見出し画像

【新譜感想#5】WAVE/SPECIAL OTHERS

SPECIAL OTHERS名義としては5年ぶりのフルアルバムが出ました。

〇SPECIAL OTHERS

SPECIAL OTHERSは4人組のインストバンド。

構成はシンプルにギター、ドラム、ベース、キーボード。4人とも髭を蓄えたビジュアルが特徴。

どの曲もいい曲ではあるが、有名なのは「aims」。

※某フェスではモッシュが起こるほどのキラーチューン。

卓越した演奏力で聴く者を引き付ける音楽と、そのイメージとはかけ離れたようなゆるーいライブとMC。

酒を飲みながらライブを観たいバンドです。

音楽もすんなり聴きやすく、ライブもとっつきやすい。好きなバンドです。

※一年前に愛知で行われたホールツアーも行ってきました。


〇5年間

5年ぶり!とはいえ、久々感じがないのは、2018年にSPECIAL OTHERS  ACOUSTIC(SOA)名義で「Telepathy」というアルバムを出したからか。

※メンバーは変わらず、楽器がアコギやピアニカになっているアコースティック編成でのフルアルバム2枚目。

2017年もコラボアルバム、SPECIAL OTHERSⅡをミニアルバムで出し、

※斉藤和義やRIP SLIME等、豪華面々とのコラボ。初回盤についているベスト盤も良い。SPECIAL OTHERSを聴くなら、この初回盤を買うべし。ベストと共に、コラボで変化していくスペアザを聴ける。

上述の通り、ライブも活発だったので、5年というのはあっという間だった気がします。


〇感想

長久手ホールツアー等の会場限定販売をしていた、PuzzleやTriangleを頭に据え、M3では表題曲"WAVE"を入れるという開幕から豪華な曲順。

アルバムタイトルの通り、波の様に曲が流れていきます。

しつこいけど、本当に音が違和感なく、すんなり耳に入ってくる。

そして、注目なのがM5,M10のSERI&RYOTA1,2。

キーボードの芹澤さんとドラムの良太さんのみで演奏していく曲。ライブで行われるようなセッションのような、多彩なキーボードの音に体がビクッとしてしまいました。

後は、M6の"Wind"、M8の"Quiz"

"Wind"優しさがありながらも、疾走感を感じるギターとキーボードの掛け合いが良い。これぞスペアザという一曲。

"Quiz"は謎を感じさせる怪しいイントロ。今までのスペアザらしさと新たな面が見られる曲。

まだしっかり聴き込めていませんが、インストで聴きやすいので、家での作業中に聴くのもおすすめです。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。 不明点、間違い、要望、質問などありましたら、 コメントかTwitter@Ezomatusへ連絡ください。 フォローして頂けると中の人が喜びます。 スキを押すとおみくじが引けます。

今日のあなたの運勢は…小吉!
@team_hanagumi HANAGUMI FUKUI Fighting Game部門所属 Twitter:@Ezomatus 福井対戦会/正座/MvCI/UMvC/SF5/でんぱ組(ねむぺろねも)/ キャサリン/RTB将棋/お笑い/音楽ロック等雑食/テナー/旅/酒場巡り

この記事が入っているマガジン

音楽
音楽
  • 39本

趣味から派生。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。