見出し画像

【選挙ウォッチャー】 NHKから国民を守る党・動向チェック(#60)。

僕が記事の中で書いた「居住実態のほとんどない」という表現が名誉毀損にあたるとして200万円を請求してきた久保田学の裁判は、立花孝志が「これ以上やっても勝てない」と述べ、請求の放棄をする手続きを取ったそうです。これにより、僕が書いた記事の内容には何一つ嘘がないということが裁判で証明されました。久保田学が請求の放棄をすれば、これで裁判は終わりになる・・・となると思ったら大間違い。僕はスラップ裁判を明言され、確かに30万円以上の弁護士費用をかけています。僕に法律の知識があれば弁護士を使う必要がなかったのだから、弁護士を使えばよかったんだとおっしゃいますが、弁護士の資格を持つぐらいに法律知識があるのならば、今頃、選挙ウォッチャーではなく、弁護士として生活していることでしょう。そんな無茶な話があったものではないので、当然、反訴します。なので、ここからは反訴の記録ということになり、前回同様、10本で4580円と高額なマガジンになります。ご了承ください。

この続きをみるには

この続き: 4,780文字 / 画像2枚

【選挙ウォッチャー】 NHKから国民を守る党・動向チェック(#60)。

チダイズム

1,280円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いつもサポートをいただき、ありがとうございます。サポートいただいたお金は、衆院選の取材の赤字分の補填に使わせていただきます。

Thank you!!
24
選挙ウォッチャーとして日本中の選挙を追いかけ、取材しています。選挙ごとに「どんな選挙だったのか」を振り返るとともに、そこで得た選挙戦略のノウハウなどを公開中です。立候補する方、当選させたい議員がいる方は、すべてのレポートが必見です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。