【読書感想】ゼロ秒思考: 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング/赤羽雄二

頭の考えがちょっとまとまっていく感じが良い。

同僚に進められて読んでみた本。

仕事だけでなく、日常生活や趣味の部分で活用できる思考方法が欲しいと思って読み進めてみました。

筆者の赤羽さんが編み出した、思考の整理法、それは「手書きでメモを書き続ける」ということだった。

細かい方法は割愛するが、やってみて3日目。まだまだ深いところへの掘り下げは出来ていないものの、整理できているし、不安も安らぐ。

次への道が見えるような気がする。

今はただただ、メモ書きが楽しいし、課題が見えてくるのは良いと思う。

この課題を次に活かすことが今後の宿題になりそう。


このメモ書き法、イメージとしては、堤幸彦監督、戸田恵梨香、加瀬亮ダブル主演のドラマ、「SPEC」を思い浮かべる。

戸田恵梨香演じる主人公の当麻が、犯人(超能力者)とその捕まえ方(超能力で対抗される)を考える時、必ず半紙で今までのヒントを全て書き上げる。

それをビリビリに破って紙吹雪にすることで回答を出す。

この話は少し極端ではあるが、実際思うことを手で書いて整理することには一定の効果はあると感じられます。

考えの整理に悩んだら読んでみる価値はあると思います。


メモ書き法で思い出したが、堤幸彦監督、木村文乃、松田翔太ダブル主演のドラマ、「SICK`S」でも、木村文乃演じる主人公、御厨(みくりや)がお皿にヒントをメモ書きして割っていた。

つまり、この本とSPEC,SICK`Sは良い。

この記事が参加している募集

読書感想文

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Chan-C@HANAGUMI FUKUI

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。 不明点、間違い、要望、質問などありましたら、 コメントかTwitter@Ezomatusへ連絡ください。 フォローして頂けると中の人が喜びます。 スキを押すとおみくじが引けます。

今日のあなたの運勢は…大吉!
HANAGUMI FUKUI Fighting Game部門所属の正座格ゲーマー 福井対戦会/UMVC3(コズミック)/SF5(グラマス)/MVCi/RFA/でんぱ組(ねむぺろねも)/キャサリンフルボディ/お笑い/音楽ロック等雑食/テナー/旅/酒場/毎日更新中!