見出し画像

初めてのピース

先日の事。2歳目前にして毎晩続く夜泣きにその日も起こされた。

成長過程に必要な時期なんだ…と受け入れる毎日だけど、正直辛い。30分くらい寝かせつけにかかり、寝始めて2時間もすると急に泣き出す。

生活リズムやら昼間のお昼寝、寝室の温度や着るもの…私達夫婦はあちこちを気にしながらどうにか自分達の睡眠時間を確保するように努めている。
だけど

泣く

その日も急にスイッチが入るように泣き出した。
抱いても起こしても泣き止まない。
終いにすべて服を脱ぎ、裸でドタバタのたうち回る。
夫婦でトホホと苦笑いしながらも、明日も5時起きで仕事だよな〜とうっすら頭に浮かんでしまう。

本当は脳が寝ている段階で再び寝かしつけたら良いのだろうけど、しばらく様子見ても変わらない。
そうなってしまうと、いっそ、一回起こそう!という選択になる
部屋の電気をつけて、チャムの好きな番組を流す。

…変わらねー💦(変わらずギャン泣き)

子育て初めてな旦那はここで一回気持ちが折れる
「俺の選択が良くないからチャムが苦しんでるのかな…」
…ん?んなわけない。
でもこの思考は以前私も落ちたことがあるので、分からなくもない。
親になるってすごいことだと思っていた。
親って完璧だと思ってた。
だからその理想と異なる現実に自分の欠陥かとすり替えて落ち込む

仕事の停滞期な旦那は、尚の事夜泣きは自分のせいかも、と気持ちが折れる。でも、それって家族への愛が方向の迷子になっているだけで、現状チャムも旦那も「悪く」ない。

じゃあ次に何できる?
お散歩か!
でも外はあいにくの雨。23時の雨。
「裸ん坊でお外の雨に当たったらカエルさんになるかもね」
なんてお喋りをしながら。家の周りをぐるりと歩く。

カエルさんは効果絶大だったようで、ギャン泣きはストップ。
ほどなくして、部屋に戻ることができ、眠りに戻るかな…


ママ、まんま


へ?今なんて

まんま

二歳になるチャムはお喋りがあまり得意ではない。
話せる言葉も少ない。ジェスチャー加えて気持ちを伝えてくる。

まんま

あー。。。ご飯食べたいのね。
ま、でもいいか。お腹空いたら寝れないかもしれないかもね。
(あとで専門家に聞いたらご飯はNGだそうだ。眠りたいが眠れない脳と眠っている内臓の時計を狂わせてしまうかもしれないから、と)


小皿に少しご飯をよそい、小さなテーブルに置いた。
鮭のふりかけを少しかけて。


このあと彼女はお代わりのジェスチャーを二回して、ふりかけが欲しいと二回指で要求した。

三回目のご飯は少し飽きたようだった。
チャムは急に「ワンワン!」と犬の真似を始めた。
これにはびっくりした!

なぜ犬の真似ww?
手をついて「ワンワン」と

これで夫婦の緊張やら不満やらぶっ飛んだ。

カメラを持ち出し、ワンワンなチャムを取り出したら…


絶好調なチャムはなにやら興奮しながら自分の手をみつめる。
三本の指?
ん?


え?

え?

もしかしてポーズとってる?


決まりだー!
こりゃポーズだ!
しかもこれは

ピースだ!!!!

面白いねーなんて話していたけど、なんだかゾクゾクする。
人が初めてピースしようとする瞬間を見れた。
三人目の子育て。ほとんどが何回目の経験。
上の子の初めてのピースの瞬間は見れなかった。
子育てって色々目にすることも多いけど、
なんだかこれはゾクゾクした。


食べて笑って満足したのか、その後はビックリするくらいそれまでと打って変わって。サクッと寝室に戻り、自分で横になった。

こいつやるなー

何度も何百回も自分の子供にそう思う。
いつも結局完敗。
何十回も何千回もあるちょっとした苦しさの中の
とびきりのご褒美だ


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Merci beaucoup!
6
カメラマンアシスタントから編集業、地元帰省後に飲食店経営。今は平日レーザ加工研究助手。作るのが好きなアラフォー。二女・一男の三人の子供と包丁職人の旦那の5人家族。

この記事が入っているマガジン

コメント3件

chamlandさん、先程はスキとコメントをいただきありがとうございます。
僭越な感想かもしれませんが、「初めてのピース」を読みながら、とても癒されました。
母と私は、愛がないというよりは噛み合わなかったのだろうと、歳を重ねて思います。
家族だからってピースがピタリ!とは行きませんよね。どんな親子でもそのピースが他人との学びになるのかもしれませんね。私も最近ようやく、ある程度の距離があればお互い嫌な顔せずにいれると学びました。人生半分過ぎてからです。
そうなんですよね。
関係性に愛のあり方が定義されるわけでもないと、母を通して学んだように思います。
私もある程度歳をとってやっと、母に対してある程度客観的に見られるようになりました。
子供の頃の未消化なものたちを、少しづつ手放していければと、そう思っています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。