私立珈琲小学校__4_

カフェなのに飲めるものが全然ない…【ハーブティーやカフェインレス紅茶があるといいなという話】

先日、打ち合わせのために知人と大手チェーンのカフェを利用したのですが、

ぜんぜん飲めるドリンクがなかったんです。

厳密には、ドリンクは普通にあります。

コーヒーやらカフェオレ、抹茶オレなどカフェにあるオーソドックスなメニューは普通にあります。

しかしその時一緒にいた知人はコーヒーが苦手で、基本的にコーヒーとコーヒーを使ったドリンク(カフェオレなど)は飲めません。

また夜中ということもあり、知人は「カフェインは控えたい」と。

さらに店内は冷房でキンキンに冷えていたので、「温かい飲みのがいい」ということで、

・コーヒーを使っていない
・ノンカフェイン
・温かい

この3つの条件に当てはまるドリンクを探したのですが、これが見つからないのです。

「コーヒー苦手×カフェイン控えたい」な人はカフェで飲めるものがない

カフェのドリンクメニューの大半は、コーヒーとカフェオレのようなコーヒー由来の飲み物。

コーヒーが苦手な人は、スタート時点でカフェのドリンクメニューの大半が選択肢から外れているのです。

メニューが豊富なカフェであれば紅茶やレモンティー、ほうじ茶ラテなど、お茶系のドリンクもあります。

しかしこれらお茶系ドリンクには、たいていカフェインが入っているため「カフェインを控えたい」という人の選択肢からは外れます。

このようにカフェのドリンクメニューは、コーヒー系とお茶系がほとんど。

で、どちらもカフェインが"イン"しています。

「コーヒー苦手×カフェイン控えたい」な人の場合、カフェのドリンクメニューの9割くらいは、一次選考で脱落なのです。

だからといってソフトドリンクやスイーツ系ドリンクは気分ではない

「そうはいってもカフェには、ソフトドリンクやフラペチーノみたいなドリンクがあるではないか」

たしかに、コーヒーにこだわっている個人経営のカフェであっても、1つや2つソフトドリンクを置いているものです。

チェーン系カフェであれば、スムージーやフラペチーノのようなドリンクも。

これなら「コーヒー苦手×カフェイン控えたい」な人でも飲めます。

しかし、ソフトドリンクやフラペチーノのようなスイーツ系のドリンクは甘ったるくて、いつでもウエルカムなわけではありません。

甘い物が苦手な人やカロリーを気にしている人は、「コーヒー苦手×カフェイン控えたい」な人よりも圧倒的に多いはず。

そしてそもそも、「温かい飲み物でひと息つきたい」というときに、凍てつくフラペチーノは不向き。

ソフトドリンクであってもできれば避けたいもの。

そうなると、ソフトドリンクもスイーツ系ドリンクも落選となります。

となるといよいよカフェでは飲めるものがありません。

「そんなに文句いうならカフェなんか利用すんな」という意見もあるかもしれません。

しかし、カフェが好きで「コーヒー苦手×カフェイン控えたい×温かいの飲みたい」という人は、けっこう多いと思うんです。

僕自身は24時間365日コーヒーウエルカムな人間なのですが、一緒にカフェに行く人で、「コーヒー苦手×カフェインを控えたい×温かいの飲みたい」な人が何人かいます。

気分ではないアップルジュースやホットミルクで過ごしてもらうこともしばしばで、不憫な思いをさせるばかり。

ほかにも妊娠中であれば、カフェインは取れないし、体を冷やしたくないというのは普通。

コーヒーが飲めるならデカフェを選択できますが、コーヒーが苦手だと、もう八方塞がり。

「カフェでゆっくりしたいけど、ドリンクの選択肢がない……」

そんな理由で、カフェを断念している人、カフェ探しに困っている人は意外と多いはず。

ハーブティーやカフェインレス紅茶があるとカフェを利用できる人が増える

ちなみにこの「カフェで飲むものない問題」は、けっこう簡単に解決できます。

どうすればいいのかというと、ハーブティーやカフェインレスの紅茶があればいいんです。

ハーブティーとは、ミントティーやカモミールティーなど、カフェインが入っていないハーブから抽出するお茶のこと。

ハーブティーやカフェインレスの紅茶なら、温かいし、カフェインはないし、コーヒーの味もありません。


「コーヒー苦手×カフェイン控えたい×温かいの飲みたい」な人でも、ドリンク選びに妥協する必要がなく、存分にティータイムを楽しめるのです。

もちろんハーブティーも紅茶の味が苦手という人もいるかもしれませんが、ハーブティーやカフェインレスの紅茶があるだけで、ぐっと利用できる人が増えて、カフェ側にとってもメリットがあるはず。

もちろん個人経営のカフェだと、「コーヒーも用意して、ハーブティーまで用意するのは大変、採算が取れない」という事情もあると思います。

また「そもそもうちはコーヒーの味がわかる人だけ来てくれればいい」というカフェもあるでしょう。

ただ、「もっと色々なお客さんに来てほしい」というなら、

「ハーブティー各種あります!」
「カフェインレスの紅茶あります!」

ということをアピールしたら、来客も増えるのではないかと思っています。

どんどんそういったカフェが増えてくれれば、僕自身も、知人をカフェに連れていくとき、選択の幅が広がります。

大手チェーンカフェでハーブティがあるのはこの3つのカフェだけ

ちなみに大手のチェーンカフェでも、ノンカフェインのお茶(ハーブティ)があるのは、

・スターバックス、
・エクセルシオールカフェ(バリスタ)
・プロント

の3つでした。

本当に少ない。

このうち完全禁煙で、ハーブティが2種類以上あるのはスターバックスだけ。

スターバックスが女性に人気なのも、非常にうなづけます。

他にも人気の要因はたくさんあるとは思いますが、やはり「スタバなら飲めるものがある」というのは、カフェを選ぶ上で、大きなアドバンテージになるのではないかと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

この記事がお役に立ちましたらぜひサポートもお願いします。もしくはシェアを。現在はフリーでチーズケーキ、スイーツ、食べ物に関する記事を執筆して、生計を立たております。ご支援いただけましたら、チーズケーキや新たなスイーツの開拓の費用に使わせていただきます。

ありがとうございます!!
163
フリーのブロガー。特定の食べ物を掘り下げる偏食フードウォッチャーです。チーズケーキを中心にスイーツと文化を研究しています。 https://cheese-cake.net

コメント7件

ホットミルク……
おいしいけど外で飲むかーって感じですよね。

せっかくゆっくりしたいのに…
カフェって空間で楽しみたいの!て純粋な願いを聞き入れてくれる所欲しいっすね、そしてコメント欄を見て茶屋を開きたくなりました(笑)
めちゃめちゃわかります。コーヒー苦手、冷たいもの苦手、甘いもの苦手…。カフェインは大丈夫なので紅茶があれば解決なのですが…。ハーブティーがあると最高ですね!
夜遅くに通知届いたら申し訳ありません。ご存知でしたらこのコメント削除なさってください。
カフェスナップというアプリ便利です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。