロナ禍で別れてしまうカップルもあります。何にせよ、そういう気持ちの起伏や、感情の高まりをわたしは羨ましくも思い、同時に、今の自分ひとりの生活のおだやかな精神状態をとても幸せに思うのでした。

恋焦がれる気持ちは、砂糖を煮詰めたカラメルのように、時に甘く苦く切ないものですが、カラメルなしのプリンみたいな暮らしも悪くないものです。と、年若い友人に話すと「それは味のないお団子みたいですねえ」と言われてしまいました。はい。味のないお団子も楽しいものです。自分で味つけられますし。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

投稿をお読みくださってありがとうございます❤️頂きましたサポートは本を買ったり、書いたものを本にまとめる費用として大切に使わせていただきます❤️

スキありがとうございます❤️良い1日をお過ごしください
142
ピアニスト・文章もときどき書いています。どうぞよろしくお願い申し上げます。

この記事が入っているマガジン

note編集部お気に入りマガジン
note編集部お気に入りマガジン
  • 15551本

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。

コメント (3)
コロナな恋愛にも影響が出てるとは、恋愛相談などされない私はちっとも知りませんでした。
突然のコメント失礼します。恋はハリケーンとも言いますし、あの自分が自分でなくなる感じがもう久しいですがたまに美人を見かけるとフラッシュバックします(笑)男っていつまでも女性に夢見ちゃうんですかねー😅
いろいろあるところにはあるみたいです。はははは。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。