タイトル

【ベガのキャラ対】2020/1/13 コーディー対策考察2 S5確認&色々

コーディーも結構強化されてますよね。

どこが強化されたかも含め、もう一度確認です。

〇前回記事はこちら

※シーズン4の記事になりますので、内容が異なる部分があります。ご了承ください。


〇対戦動画


【注意点】
※この解説は個人の検証の下で実施しております。
※間違っていた場合はご指摘いただけると助かります。
※有利・不利フレームの表記は、ベガ側の数値です。


〇シーズン5になって

カプコンの調整資料を参考に記載しております。
(最終閲覧日:20/1/13)

気になったところだけ。

・体力 1000→1025
・スタン値 1000→1050

→素直に強化。

・5MK 発生8F→7F
→けん制強化。

画像1

※この後、少し解説します。


・5HP 発生 7F→6F
→対空しやすくなった。

画像2

※上に強いアッパー。ベガもそれくらいの発生で...。


・中ラフィアン ①前進タイミングを調整、②ガード時+10F→+8F、③攻撃持続4F→5F、④硬直28F→27F、⑤ヒット時の吹き飛び距離減少
→Hit前ステでその場起き密着-2。

ラフィアン2

※持続も伸びたので、先端持続もやりやすいが、不利は不利。

ちなみに弱ラフィアンは変わらずガード+8。

ラフィアン1

※こちらも持続当て可能。


・強ラフィアン ガード+10F→+8F
→やや強化。中と同様、けん制として使わせたいのか?

ラフィアン3


・ゾンク 300FタメでLv2が発動可能に。
→ノーマル版は「どきな!」→「Foo!」に声が変化。

ガードフレームは変わらずの+2。

ノーマルゾンク1

ヒット時のフレームが-2→-5Fに変化するため、小技(TC)が繋がる。

ノーマルゾンク2


→EX版は「Bingo!」→「ゾーンクナックル!」に変化。

EXゾンク1

※ガードも-3→-5に変化。ヒット時は壁バウンドで追撃可能。

EXゾンク2

※ただ、ガード後は、相変わらず投げ間合い外(コマ投げ含む)なので、不利だからといって、端以外は焦らない。


・VT1強化
→といってもVT2の使用率が高い。割愛。

画像6

画像7

※EX弾キャンセルナイフ補充が可能に。

画像8

※一部攻撃のヒットFが増え、選択肢が広がった。

画像9

※2MPの発生が8F→6Fに。


〇VS2 クライムスウェー

ベガに対しては、こっちが有効そう。

画像14

※ララのVT2のような性能。かわし。

ニュートラル入力の"ハイ"と下入力の"ロー"の2種類。

そこから追加入力で、
・ハイ→レンチフィスト(ガード+7)
・ロー→ランバースイープ(ガード+6、見た目と異なり、上段技)へ派生。

一応どちらも弾無敵があり、フィストが1-8F,スイープが1-10Fとなっている。

ハイは、飛び道具、空中と立ち攻撃に対し、2~25F無敵。

画像15

※しっかりかわされます。

ここで"立ち攻撃"というのは、立った状態で出せる攻撃ということなので、下段以外のしゃがみ攻撃でも対応できます。

画像16

画像17

※下段判定でもないけど、しゃがみにしっかり当たります。

または、隙間1Fの連携で潰す方法も考えられます。


ローは、ハイと逆で、飛び道具、しゃがみ攻撃に対して、2-25F無敵。

立ち攻撃で対応可能です。

この性能なので、デビリバがスカされやすく、少し打つのが怖いです。

画像18

画像19

※お得意のEXデビリバも

画像20

画像21

※スキップこと、VS2も確定取られます。

なのでコーディーがVS2を選んだ場合は、
VT2,VS1で行くべきかなと思っています。

(ノーマル、EXデビリバに関しては、確定タイミング難しいので、相手が慣れていない場合は、わざと打たせてスキル釣ってからの反撃でもいいかもしてません。)


〇通常技

一部通常技を確認します。

☆5LK

発生5F,ヒット-4、ガード-3。カウンターで中技まで繋がる。

判定も強めなので、リバサで打たれることがある。

画像22

※有利取ってからのアックスを打とうとして引っかかる。密着時の連携では、暴れを潰すところを意識させてから立ち回る。

有利取っているのに、リバサで打たれる場合は、

フレームの発生で潰すか、

少し後ろに下がり、

画像23

ガードタイミングで攻撃。

画像24

※差し返しできる。

または、

ベガの5MKで判定勝ちをしたり、

画像25

画像26

2MK先端狙ったり。

画像27

画像28

飛ばないなら、いつものブラストけん制も良い感じ。

画像29


☆5MK

発生7F,ヒット-7、ガード-3。

画像30

こちらも外から2MP差し返しをしたり、

画像31

2MK先端当て狙い

画像32

画像33


☆5HK

発生15F,ヒット-2、ガード+4。

これも差し返しするか

画像34

画像35

先だしで発生を潰す。

画像36


〇ワンガード後の守りについて

コーディの小技、4F技はガードで-1か-2。(5F技の5LKのみ-3)

3F暴れ潰しを狙う場合は、その状況では、発生6F以上中技でなく、小技で刻まないといけない。そこからリターン取るにはTCや入れ込み。5LKのカウンターからも繋がる技はあまりない。暴れる選択肢も割とありか。

また、小技→当て投げは後ろ下がりで抜けられる。(5LKは当て投げできないので、除外。)

後ろ下がりを狩るには2LK(4F),2MK(6F)だが、そこから必殺技キャンセルできないからリターンがあまりとれない。

下段薄い1

昨日書いたジュリよりも後ろ下がりのリスクは低そう。しっかり確認しないといけないけど、この方式でいったん考えてみます。

とりあえず以上です。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。 不明点、間違い、要望、質問などありましたら、 コメントかTwitter@Ezomatusへ連絡ください。 フォローして頂けると中の人が喜びます。 スキを押すとおみくじが引けます。

今日のあなたの運勢は…小吉!
1
@team_hanagumi HANAGUMI FUKUI Fighting Game部門所属 Twitter:@Ezomatus 福井対戦会/正座/MvCI/UMvC/SF5/でんぱ組(ねむぺろねも)/ キャサリン/お笑い/音楽ロック等雑食/テナー/週スピ/旅/酒場巡り
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。