見出し画像

【ベガのキャラ対】2021/4/6 スト5 かりん対策考察5

気になるところ、簡単なことでもしっかり見ていこうと思う。

○前回記事


○解説動画


1.技相性

1.1 2MP

発生5F,ガード-2,ヒット-6。当たると2MKまで繋がる優秀な置き技。

→2MP2MPは3Fで割ることができない

→2MP2MKは3Fで割れる(後ろ下がり潰し兼4F潰し)

ただし、あまりリーチは長くない。

→ベガならちょっと離れて5MPや5MK、5HPも良い

→5LKも面白そう、結構下に判定ある技に勝ちやすい気がする


1.2 2MK

発生6F、ガード+4、ヒット+1。確認天狐まで行けると強い。

→有利は取れるものの、ガードしても烈殲破(中段、種類によるが、ガードで4F以上確定)や大蛇(ガード+2)でキャンセルされることが多い。キャンセルしたら、すぐ来る下段は無いし、キャンセル見たら立ちガードしたい。

→こちらも5LKが面白そう。2MPでも良い。5MKは安定。


1.3 5MP

発生5F、ガード-1、ヒット-4

→5LKが面白い。

→2MKも良さそう。


1.4 ベガの5LKが面白い理由

この中技を潰すことに集中してしまうと、かりんの5HKの餌食になり、クラカン→端へ運ばれてしまうことがある。

5LKなら中技、大技と比べれば、隙は小さいので、5HKに当たりにくい。

→当たりにくい(当たらないとは言っていない)

→タイミングによっては、かりん5HKスカ後の隙を殴ることもできる。


2.VT1

紅蓮拳:ガード+6、ヒット+2

→基本的には、ここから派生で攻める。

→今まではVリバーサルが対策の一つ。

→Vシフト登場により、派生しないパターンも出てくる予感がする。

2.1 派生技のガードフレーム確認

復習

紅蓮殲破(中段):ガード+2、ヒット-4、ガードor暴れ
紅蓮崩掌(掌打):ガード+16、ヒット吹き飛び、ガード
紅蓮頂肘(肘・上段):ガード+1、ヒット+2、暴れ、裏回り派生もある

2.2 Vシフト

紅蓮殲破(中段):+19
紅蓮崩掌(掌打):+20
紅蓮頂肘(肘・上段):+9 → 紅蓮崩肘(裏回り):ガードすると+11
紅蓮烈蹴(空中投げ):+4or5(シフトのスローモーション無し)
紅蓮楔(スラ):+13
紅蓮虚歩(後ろ下がり):なんもなし。5HK届かず。

Vリバ・Vシフト・暴れを使い分けることで行けそうです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Chan-C@HANAGUMI FUKUI

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。 不明点、間違い、要望、質問などありましたら、 コメントかTwitter@Ezomatusへ連絡ください。 フォローして頂けると中の人が喜びます。 スキを押すとおみくじが引けます。

今日のあなたの運勢は…大吉!
1
HANAGUMI FUKUI Fighting Game部門所属の正座格ゲーマー 福井対戦会/UMVC3(コズミック)/SF5(グラマス)/MVCi/RFA/でんぱ組(ねむぺろねも)/キャサリンフルボディ/お笑い/音楽ロック等雑食/テナー/旅/酒場/毎日更新中!