見出し画像

【Among us】初心者 中級者向け 立ち回り コツ 解説note

ちば

こんにちは、千葉です。

このnoteはAmong usを少しプレイしてみて、もっとこのゲームを楽しみたいと思った人へ向けて、立ち回りを解説していくものとなっています。

前置きは簡単にして、早速本編へどうぞ。

今回は二つの項目「船員(crewmate)」「人狼(imposter)」について解説していきます。


・船員(crewmate)

船員が行動する際に意識するべきことは二つ。
早期に死体を発見すること、そして死なないことです。順に解説します。


・早期に死体を発見すること
死体を発見して会議を開く、これが船員の最大の役割です。
招集ボタンで死体を消されてしまっては、容疑者を洗い出すのが難しくなってしまうからですね。

死体を見つけるためにはアドミン(Admin)の活用が必要不可欠です。

アドミンはどの部屋に何人いるかを確認する事が出来る設備ですが、これには大きな特徴があります。

一つ目の特徴は、ベント(配管)の中にいるインポスターと、死体がその人数に含まれること。

そして二つ目、アドミンを見てる最中にキルが起きた場合、発生する点滅によってキルの瞬間を特定出来ること

これを上手に利用すれば、死体発見はお手の物です。

まとめると、アドミンを見ていて「一人で動かない影があったら見に行く」「人影が点滅したらキルが発生した可能性大」という二点を抑えて下さい。

前者は特に重要で、メルトダウン(リアクターのサボタージュ)が発生したら右側に、酸素異常(O2 アドミンのサボタージュ)が発生したら左側に死体があると考えながらアドミンを覗いてみましょう。

サボタージュの反対側に動かない人影があれば、それはきっと死体です


参考動画はこちら。僕のアーカイブに飛びます(時間指定済み)
ナビゲーションでキル点滅を確認、犯人の移動先を確認して色を確認、その後死体発見という綺麗なアドミン警察の様子です。


死なないこと

意識するべき事のもう一つ。それが死なないこと。特に、見つかりにくい場所で死ぬのは非常に良くありません。

ですが正直な話をすると、これは難易度が高いです。なんせこちらにはタスクがあります。

タスクをしてる最中にキルされてしまうんだから死なないなんて無理だ、と思う方も多いはず。

そこで発想を変えましょう。タスクをやらなければいいのです

タスクをやらないなら何をするのか?
その答えが先程の項目。死体を探しましょう。



このゲームで目指すべき勝利条件
はタスクを終えることではありません。
全てのインポスターを追放することです。

生存>死体発見>>>>タスク くらいの優先度の違いがあります。

「自分タスク専門だから!!」と豪語しタスクを終えることに躍起になり、結果全ての殺人の容疑者に入ってしまうような船員もいました。

タスク専は利敵行為です。もしこれを見ている人の中で、タスクばかり行い死体を見つける気がない人がいましたら、今後は是非とも積極的にアドミンを活用し村に貢献して頂きたいと思います。

しかし当然、タスクを行う必要はありますのでそれについても解説。


・タスクを行う際の注意点

タスクをする時は、死体を探すついでに、人が多い場所、または人が少なく安全そうな場所で行うと良いでしょう。

そして、タスクをする前に周辺に何色がいるかを確認しましょう。
このゲームでは目撃情報が非常に大事です

何色とどこで会って、どこで別れたかいつまで一緒にいたか。これらの情報はしっかりと記憶しておきましょう。会議で役に立ちます。


タスクをする際の場所別危険度は以下の通り。

特に危険
ナビゲーション エレクトリカル
メッドベイ リアクター セキュリティ(カメラ見てる時が危険)

ほどほどに危険
カフェテリア右上 ウェポン O2 アドミン 
ストレージ右下 ロワーエンジン

画像1

赤色が特に危険、黄色がほどほどに危険な場所。

上記の場所でタスクを行う際は、安全に気をつけて下さい。
ダウンロードのタスクをする際は周りを警戒し、招集後のキルクールタイムが回っていない安全なタイミングで行うと良いでしょう。


・船員まとめ

船員は死体を見つける事が一番大事。アドミンを使い、死体を探し回ろう。

タスクは優先すべきではない。少しでも怖いと思ったら作業を中断し、その場から立ち去るべき。死なないことが大切。

目撃情報は絶対に覚えておこう。



・人狼(imposter)

インポスターが意識するべきことは、サボタージュやベントなど、インポスターの能力を積極的に活用すること。これに尽きます。

サボタージュは死体の発見を遅らせるために使いましょう。右でキルをしたらメルトダウンを鳴らし、左でキルをしたならO2を鳴らす。基本的にはこの考えを持っておくと良いですね。

