QQ ENGLISH DAY3

22:30

CALLANMETHOD以外のテキストは会員になると無料でダウンロードできる

DAYLY ENGLISHのテキストの最初のテーマは

「I make my bed」

いや、めっちゃ簡単やん!と思いつつ、lessonが始まった

lesson中は先生がテキストを表示してくれるので、自分のテキストを

見る必要はない。これは予習復習用なのね。

前回もそうだけど、先生たちは雑談から話をはじめてくる。

夕食は食べたのか、仕事はどうだったか、家族はどうしているのか

ぐいぐい聞いてくる。

言いたいことはたくさんある。

今日は月初で忙しかった、とか、疲れたから手抜きで鍋を作ったとか、

言いたいことはある。

でも全然出てこない。その結果

It was busy today. I already ate dinner. とか、そんなことしか言えない。

私、いちおう大学まで行ったのに・・・てか、TOEICも600点はあったよね?

自分の話せなさ加減が恥ずかしいくらいに突き付けられる。

でも先生はぐいぐい話してくる。

私、絞り出す。

すでに最初の雑談で疲れている・・・

lessonはシンプルで、例文を読んで、自分で応用してみる。

その繰り返し。

初回のテーマは 「make + noun」なので、

何かを作る・作った、ということをひたすら言えばいいのに、

全然応用文が浮かんでこない。

私フリーズ。

先生待つ。

先生がいきなり聞いてきた。

「noun」って何?

え、noun?名詞?名詞が何だって聞いてるの??

もう、頭の中???

名詞の意味を問われたことなんてないからプチパニックになる。

name of things...

ようやっと絞り出し、さらに先生が「例えば?」と聞いてくる。

例えば?名詞の例えば?

え、今椅子に座ってるから...

「chair」と答えると「and?」と催促してくる。

やけくそで、目に入った家の中の家具の名前を羅列。

先生的にはそれでもよかったらしく「good!」

「goodなんだ!」謎!

でも、こうやって、文法のことも教えようとしているのかな、

と思ったところで、lesson終了。

少なくとも、CALLN METHODよりは楽しいので、

しばらくDAYLI ENGLISHを続けてみることにした。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
アラフォーDINKS会社員、思い立って英語を再学習 はじめては挫折を繰り返しているので、ここに記録をしながらこつこつ続けていこうと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。