thx for using my pics

1007

小説を文学賞に送ろうか、送るまいか

先日、文学賞などの公募に関することを書いた。スキを押してくださった方には申し訳ないのだが、数分後削除してしまった(ごめんなさい)。

内容は、今年3月にある文学賞に応募したら、原稿用紙換算上限500枚のところ64枚もオーバーしていたことに気づいた、という話。しかも、僕は枚数オーバーを最低でも3回やっている。意図的ではない、ほんとにミスっている。

原稿用紙換算枚数、パソコンで書いた場合のA4判(例

もっとみる
読んでくださってありがとうございます。

🦊 曲を「聴かない」聴き方

僕は音楽が好きだ。
僕はあなたより音楽に詳しいし、あなたより音楽に情熱があります。とは思わない。
音楽にはあまりに多いジャンルがある。というよりどこからが音楽なのかを定義するのさえ難しい。
だから僕がどれだけ音楽を「スキ」と思っていても、それは僕の尺度でしかない。他の人に比べてどうとかいうものではないと思う。

ここで僕が語る音楽論は、啓蒙的な語りではなく、読んでくれるあなたの隣で共に、単に楽しむ

もっとみる
「スキ」ありがとうございます!!フォローも是非お願いいたします!!!

本性

人間っていうもんは、初対面では自分を着飾りよく見せる。
人数が、多ければさらにその中で浮かないように自分をよく見せようとする。

だけど人間は嗅ぎ分ける能力も備えている。
だから一緒にいる時間を多く共有してくると、自分以外の人間に対して損得勘定で選別し始める。

最終的に残るのは徳がある人間だ。

いい人間ぶってる奴は
利用されて、最終的に

『はい、さようなら』

稀に、徳ではなく自分自身を見つ

もっとみる

UIの課題と人間が美術作品を理解できる理由

こんにちは!

今回は、デザインの話です。デザインと言っても、Twitterなどで取り上げているUXではなく、今回はUIデザインです。

UXを語っているとセットで語られやすいUIなので、耳にしたことがある方もいるのではないかなと思います。

UIは下記のようなものです。

今回は自分がUIデザインを行っている際に、感じた課題とその解決方法について記していこうと思います。

このnoteでは、客観

もっとみる
ありがとうございます!

『ほぼ日朗読』

Twitterでこっそりと「ほぼ日朗読」という企画をやっているのですが、すぐタイムラインに埋もれてしまうので、記事にまとめておこうと思います。

上が一番古い朗読で、下に行くほど最近録音した朗読となります。

一つにつき1〜2分程度の朗読です。投稿し次第こちらに追記していこうかなと思っているので、よかったら聞いてみてくださいね。

金子みすゞ『私と小鳥と鈴と』
小川未明『海と太陽』
新美南吉『明日

もっとみる
note読みに行きますね!

問題なおじさんレポート① じろじろおじさん

先日、クリニックなどは入る雑居ビルに用事があり行ったとき、エレベーターを待つのにエレベーターホールで待っていた。私一人しかいない。

すると、そこに、その雑居ビルに入っている会社の会社員であろうおじさんがきた。エレベーターホールには私とおじさんふたり。そこまで広いエレベーターホールでない。適度な距離を保ち、エレベーターを待つ私とおじさん。

視線を感じる。じろじろとおじさんが私を見ている。不愉快だ

もっとみる

術後2日目

少し眠れたものの、朝6時の暖かいおしぼり配布の時間には起きてる。

この日の朝から、だいぶ体調が戻ってきているなと感じた。長時間携帯とかを触るのがしんどくなりづらい、、、!

そして月曜日なので、朝の情報番組がいつもの日常を思い出させてくれて前向きな気持ちになれた。ZIPをつけてゴロゴロ。

朝8時の朝ごはんを食べ終わった頃に、病院の担当の先生が様子を見にきてくれた。

ゴムかけが本当に地獄だった

もっとみる

情報洪水時代の頭の使い方のポイントは?

今の世の中は、インターネットを通じて、世界中のあらゆる情報にアクセスすることができる。あまりにも情報が洪水のように溢れているため、大量の情報に埋もれ、じっくり考えることが難しくなっている。
「問題解決のため」「人生をうまく活かせるため」「よりよい生活のため」など、生きていく上で直面する課題や目標、やりたい事をより豊かにできるようにするためには「考える」ことが重要である。現代人は、洪水のごとく大量に

もっとみる

#138 我が儘な脳みそ

私の脳みそは、自分勝手で我が儘だ。
おしゃべりで、忘れっぽく、挙句の果てに突然フリーズする。
目が覚めた瞬間から眠りに落ちる瞬間まで、私の脳みそは延々と喋り続けている。五感で感じた物事から、次から次へと色々な事を思い付く。
「楽しそうだね。」と言われる。確かに、楽しい。子供の頃から、退屈する事はなかった。言葉を紡ぐ時も、随分と助けられている。
しかし、間髪入れず浮かんで来るんだから困る事も多々ある

もっとみる
嬉しいです☺

憧れ

あなたの流す涙と
私の流す涙は
何もかもが違っていて

これ以上
自分を慰めるためだけの涙は流したくないのです

誰かへの感謝の涙を流せるような
「哀れ」などという言葉から一番遠い
あなたのような人に 私はなりたい

さいこーう!