基本は色々な場所のドアを閉めて、O2やメルトダウン、停電のクールタイムが回ったらそれを使用。

サボタージュの箇所に人が集まったらまたドアを閉める。

タスクの進行を遅らせ、移動を阻害し、痺れを切らしてタスクのために単独行動を始めた船員をキル。これが理想的な流れです。

キルが入れられない場合は、停電を使ってキルを狙うといいですね。


キルを発生させることが出来たら、死体消しを狙ってみましょう。

キル→サボタージュを起こし船員と合流→緊急招集ボタン
と動くと船員らしい動きになります。会議では「サボタージュが起きてキルが発生してそうだったので押しました」とでも言っておきましょう。

死体を消すことには、容疑者を増やす、緊急招集ボタンを消費させる、などのメリットがあります。

相方がキルした死体も同時に消すことが出来たら万々歳です。

緊急招集ボタンは会議を開く権限であると共に、死体を消すことができる権限でもあるので、誰もキルされていない状態でボタンを押した人は白く見られやすいです。


これを逆手に取り、白目を獲得するという戦術もなくはないですね。


・タスクについて

インポスターはタスクをしているフリをする必要がありますが、その中でも特におすすめなのがダウンロード-アップロードと給油、そして各種ロングタスクの場所に立つことです。

このゲームのタスクは設定が細かく作られていて、段階を踏んでタスクをこなす必要がある場合が多いです。

それらの段階を踏みやすいのがこれらのタスクというわけですね。

画像2

ストレージでガソリンを給油し・・・

画像3

エンジンにガソリンを供給する。


画像4

ダウンロードのタスクでは、自分のタブレットにデータを移動させ・・・

画像5

アドミンで、タブレットから別の場所へデータを送信。

他にもエレクトリカルから電気を各所へ供給するタスクや、カフェテリアかO2でゴミを集めて、ストレージで船外へ捨てるタスクなんかも段階を踏む必要がありますね。

画像6

画像7

こちらの二つの場所のロングタスクは比較的長く居座りやすいため、ここに立ち止まってキルクールタイムを稼いだり、サボタージュを起こすと良いですね。

画像8

メッドベイのロングタスクは、ボタンを押して一分間待つ必要があるので長居は出来ません。立ち寄っている姿を他の船員に見せるくらいは出来ますが。

周りに自分しかいない時でも、これらを行っているフリをすることで船員になりすましていきましょう。誰かが来て、自分一人でタスクをしている様子を船員に見られることで、白目を獲得しやすいです。
誰も来なくてもキルクールタイムを稼げるので、やって損はありません。


しかし、タスクのフリにも注意すべきものが。

画像10

エレクトリカルで各所に電気を供給し・・・

画像11

その先で更に電気を繋げるというこのタスク。

なんと罠があります。

画像12

リアクターのこの場所にタスクは発生しません


つまり、ここでタスクをしているフリをするとインポスターということが一発でバレます。絶対に立ち止まらないようにしましょう



・キルの狙い目

画像9

キルする場所のおすすめは、上記画像のマーキングされている場所です。そこに人がいたら停電、メルトダウンなどを発生させつつ命を狙いましょう。

特にセキュリティ、メッドベイ、エレクトリカルはベントを利用しつつキルを狙いやすい場所です。積極的に狙いましょう。



そしてこのゲーム。インポスターが勝利するためにしなければならないことがあります。

それが、上級者をキルすること

上級者を放っておくと会議は進行され、容疑者をあぶり出され、どんどん厳しい状況に陥ってしまいます。

死人に口なしです。上級者を積極的に狙いましょう。

逆に、自分と対抗になる容疑者がいたらその人をキルするのは控えましょう。罪を擦り付けられるかもしれません。



・インポスターまとめ
サボタージュは死体の発見を遅らせるために、キル場所の逆側で発生させよう。ドア閉めも使い、船員の死体発見を遅らせられるといい感じ。

キルしたあとはボタンによる死体消しを狙ってみよう。
サボタージュで船員と合流し、アリバイを作ってからだと効果的。

タスクのフリはどんどんやろう。

キルの名所に孤立してるクルーがいたらどんどんキルを狙おう。
そして上級者を狙おう。身近に上手いプレイヤーはきっといるはず。その人から発言権を奪いとろう。

でも容疑者はキルしないように。
疑いを向けて濡れ衣を着せられるかもしれないから。


・終わりに

ここまで読んでいただきありがとうございます。
まだ書き足りないことがほどほどにあるので、そのうち続編を出すかもしれません。

何か気になることがあれば、遠慮なく僕のTwitterにご連絡下さい。



そして、このnoteというサイトですが、端っこの方にハートボタンがありますよね。スキというnoteの機能なので、ぜひ押していって下さい。喜びます。Twitterで共有して頂けると更に喜びます。よろしくおねがいします。ぜひ。


この記事が参加している募集

スキしてみて

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ちば
これは一般ゲーム好き人間