外堀から埋めてゆく

そうじゃないとなかなか動き出せない。思えばずっとそうだ。

弾けもしないのにいきなり30万円以上するギターを買った。
弾けもしなければ曲もないのに、初ライブの日程を決めた。
高校時代のテスト勉強はギリギリまでしなかった(これは違う)。

そして今も、自ら外堀を埋めまくっている。4月。

・・・とここまで書いて、ふと気になって「外堀を埋める」の意味を調べてみる。

"ある目的を達成するためには、周辺の問題からかたづけていく。" (goo国語辞書より)

違う!!!!思ってたのと違う!!!誤用!!!!!

私が言いたかったのはおそらく・・・

"切羽詰まっていて、もう一歩も後にはひけないぎりぎりの状況。また、そうした状況に身を置いて、必死に物事に取り組むこと。"(goo辞書より)

そう!!!こっち!!!「背水の陣」 !!!!
あなたもお勉強になりましたか。そうですか。

しかし、背水の陣という言葉のそこはかとないかっこよさ、潔さにはやはり違和感がある。現実の、いや現代の私はそんなかっこいいものではない。
ぐらぐらした、地面かどうかも分からない場所に立ち、道かどうかも分からない場所に一歩踏み出そうとしている。側から見れば、きっと異様だろう。

それでも、ポーカーフェイスに慣れすぎてしまったから。
そしてそんな自分が、生憎そんなに嫌いではないから。

足りないことを嘆くより、今あるものを抱きしめる春。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

14
シンガーソングライターです。 http://mitamurachiharu.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。