見出し画像

CAMPFIREがソーシャルレンディングを始めますが、実際にクラウドファンディングの実績を担保に融資を獲得してみた話。

 先日、株式会社CAMPFIREがソーシャルレンディング事業に着手したというニュースが流れまして、クラウドファンディングに対して興味のある人たちやスタートアップ、新規事業の資金獲得を考えている人たちの間でバズりました。

CAMPFIRE がソーシャルレンディング(融資事業)を開始へーー家入氏の目指すクラウドファンディングの再定義「資金集めの民主化」と「富の分配」とは
http://wp.me/p6eRW0-OHX

 2012年からCAMPFIREにはお世話になりまくっている私にとって、創業者の家入さんはずっとありがたい神様みたいな人だし、ここにきてアクセル全開のCAMPFIREの一挙手一投足にワクワクしています。

 私はCAMPFIREを中心にクラウドファンディングを使ってアニメ×ダンスミュージックの超都市型野外DJフェス『Re:animation』を開催しており、10回を超える関連企画での調達総額は2500万円をちょっと超えたくらいになります。いつもご支援いただいている皆様には感謝してもしきれません。

クラウドファンディング - CAMPFIRE 投稿したプロジェクト
https://camp-fire.jp/profile/reanimationjp/type:project

※一部他のプラットフォームも使っています。

 1回のクラウドファンディングの支援総額は数百万円という規模で、黎明期はともかく、最近は数千万円級のプロジェクトも増え、金額だけではそれほど目立たなくなってはきましたが、同一の企画でこれだけ連続してクラウドファンディングに成功している例は珍しいらしく、時折、講演会やセミナー講師として招かれることがあります。

クラウドファンディングの成功は信用力たりえるか

 ちょうど1年前くらいに取引先の金融機関が顧客向けに開催したクラウドファンディングを使った資金調達のセミナーでパネルトークに出させて戴いた際に、ちょうど今回のCAMPFIREが発表したような「クラウドファンディングの成功履歴や支援額の伸び方を信用として融資が受けられるか?」といった話がでました。

 先ほどの記事にもこうあります。

どう言った人や企業やプロジェクトがお金を集められるのか、というデータなど、これからの与信情報としても有効なのではないかと考えています。

 そのセミナーでは私の他にあるクラウドファンディングプラットフォームの代表の方がおられたのですが、どちらも「いずれそういう例は出てくるだろう」派で、思っていたよりそういうフェーズがおとずれたということだと思います。

 で、そこでそういう話が出たからにはいっちょ試してみるか!と好奇心が沸くのが人の子というものです。そんなチャレンジをしていた矢先の話なので驚きました。

実際にクラウドファンディング実績で融資を引き出した

 先に断っておきますと、以下有料とさせていただきます(自分の信用を一部でも晒す類のことなのでご理解ください)。

 また「本当は資金需要がないのにお試しでお金を借りてみる」みたいなことはあまりお勧めはしません。先ほどの記事で、家入さんがおっしゃっていますが

あと例えば3カ月のファンディング期間があったとして、最初の段階でぱっとお金が集まっちゃった場合、短期融資の形でそのお金を立て替えてあげるってことも可能になるんです。

 というとおり、クラウドファンディングが長期間に渡ったり、そもそものクラウドファンディング実施の準備にも時間がかかる場合、その間の稼働費は結構馬鹿になりません。特に私みたいなほぼ個人に近いような零細にとっては、死活問題だったりします。それだけに、CAMPFIREの今回の発表はチャレンジしたい人にとっては、とってもありがたい取り組みだと思います。

 さて、本題に行く前に、もう1つお断りしておきます。

 今回の私の事例は、まだかなりレアケースだと思います。まず、前述の通り、1つのテーマで連続してクラウドファンディングを成功させている(なおかつ、徐々に支援額が伸びている)例はほとんどありません。

 イベント自体もこれまで趣味で始めたとはいえ5年の実績があり、運営体制強化のために法人化してからの担当の方との信頼関係もあります。なので、クラウドファンディングが1度成功したからと言って、それを持っていきなり銀行にお金を借りに行っても、貸してもらうのは難しいと思います(だからこそのソーシャルレンディングだと思いますし)

 という前提を踏まえて、あくまでちょっとアクロバティックな挑戦が成功した事例として、これから何か新しいことにチャレンジしようと思っている方の参考になればと思って、事例をご紹介します。

 クラウドファンディングを成功させるために大事な観点も合わせてご紹介しますので、ご興味のある方はぜひお読みください。

この続きをみるには

この続き: 3,024文字 / 画像2枚

CAMPFIREがソーシャルレンディングを始めますが、実際にクラウドファンディングの実績を担保に融資を獲得してみた話。

杉本真之(ちへ)@クラウドファンディングの教室

480円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事を読んでいただいて、面白かった!役に立った!と思っていただけたら、サポートお願いいたします!

「いいね!」ありがとうございます。次の記事もお楽しみに!
株式会社リアニメーション代表取締役。イベントオーガナイザー。購買型クラウドファンディングのアドバイザー。自身で15回以上を起案し、5000万円を調達。協力案件でも2000万円以上の実績があります。ご相談はお気軽に⇒ info@reanimation.jp
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。